CELESTRON CGEMⅡ赤道儀について

CELESTRONCGEM201.jpg

CELESTRON CGEMⅡシリーズ

セレストロン(CELESTRON)のドイツ形赤道儀には、CGEシリーズがあり、そのミドル赤道儀といえるのがCGEMです。これにはPCとの接続ができますが、RS-232Cコネクタなので、別途USB変換ケーブルを購入してドライバをPCにインストールしておく必要があります。

今回発表されたCGEMⅡは、RS232Cに換わってUSBコネクタが搭載されたこと、またアリミゾはCGE規格の大型アリミゾとビクセン規格のアリミゾを兼用した形になりました。

アリミゾはCGE規格とビクセン規格の兼用

従来のCGEMは、CGE規格の大型アリミゾなので、ビクセン規格のアリガタをそのまま搭載することができませんでした。アリミゾを外して、趣味人で販売されている変換アダプタを取り付けて、別途アリミゾを搭載するという方法をとることもありますし、大型アリミゾにプレートを取り付け、そこにアリミゾを搭載する、という方法もありました。

CGEMⅡでは、CGE規格とビクセン規格のアリミゾを兼用する形状になっているので、このような面倒な手間を省いて搭載できます。

PCとの接続はUSBコネクタに変更

CGEMではコントローラーはNexterⅡコントローラーとなっており、PC接続は従来のRS232Cに換わりUSB2.0に変更されています。これにより、RS232C→USB変換コネクタを購入してPCにドライバをインストールしてから接続する、といった手間が省けます。

AUX端子:1個あり

オートガイド端子:あり

ラインナップ:C8/C914/C11の各セット。EDGEHD800/925/1100の各セット。赤道儀単体販売あり。

三脚:ステンレススチール製

モーターはエンコーダつきDCモーターで、全自動導入前提だからこれで問題はないでしょう。親会社のシンタ社はパルスモーターなのに対し、子会社のセレストロンはDCモーターなのは考え方の違いなのでしょうか。

コメント
関連記事