Celestron セレストロン望遠鏡 赤道儀のいろいろ

セレストロン純正の赤道儀はCG-1、ADVANCED-GT、CGEがあり、CGEはさらに細かくCGEM、CGEM-DX、CGE-PROがラインナップされています。日本での販売は何時も遅れがちなのでそれも留意して検討されるようにお勧めします。

日本での販売は何時も遅れがちなのでそれも留意して検討されるようにお勧めします。

1.Omni CG-4:日本ではごく一部の販売店で取り扱っている赤道儀で、白色塗装になっており、モーターはつきません。ステンレス三脚付属、ビクセンアリミゾ互換で、C5とのセットなどがあります。かつてVixenがスペースギアの名前で販売していた赤道儀と同じもので、SYNTA社のOEMです。

2.ADVANCED-GT赤道儀:ビクセンGPDのコピーですが、セレストロンらしく黒塗りで仕上げられており、三脚はステンレスパイプが使用されています。望遠鏡販売店によってはとても安い値段で販売されており、2011年3月現在、協栄産業では59,800円というとても魅力的な価格です。台座はビクセン互換なので三脚にビクセンGP赤道儀を載せることも可能なようです。極軸望遠鏡はオプション扱いですがビクセンGP用のものが取り付けられるようになっています。ビクセン互換アリミゾ一体型、DCモーターです。望遠鏡セットはC6/C8/C9 1/4/C11のSCとのセットの他、ニュートン反射(6/8/10インチ)とのセットも用意されています。

3.CGEM:CGEのミドルクラスの赤道儀で、趣味人では赤道儀単体も販売されており、望遠鏡セットはC8/C9 1/4/C11、EdgeHD800/900/1100が用意されています。アリミゾは幅広仕様、極望はビクセン製のものが取り付けられます。

4.CGE-PRO:CGE最上級の赤道儀で、赤道儀単体三脚セットは約80万円、望遠鏡とのセットはC9 1/4/C11/C14まで用意され、EdgeHD鏡筒とのセットも945/1100/1400があります。極望はありません。アリミゾは幅広タイプです。三脚は単体でも16kgと重く、C11とのセットでは総重量67kgくらいになります。移動観測にはそれなりの体力が必要です。

5.CGEM-DX:2011年4月から発売されたCGEMの上位機で、CGE-PRO用の三脚がセットされます。赤道儀は外見はCGEMと同じですがCGE-PROの三脚に載せるのでC14まで搭載可能です。望遠鏡とのセットはC11/C14/EdgeHD1100/1400が用意されます。

CGEシリーズは、2001年頃初代のCGEが発売され、その後モデルチェンジしたCGE-PROが発売されています。アリミゾは幅広仕様で、サードパーティからビクセン互換アリミゾと兼用できるものが発売されています(日本未発売)。

6.GPSレシーバ:時計合わせや緯度設定を自動で行うGPSレシーバはオプションで、SkySyncGPSが用意されており、これを使うと電源を入れる都度これらの設定をせずに済みます。また、SkyScoutとコントローラを繋ぐSkyScout Connectも用意され、これを使うとSkyScoutで得た緯度・時刻情報を読みとって設定することができます。ADVANCED-GT/CGEシリーズ/NexStarSEシリーズ対応となっています。

7.ハンドコントローラ:今のところ日本語表示はなく英語表示ですが赤色表示されるハンドコントローラが付属します。このコントローラは極望を使わないで極軸設定が行えるll-Star Polar Alignment Technology機能があります。PCとの接続はRS232C方式で、ファームウェアのアップデートやプラネタリウムソフトからの制御を行います。RS232CコネクタがないPCが主流ですがその場合はUSB変換プラグを使って行います。

8.NexRemote:ハンドコントローラを介さず、直接赤道儀と繋いで制御するNexRemoteソフトがADVANCED-GTを除く全機種に付属します。CGEシリーズの他、CPCシリーズやNexStarSEにも対応があります。ソフトは英語表示です。

9.DCモーター制御:親会社のSYNTA社(Sky-Watcher)が販売しているEQ赤道儀(ケンコーのスカイエクスプローラと同じもの)はパルスモータ制御ですがセレストロン社はDCモーターを採用しています。DCモータはいろいろいわれますが制御プログラムの出来に左右されるようでセレストロン社のDCモーター制御の評判は良いようです。

10.日本での発売状況:日本での発売はこれまでの例から半年は遅れているのが実情です。また、ADVANCED-GTシリーズはニュートン反射とのセット販売はありません。まだCGEM/CGE-PROは赤道儀と従来SCとのセット販売はありますが、EdgeHD鏡筒とのセット販売は遅れているようです。是非代理店にはタイムロスを短くするようにお願いしたいと思います。

11.マニュアルやファームウェアのアップデートなど:代理店経由で購入した場合は日本語マニュアルが付属します。英文マニュアルが必要な場合はセレストロン公式サイトからPDFでダウンロードできます。ファームウェアのアップデートデータや付属ソフトのバージョンアップデータもセレストロンサポートページからダウンロードできます。

12.バッテリ等:望遠鏡販売店などで販売されているバッテリも使えますが、セレストロン純正バッテリの方がよいと思います。容量7Ahと17Ahとがあり、後者の方が長時間使用には向いています。どちらも、スポットライトと赤色ライトがあり、AM/FMラジオがついており(17Ahのみ)、専用ACアダプタが付属します。

あとがき
CGEM-DX赤道儀及び、CGE-PROとEDGE-HD OTAとのセット販売は、2012/6より開始されています。
関連記事