昔のパソコン

X68030 最後のX68000シリーズ

初代X68000が発売されて6年以上も経過し、シャープもようやくCPUの変更を決...

続きを読む "X68030 最後のX68000シリーズ"

X68000 Compact CompactXVI

X68000 Compactは、基本部分はX68000 XVIと同じですが、FD...

続きを読む "X68000 Compact CompactXVI"

X68000 XVI

X68000 XVIでは、モデルチェンジの目玉として、CPUのクロック周波数を1...

続きを読む "X68000 XVI"

X68000 SUPER

X68000 SUPERモデルでは、インターフェースにSASIに換えてSCSIに...

続きを読む "X68000 SUPER"

X68000 EXPERT II/PRO II

X68000が発売されて3年目のモデルチェンジでは、ハードウェアのスペックは基本...

続きを読む "X68000 EXPERT II/PRO II"

X68000 EXPERT

X68000は、5年間ハードウェアの基本スペックの変更はしないと約束しており、シ...

続きを読む "X68000 EXPERT"

MSXturboR規格

最後のMSX規格となったMSXturboRは、1990年に発表され、16ビットの...

続きを読む "MSXturboR規格"

X68000ACE/HD 基本スペックは変更なし

1988年2月に発表されたX68000ACEは、基本スペックには変更ありませんが...

続きを読む "X68000ACE/HD 基本スペックは変更なし"

MSX2+(PLUS)規格

MSX2+は1988年に発表されました。MSX1からMSX2へは大幅にグレードア...

続きを読む "MSX2+(PLUS)規格"

シャープX1 turboZ 8ビットAVパソコンの終点

1986年にX1 turboZが発売されていますが、これは1ヶ月前に発売されたt...

続きを読む "シャープX1 turboZ 8ビットAVパソコンの終点"

MZ2500/2861系列

ホビー向けMZシリーズでは最上位に位置するシリーズで、それ以降個人向けMZは出て...

続きを読む "MZ2500/2861系列"

X68000 発売前からユーザーの期待が大きかったマシン

このパソコンほど発売前からユーザーの期待が大きかったマシンはなかったと思います。...

続きを読む "X68000 発売前からユーザーの期待が大きかったマシン"

X1 turboシリーズ

X1turbo(エックスワン ターボ)は、X1の上位機種として1984年10月か...

続きを読む "X1 turboシリーズ"

MSX2規格

MSX2とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、MSX1規格と比べてグラフ...

続きを読む "MSX2規格"

MB/S1 よいパソ悪パソで国産ベストPCとべた褒めされるが・・・

MB/S1は、8ビットベーシックマスターシリーズの最後の機種として、MSXパソコ...

続きを読む "MB/S1 よいパソ悪パソで国産ベストPCとべた褒めされるが・・・"

JR300 CPUをZ80に変更した最終機

JR300はJRシリーズ最後のパソコンでしたが、ごく限られた台数しか販売されず、...

続きを読む "JR300 CPUをZ80に変更した最終機"

MSX1規格について

MSXとはMSX規格の一つで、1983年に最初に制定された規格で、後にMSX2な...

続きを読む "MSX1規格について"

JR800 高価なポケットコンピュータ

ナショナルのパソコンJRシリーズは、ハンドヘルド型と呼ばれる携帯型も出していまし...

続きを読む "JR800 高価なポケットコンピュータ"

MULTI8 メーカーも見捨てたマシンといわれたことが・・・

MULTI8(まるちえいと)は、1983年から三菱電機が製造、販売していたパーソ...

続きを読む "MULTI8 メーカーも見捨てたマシンといわれたことが・・・"

東芝 PASOPIA7 横山やすし親子がイメージキャラ

PASOPIAの後継機種として、1983年7月に発売されたのがこのパソピア(PA...

続きを読む "東芝 PASOPIA7 横山やすし親子がイメージキャラ"

SMC-777C

SMC-777はSONYが1983年1983/3に発売した8ビット機です。本機発...

続きを読む "SMC-777C"

SONY SMC-70

SONYの独自規格パソコンSMC-70(1982/11/18発表)、これは現在人...

続きを読む "SONY SMC-70"

FP-1100/FP3000

カシオ計算機といえば、ポケットコンピュータでよく知られていますが、FP-1000...

続きを読む "FP-1100/FP3000"

ナショナルJR200 マイナーなマシン&万能幻想

JR100の発売から1年後、1982年末に発売されたのがJR200で、互換性はあ...

続きを読む "ナショナルJR200 マイナーなマシン&万能幻想"

シャープX1シリーズ/基本部分は最後まで仕様変更しない

シャープのパソコンには、既にMZシリーズがありましたが、このX1シリーズは開発部...

続きを読む "シャープX1シリーズ/基本部分は最後まで仕様変更しない"

EPSON HC-20/QC-10

EPSONがPC-9801互換機を始める前は、HCシリーズというハンドヘルド型と...

続きを読む "EPSON HC-20/QC-10"

PASOPIA16系

東芝のパソコンには、PASOPIAがあったことはよく知られていますが、ここで取り...

続きを読む "PASOPIA16系"

MZ5500/6500系列

ビジネス向けMZシリーズは、ビジネス向けの一体型PC、PC-3000シリーズの、...

続きを読む "MZ5500/6500系列"

MZ1200/MZ2000系

MZ1200/MZ2000系は、1982年度からMZ-80Kグループを開発した部...

続きを読む "MZ1200/MZ2000系"

JR100 手軽なBASIC学習機の意味は何か

ナショナルがMSXに参入する前に発売していたのが、JRシリーズで、メインにはJR...

続きを読む "JR100 手軽なBASIC学習機の意味は何か"

ベーシックマスターレベル3

1980年代、日立と富士通のパソコンは、MPUとしてMC6809 (6809) ...

続きを読む "ベーシックマスターレベル3"

MULTI16 実は国産16ビットPC第一号

国産16ビットパソコンは、PC-9801が一大勢力を開きましたが、PC-9801...

続きを読む "MULTI16 実は国産16ビットPC第一号"

MZ80B シャープの一体型8ビット機

シャープのパソコンはパソコンテレビ「X1」が有名ですが、それとは別に、「MZ」シ...

続きを読む "MZ80B シャープの一体型8ビット機"

ベーシックマスター 国産第一号パソコン

国産第一号パソコンは、日立製作所が1978年9月に発売した8ビット機「ベーシック...

続きを読む "ベーシックマスター 国産第一号パソコン"

パソコンのご先祖様 真空管世代からトランジスタ、IC、LSI

パソコンは、「パーソナルコンピュータ」の意味で、個人が使うためのコンピュータ、と...

続きを読む "パソコンのご先祖様 真空管世代からトランジスタ、IC、LSI"

1