PC-9801LS プラズマディスプレイのラップトップ機

「高速CPUで戦略的ビジネスを支援するハイエンドラップトップ。」

ライバルの互換機メーカーエプソンPC-386Lや東芝のダイナブックJ3100に対抗して発売されたのがこのLSシリーズです。

特徴としては、CPUにi386SXを採用したことと、ダイナブックでも使われていたプラズマディスプレイを採用したことです。

PC-9801LSスペック

  1. CPU:i386SXの16MHzを搭載。V30 8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:1.6MB ※最大4.6MBまで内蔵可能
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(16階調。外部CRT接続時8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面16階調表示/640×200ドット4画面16階調表示※アナログディスプレイ接続時は4096色中16色表示可
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. 外付けFDD用I/F:2HD
  12. マウスI/F
  13. CRT接続:アナログRGB接続可
  14. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ搭載可。拡張BOXが必要)
  15. 拡張スロット:オプションの拡張BOXを接続することで16ビットのCバス3個利用可
  16. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  17. HDD:内蔵可能 ※LS5は40MBHDDを内蔵済み(SASI)
  18. 液晶モニタ:16階調のプラズマディスプレイ搭載。

ラインナップ:1988年11月発売

  1. PC-9801LS2:628,000円
  2. PC-9801LS5:866,000円

秋のNEC新製品発表会で出展されたモデルですが、プラズマディスプレイはオレンジ色でした。また、バッテリ駆動はできず、AC電源が必要となります。

CPUに386SXを利用したのは、単にコスト削減のためでしょう。外部バスが16ビットのままなら比較的楽に286マシンとの設計を大差なくすることができます。

V30の扱いが8MHz固定となったところを見ると、NECはV30を32ビット化すること(すでにV60/V70があった)はあきらめた、ということでしょうか。

この展示会では、PC-9801互換機をどう思うか、というアンケートがあり、如何にNECがエプソン互換機を意識(対抗?神経を尖らせていた?ナーバス)していたか分かるエピソードとなっています。

あとがき
AC電源がないと使えない(もっとも、バッテリ稼働機も実用的ではなかった)ことや高価格であることから、あまり売れている様子はなかった。シリーズとしても長くは続かず、トランスポータブルのT型番機や98NOTE NS等へ置き換わっている。
コメント
関連記事