富士通昔のパソコン

富士通が出していたFM77AVやFM TOWNS等昔のパソコンです。

FMV TOWNSII Fresh・GS/GT/GE/GM シリーズの終焉

Windows95のお祭り騒ぎが続いたのが1995年、国内メーカーの独自規格のマシンは大半が終了し、PC/AT互換機路線へと完全移行しています。

続きを読む "FMV TOWNSII Fresh・GS/GT/GE/GM シリーズの終焉"

FMV TOWNS H/H2/H20 PC/AT互換機とのハイブリッド機

富士通の個人向けPCの一つがこのFMV TOWNSで、FMV上でTOWNSをエミュレーションする方式になりましたが、同時に独自性が失われることにもなりました。

続きを読む "FMV TOWNS H/H2/H20 PC/AT互換機とのハイブリッド機"

FM-TOWNSII モデルSN TOWNSシリーズ唯一のノートPC

1995年唯一のノートPCとしてラインナップされたのが本機ですが、教育市場向けという位置づけのため、一般には僅かな量しか流通していません。

続きを読む "FM-TOWNSII モデルSN TOWNSシリーズ唯一のノートPC"

FM TOWNSII Fresh・FS/Fresh・FT AMD486DX4搭載機

AMD486DX4 100Hz搭載、前機種とは価格は据え置きです。それ以外は全モデルハードスペックとインストール済みソフトは変わりありません。

続きを読む "FM TOWNSII Fresh・FS/Fresh・FT AMD486DX4搭載機"

FM TOWNSII HA/HB/HC Pentium90モデルもラインナップ

Windows3.1日本語版が普及し、Windows95がアナウンスされていた時代は、徐々にPentiumマシンも普及しつつありました。Pentiumは第一世代と第2世代があり、取り付けソケットの形状が違うので互いの装着はできません。

続きを読む "FM TOWNSII HA/HB/HC Pentium90モデルもラインナップ"

FM TOWNSII Fresh・ES/Fresh・ET 一太郎モデルもラインナップ

ほとんどのソフトがWindows3.1用になりつつある1994年秋、FM TOWNSII FreshES/ETは全機種アクセラレータが内蔵されています。型番のSはスタンダード、Tはテレビチューナー内蔵の意味でしょうか。

続きを読む "FM TOWNSII Fresh・ES/Fresh・ET 一太郎モデルもラインナップ"

FM TOWNSII Fresh E/T アクセラレータ搭載機もラインアップ

ほとんどのソフトがWindows3.1用になりつつある1994年秋、FM TOWNSII Freshにもアクセラレータ対応モデルがラインナップされました。1024×768ドット 256色が使用できます。ノーマルモードなら640×480ドット時1677万色選択も可能です。

続きを読む "FM TOWNSII Fresh E/T アクセラレータ搭載機もラインアップ"

FM TOWNSII EA 486SX 33MHzマシン

Windows3.1日本語版が普及し、発売されるほとんどのソフトがWindows版になっていた1994年秋に発売されたモデルですが、MXモデルなどとはほとんど仕様の変更はありません。

続きを読む "FM TOWNSII EA 486SX 33MHzマシン"

FM TOWNSII Fresh/Fresh・TV CRT&ソフト付属

Windows3.1の本格的普及が始まったのは1994年に入ってからですが、富士...

続きを読む "FM TOWNSII Fresh/Fresh・TV CRT&ソフト付属"

FM TOWNSII MX/MA/ME/MF 白TOWNS/ハイレゾ対応機もラインナップ

Windows3.1日本語版の発売が話題になっていた1883年に発売されたのがこのモデルで、CPUは全機種486になりました。すべてが横置きモデルですが、カラーリングが白に変わったので、白TOWNSと呼ばれています。

続きを読む "FM TOWNSII MX/MA/ME/MF 白TOWNS/ハイレゾ対応機もラインナップ"

FM TOWNSII HR/HG/UR/UG CPUのグレードアップは迅速

新発表のFM TOWNSII HRは横置き型の486SXを搭載したマシンです。HGは386DX 20MHz搭載、URはCRT一体型486SXマシンです。UGは一体型386SXマシンですがCPUを20MHzに上げています。

