PC-486NOTE ASD 486DX搭載ノートPC

「i486DX2/50MHz搭載モデル、新登場。」

型番はPC-486NASDです。1993年12月発売。エンハンスドSL 486DX 50MHzを搭載しています。

PC-486NOTE ASDスペック

  1. CPU:SLエンハンスi486DX / 50MHz ※CPUスピードは10段階切替可能。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ。
  3. メインRAM:標準1.6MB。最大33.6MB ※増設RAMモジュールスロットに実装(2スロットあり)
  4. ビデオRAM:192KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット 4096色中16色表示
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F:あり
  12. サウンド:FM音源3音/PSG音源3音の6重和音8オクターブ / BEEP音
  13. 外部拡張拡張バス(RGB出力付き)110ピンタイプ
  14. 拡張スロット:Lスロット(オプション、内蔵FDD1台と換装、Lスロットアダプタが必要)
  15. 内蔵FDD:3.5インチ3モード対応ドライブ2台内蔵。
  16. HDD:内蔵可(SASI) ※HDDパック対応。FDD1台と換装
  17. 液晶モニタ:バックライト付きTFT型カラー液晶 640×400ドット 4096色中16色表示
  18. 電源:ACアダプタまたは内蔵NiCd電池
  19. バッテリ稼働時間:0.8時間。大容量パック使用時1.8時間
  20. 外寸法:315(W) x 285(D) x 62(H) ㎜ / 3.4kg

ラインナップ:1993/7発売

  1. PC-486NASD2:548,000円

486SX のSLエンハンス型は、省電流設計されており、ノート型PCに向いています。FM音源が標準搭載されたのは98NOTEにはない特徴でした。やはりバッテリ稼働時間は実用的ではなく、ACアダプタが使える場所で稼働させるのが現実的でしょう。

あとがき
省電力仕様の486DX 50MHzを搭載し、FM音源も搭載しているので、ある程度デスクトップ機の代わりには使えるかもしれないが、価格は高い。またバッテリ稼働時間も短い。筆者はこれよりデスクトップ機にCRTを接続して使いたい。
コメント
関連記事