98Fellowまでの主なラインナップ

PC-9801は、1982年に初代機が発売され、1995年のPC-9801BX4の98Fellowまで継続していますが(以降はPC-9821へ移行)、それまでの主なラインナップを以下にまとめておきます。

PC-9801:PC-8801の16ビット機版という位置づけ。N88-BASIC(86)が主で、他にMS-DOS及び、CP/M86も使用された。8インチFDDが前提だった。

PC-9801E/F/M:第二世代のPC-9801で、VRAMを2枚とし、5インチFDD内蔵モデルを中心としたが、8インチFDD利用者向けにFDD外付けモデルのEモデルもライン。Fは2DDのFDD、Mは2HDのFDD搭載で、各2台ずつ搭載したが、他にFDD1台とHDD1台を搭載したF3/M3もあった。Eモデルを除いてJIS第一水準漢字ROM標準装備(JIS第二水準漢字ROMはオプション)。

PC-9801VM/UV:PC-9801の基本仕様はこれで確立。以降は、CPUの速度変更やオプションの標準装備などマイナーチェンジが続くこととなる。確立された仕様はV30CPUを採用、JIS第一水準/第二水準漢字ROM標準搭載、2DD/2HD両用自動切り替えのFDD2台装備、標準メモリ640KB、640*400ドット4086色中16色表示等。また3.5インチFDD機種ではFM音源がUV以降標準装備となった。

PC-9801VX/UX:CPUを80286に採用したが、V30も残され、手動切り替えていずれかを使用することとなる。他はVM/UVと同じだが、VXではV30クロックを10/8MHz切り替えができたが、UXでは8MHz固定となっている。PC/AT互換機がLOTUS-123マシンといわれたように、PC-9801は一太郎マシンと呼ばれたこともある。

PC-9801RA/RS/RX:RAは386DX20/16MHz、RSは386SX16MHz、RXは286を12/10MHzとし、V30は8MHz固定となっている。同じデザインケースを採用したこともコストダウンに強力に働いたためRS/RXではES/EXよりも価格が安くなった。

PC-9801DA/DS/DX:Rシリーズをベースにしたが、内蔵FDDの違いだけでリリースが半年以上遅れるといったことがなくなり、5インチFDDモデルと3.5インチFDDモデルが同時発売されるようになる。これに合わせて、FM音源の標準装備やディプスイッチを廃止して画面上で設定が行えるようにする等の変更がなされた。また、V30は搭載されなくなり、エミュレーションで対応するようになる。

PC-9801FA/FS/FX:FAは486SX16MHz、FSは386SXを20MHz、FXは386SXを12MHzで稼働させ、Windows3.0を意識した内容である。本体カバーを空けないでHDDやメモリ、FAでは487SXを搭載できるようにした。前面にファイルスロットを設け、ここにCD-ROM等のSCSI対応機器を装着できるようにしている。FAは価格が高い(458,000円))割にはよく売れていた(Oh!PCで「PC-9801FAは買いだ!」という提灯持ち記事が掲載されたせいだろう)。もっとも、DOS/V機の急激な普及のせいか、後期は実売価格が半額程度で売られるようになっていた(STEPの場合の例では268,000円程度)。

PC-9801BA/BS/BX:いずれも486マシンだが、前期はMS-DOS中心、後期はWindows3.1も視野に入れた内容で、主力機はBXシリーズで、最後まで継続したのもBXだった。最終モデルはBX4だったが、PentiumODP装着可能としたり、Windowsアクセラレータを採用し、Windows95にも対応できるようにしていた。BシリーズはおそらくBASIC(基本的)の意味で、98Fellowの愛称があったが、「お友達」という意味だったといわれる。

PC-9801のコンパクト機

PC-9801U:2DDの3.5インチFDDを2台搭載。JIS第一水準/第二水準漢字ROM標準搭載、4096色中8色表示(16色はオプション)等。VRAMが1枚しかないため、ソフト動作条件には初代PC-9801/U2を除くと書かれていることが多く、不人気機種になる。この問題は1年後のUVで解消した。

PC-9801UV:VMモデルを3.5インチFDD(2HD/2DD自動切り替え)にし、FM音源と16色ボードを標準装備としたもので、FモデルとVMモデル以上の違いがある。このマシンから、ソフトの動作条件に「VM/UV以降」と書かれるようになった。UV2ではメモリは384KB標準(最大640KB)だったが、メモリを640KB標準としたUV21、より小型化し縦置き可能としたUV11が発売される。

PC-9801CV/CS:CRT一体型で、CVはV30、CSは386SXを採用。PC-9801ではCRT一体型はあまり人気がなかった。CVではコプロセッサの流用はできず、専用のものを使うようになっていた。

PC-9801ES/EX:ESは386SX16MHz、EXは286を12/10MHzとし、V30は8MHz固定となっている。EXのみFM音源標準装備。しかし、僅か半年後にRA/RS/RXが発売され、RS/RXの方は標準価格が5万から1万円程度安くなり、本シリーズの位置づけは微妙なものとなってしまった。

