スターショップ2016/11/28で閉店 誠報社時代からの歴史に幕を閉じる

ご存じの方も多いかとは思いますが、1975年に誠報社光学事業部として開店、2011年に光学事業部が「スターショップ」として独立しましたが、今年11月28日をもって閉店しました。40年近い歴史に幕を閉じたことになりますが、改造カメラの取り扱いは誠鋼社の社員が引き継ぐとのことです。

スターショップとして独立するときも誠報社の名前を引き継ぎたかったが、諸般の事情で叶わなかったということで、社内でもいろいろな事情があったようです。

あとは、この近郊にある天文ショップは、協栄産業、スターベース、趣味人、三基光学館くらいしか思い浮かばなくなりました。

誠報社時代について少し

筆者も誠報社時代に何回かここを訪れたことはありますし、1990年代後半の天文雑誌の広告を見てみると、Pentax望遠鏡やミード望遠鏡も主力商品だったと思います。いわいる2人のカリスマ店員を前面に出していた時代は、ミード望遠鏡の取り扱いがなくなり、むしろ天文写真関係に主力があったように感じられます。そのためか、ここで買うように推奨する天文同好会の人達も実際にいました。

カリスマ店員が退社してから暫くして、ミード望遠鏡の取り扱いも再開されました。2009年に初期の代理店であるミックインターナショナルが事実上の倒産後は、何処の望遠鏡ショップでも「メーカーの都合により取り扱いを休止しております」と出たのは覚えている方も多いかと思います。その後、ジズコが2代目の代理店となってから、取り扱いを再開されましたが、供給体制が整わない状況が続き、誠報社では暫く販売を控えていました。

その後、LTシリーズの販売を開始しましたが、いつの間にかミード望遠鏡の取り扱いを取りやめています。なお現在のミード代理店はケンコー・トキナーに移管されました。

誠報社からスターショップに変わってからは何か元気がないなと感じていましたが、閉店となりました。突然だったので、正直驚いたという感しかありません。

冒頭に書いた通り、改造デジカメの取り扱いは誠鋼社の社員が引き継ぐとアナウンスされています。

いろいろと天文ショップで思うこと-日常必需品ではないという事情-

かつてミードがミック扱いだった時代は、子会社のニュートンがあり西新宿で営業していた時代はそれなりの来店客もありましたが、2004年頃からなんかお客さんがいないなと感じたことがあります。その後八重洲に移転し、さらに東京駅八重洲口口近くに再度移転して、ヤエス光学館の名で営業していました。しかし、再度の移転にもかかわらずお客さんの姿がなく、記念品のマグカップも残っているという状況だったそうで、結局閉店。その後は親会社のミックと合併するともありましたが、ミックも2009/1で事実上の倒産となりました。

ミード代理店は2009/9よりジズコが引き継ぎましたが、5年経たずで2014/4よりケンコー・トキナーに移管されています。

天体望遠鏡は生活必需品ではありませんから、どうしても景気の動向に左右されますし、かつてのニュートンのように売れ行きがなかったのか閉店せざるを得ないケースも出てきます。高齢化により営業規模を縮小したり閉店するケースもあるでしょう。

最後になりましたが、誠鋼社は美容、健康、医療機器の開発及び輸入販売を行う企業です。関心のある方は、Google等で検索して下さい。

あとがき
誠報社/スターショップで販売した改造カメラのフォローも含め2016/12/2より担当者に引き継いだとのこと。デジタルカメラの改造の他、改造済みカメラの販売も行っているので、興味のある方はGoogle等で検索を。
(StarBrother/終)
コメント
関連記事