PC-9801LX 286搭載ラップトップ

「高速CPUで戦略的ビジネスを支援するハイエンドラップトップ。」

PC-9801LXは、LSとLVの間を埋めるマシンです。この中では、カラー液晶搭載モデルもラインされました。

PC-9801LXスペック

  1. CPU:i286の12/10MHzを搭載。V30 8MHz ※切り換えて稼働。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:640KB ※本体内専用スロットを利用することで3.6MBまで内蔵可能
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(16階調。外部CRT接続時8色表示)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面16階調表示/640×200ドット4画面16階調表示※アナログディスプレイ接続時は4096色中16色表示可
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. CRT接続:アナログRGB接続可
  13. サウンド:BEEP音(オプションでFM音源3重和音、PSG音源3重和音の計6重和音8オクターブ搭載可。拡張BOXが必要)
  14. 拡張スロット:オプションの拡張BOXを接続することで16ビットのCバス3個利用可
  15. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  16. HDD:内蔵可能 ※LX4は20MBHDDを内蔵済み(SASI)。LX5/LX5Cは40MBHDDを内蔵(SASI)
  17. 液晶モニタ:16階調の白黒液晶搭載。LX5CはSTNカラー液晶搭載。

ラインナップ

  1. PC-9801LX2:1989年4月発売 448,000円 HDDなし(内蔵可)
  2. PC-9801LX4:1989年4月発売 588,000円 HDD20MB内蔵(SASI)
  3. PC-9801LX5:1989年6月発売 638,000円 HDD40MB内蔵(SASI)
  4. PC-9801LX5C:1989年8月発売 748,000円 HDD40MB内蔵(SASI)

液晶は白黒表示の16階調で、外部CRT接続時のみカラー表示となります。また、LX5Cではカラー液晶が搭載され、文字通りカラー表示が可能となりましたが、現在の液晶表示とは違うSTNと呼ばれるもので、ビジネス用途には十分使えますが、ゲームをするには苦しい表示だったようです。何より、まだ恐ろしく高価だったわけです。

カラー液晶はまだまだ開発途上であり、パソコン市場より大きいテレビ市場での開発が先行して行われていました。

バッテリ駆動は不可能

LVシリーズではバッテリ駆動可能でしたが、LS/LXでは不可能でした。その重量を考えると、とても膝の上(ラップトップ)での使用は無理で、個人でも使い終わった後すぐ片づけられるという場所をとらない点がメリットだったといえます。

あとがき
カラー液晶モデルはあくまでも試作機だったが、何分カラー液晶自体高額だった。このシリーズも長く続いていない。98NOTE SXに置き換わるのが早かったのである。
コメント
関連記事