PC-9801UR/UF:UV11を作り直したもので、UV11ではできなかったFM音源の番地切り離しができるようにしてEMS機能が利用できるようにした。URはFDD1台だが、代わりにRAMディスクの設定ができるようにしている。UR/UFとも98NOTE用のHDDを内蔵可能。V30搭載機では唯一、EGCによるグラフィックスの高速化が図られており、ゲームソフトでは動作保証しないものもあった。V30最終機種となった。

PC-9801US:386SX16MHzを採用。筐体はUFと同じもので、HDDは98NOTE用のものを使用する。32ビット機なので、Windows3.0の利用可能。UR/UFでは動作保証されないゲームソフトもあったため、CSのコンポーネントを流用する形で、すでに生産終了となっていたUV/UXの後継機種として急遽投入された。性能的にはFSより価格が安く、高速なCPUとなっており、隠れたコンパクト名機といえるかもしれない。

ラップトップ/トランスポータブル

PC-98LT/HA:初代ラップトップ機とはいえ、PC-9801との互換性がないため、不人気になる。HAはLTの後継機で、手軽に持ち運べることが売りだった。HANDY98の愛称で呼ばれたが、LTの売れ残りソフトを処分したいソフトハウスのリクエストで生まれたのではないかと皮肉られたこともある。

PC-9801LV:エプソンがPC-286Lを発売し、こちらはPC-9801と互換性があったので、NECもあわててPC-9801互換のラップトップをラインナップした。互換性だけの平凡なラップトップ機だが、後継機種はPC-9801N。

PC-9801LS/LX:LSは386SX、LXは286を採用。LSはプラズマ液晶(オレンジ色に近い)、LXはモノクロ液晶の他カラー液晶採用のLX/Cもあった。いずれも発売期間は短く、PC-9801Tや98NOTEが後継機。

PC-9801T:拡張スロット装備のトランスポータブル機で、LS/LXの後継機という位置づけ。個人よりも、企業ユーザー対象であり、カラー液晶搭載機もラインされた。ラップトップ機よりも大型になることなどから、やはり発売期間は短く終わった。

98NOTE

PC-9801N/NV/NL:LVの後継機で、省電力のV30HLを採用。PCカードスロットも装備され、FDDは1台内蔵。LVからレジューム機能装備。NVでは青やピンクのカラーモデルも用意された。

PC-9801NS:初期は386SX、後期は486SX(J)を採用。初期モデルはカラー液晶のNCというモデルもあり、テレビチューナーをオプションで利用可。このモデルから、HDDを内蔵可能になった。

PC-9801NA/NX:NAは486SX、NXは486SX(J)を採用。カラー液晶モデルは/Cの型番がつく。NAは1992年Oh!PCのべストイヤーに選ばれる。

PC-98型番機

PC-98XA/XL:ハイレゾ表示のみ搭載したXA、ノーマルモードも切り替えて使えるXL。いずれも286を採用している。当時はまだハイレゾ表示は一般的でなく、ノーマル表示モードで十分だったため、CADやDTPで高解像度が必要でないなら、VXシリーズを買った方が良いに決まっているといわれた。

PC-98XL2/RL:XLをベースに、386DXを使用したXL2、これの後継機であるRLがあったが、RLの最終モデルはPC-H98との間で苦しい立場だったともいえる。

PC-98DO/DO+:NECはホビーは88、ビジネスは98と考えており、PC-8801の16ビット化版であるPC-88VAシリーズを出したが、さほど売れなかったことから、この目論見は外れ、PC-8801ユーザーをそのままPC-9801へと移行させる戦略に変更。その一環として出したのがPC-98DOとPC-98DO+だった。88と98の両方のソフトが使える、というのが売りだったが、同価格帯で286マシンがあったし、EPSONが立派な互換機を出していたことから、乗り換えユーザーの大半は買い足して併用することを選択した。最初のPC-98DOは中途半端なところが多く、「笑えるマシン」とまで酷評した人もいた。

PC-H98:NESAバスを搭載したモデルで、やはりハイレゾとノーマル表示を切り替えて使用する方式。デスクトップの他、カラー液晶を搭載したトランスポータブル機もあった。企業への売り込みが最大の目的だったが、既にPC-9801を使用している社員の意見を聞いて機種選択することが多く、DTPやCADなどで高解像度を必要としない限りはこのような高額なマシンは採用されることはなかった。CPUには386DXと486DXが採用され、最終機種は486DX2が採用された。後継機種はPC-9821A。

PC-H98S:NESAバス採用機だが、ノーマル表示のみ、486SX20MHzを採用。同時期に発売されていたDAよりも速度が早い(体感速度は倍)ので、個人の間でも密かに人気があったとか。

PC-98GS:マルチメディアの実験機で、CD-ROMやWindows3.0+マルチメディアエクステンション等を装備したが、価格があまりにも高かった。後継機種はPC-9821。

あとがき
640×400ドット2画面4096色中16色表示(アナログRGB)、FM音源3重和音とPSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ、2HD/2DD両用FDDという基本仕様は1985年/1986年のVM/UVで確立し、以降はCPUのクロックを少しばかりあげるか差し替える、オプションを標準装備、といったモデルチェンジが基本的な流れであった。PC-98型番機はPC-9801ではないから、価格が高かったり、素人向けソフトが少ないので個人では避けたい機種がほとんどであった。
コメント
関連記事