続きを読む "FM TOWNSII HR/HG/UR/UG CPUのグレードアップは迅速"

FM TOWNSⅡCX / UX 基本設計の変更なし

富士通のFM-TOWNSは1992年にFM TOWNSⅡに名称が変更されましたが、グラフィックスやサウンド等ハードウェアスペックの変更はありません。むこう5年間ハードウェアの基本部分の設計変更はしないという約束が守られていました。

続きを読む "FM TOWNSⅡCX / UX 基本設計の変更なし"

FM TOWNS 富士通が本気で全力投球したマシン

富士通のFM-TOWNSは1989年秋と1990年にモデルチェンジがされていますが、ハードウェアスペックの変更はありません。

続きを読む "FM TOWNS 富士通が本気で全力投球したマシン"

FM TOWNS初代機 CD-ROM搭載マシン

富士通が1989年2月28日に発表したのがFM-TOWNSで、企業向けにはFMRシリーズがすでにラインナップされていましたが、こちらはAV機能に重点に置いており、FMR/TOWNSと称されることも多かったです。

続きを読む "FM TOWNS初代機 CD-ROM搭載マシン"

FM77AV40SX TOWNSに後はお任せ

FM77AV40EXにビデオデジタイズ機能を標準装備としたマシンで、それ以外の機...

続きを読む "FM77AV40SX TOWNSに後はお任せ"

FM77AV40EX/20EX 無意味なマイナーチェンジを繰り返す

FM77AV40/20にEXの型番がついて値段も引き下げられています。AV40E...

続きを読む "FM77AV40EX/20EX 無意味なマイナーチェンジを繰り返す"

FMR70

1987年9月に発売されたFMR70はFMR60のCPUを386DXに換えたもの...

続きを読む "FMR70"

FMR50/60 私日本語得意というものの...

1987年2月に発売されたFMR30/50/60はFM16βの後継機種という位置...

続きを読む "FMR50/60 私日本語得意というものの..."

FMR-30 液晶デスクトップ

1987年2月にFM16βの後継機種として、FMR-30/50/60が発売されま...

続きを読む "FMR-30 液晶デスクトップ"

FM77AV40/20 オプションを揃えるだけでもう一台パソコンが買える

富士通の8ビット機がFM77AVシリーズだけとなり、FM-NEW7が消えていった...

続きを読む "FM77AV40/20 オプションを揃えるだけでもう一台パソコンが買える"

FM77AV 8ビットFMシリーズの統一

FM-77シリーズのAV指向機がこのFM77AVで、単なるFM-77のモデルチェ...

続きを読む "FM77AV 8ビットFMシリーズの統一"

FM-77L4/L2 NECに対抗するつもりが引きずられてしまったという感じ?

FM-77の後継機としてL4/L2が発売されましたが、L4では400ライン表示を...

続きを読む "FM-77L4/L2 NECに対抗するつもりが引きずられてしまったという感じ?"

FM-16β 良いパソ悪パソでべた褒めされながら不遇に終わったマシン

富士通の16ビットパソコンとして発売されていたのがこのFM-16βで、FM-11...

続きを読む "FM-16β 良いパソ悪パソでべた褒めされながら不遇に終わったマシン"

FM-77 PC-8801mk2に対抗したが...

FM-7の後継機種は、上級機としてのFM-77と、入門機としてのFM-NEW7と...

続きを読む "FM-77 PC-8801mk2に対抗したが..."

FM-11 FM-7の上級機

FM-7がFM8のモデルチェンジ機として価格を引き下げて発売されたときに、上位機...

続きを読む "FM-11 FM-7の上級機"

FM-7/FM-NEW7 買って決して損しないは誉めすぎ

FM-8の後継機種は、FM-7とFM-11ですが、バブルカセットやアナログ入力ポ...

続きを読む "FM-7/FM-NEW7 買って決して損しないは誉めすぎ"

FM-8 PC-8001対抗機

8ビット機全盛期は、NECが圧倒的なシェアを誇っていたとは言え、他社も多数参入し...

続きを読む "FM-8 PC-8001対抗機"

1