PC-9801P 最初で最後の98PEN

「ペンならではの、機動性とフレキシビリティに富んだ操作環境を実現。」

現在は、ペンタブレットを搭載したノートPCもよく見られるようになり、WindowsXP以降からOSの方でも本格的にサポートされるようになりましたが、随分早い時期からPC-9801にもペンタブレットを搭載したマシンが発売されていたことを伺わせます。あくまでもWindowsCEマシンの先駆けのような感じがあります。

PC-9801Pスペック

  1. CPU:i486SX(J)20MHz。
  2. ROM:N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:7.6MBytes(40/Dは5.6MBytes)。
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用(8階調表示。CRT接続時8色)。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面8階調表示/640×200ドット4画面8階調表示 ※CRT接続時は4096色中16色
  8. 漢字表示JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. キーボードI/F
  13. CRT接続用I/F
  14. サウンド:オプション
  15. 拡張スロット:110ピン拡張バス(98ノートシリーズ互換)
  16. PCカードスロット:1個(PCMCIA2.0/JEIDA Ver4.1仕様準拠)
  17. 内蔵FDD:外付けで別売
  18. HDD:全機種内蔵済み
  19. 液晶モニタ:9.8インチCFLサイドライト半透過型白液晶(8階調)。液晶表示上下反転(180゚)機能搭液晶表示。上下反転(180゚)機能搭載

採用されているCPUはインテルジャパンとNECが共同で開発したi486SXというものを使用しており、内部処理32ビット、外部バス16ビットで、386DXと386SXとの関係に似ています。省電力設計ということもあり、多くのPC-9801ノート型に採用されました。

液晶はモノクロですが、8階調表示となり、バッテリ駆動時間は2時間から6時間と長く使用でき、まだカラー液晶では電気を食うという事情もありました。

  1. サイドライトON時:ノーマルモード2.0時間。パワーセーブモード2.5時間
  2. サイドライトOFF時:ノーマルモード3.5時間。パワーセーブモード6.0時間

ペンタブレットの値段もまだ高価だったこともあり、どのモデルも高価でした。すべてHDD搭載機で、P40/DとP80/PにはPenDOS2.0とPenPoint2.0をインストール済み、またP80/WにはMS-DOS5.0AとWindows3.1とMicrosoft Windows for Pens 1.1をインストール済みとしていました。

ラインナップ:1993年7月発売

  1. PC-9801P40/D:価格498,000円 HDD40MB内蔵(IDE) ※日本語PenDOS 2.0インストールモデル
  2. PC-9801P80/W:価格560,000円 HDD80MB内蔵(IDE) ※日本語Windows for Pens 1.1インストールモデル
  3. PC-9801P80/P:価格560,000円 HDD80MB内蔵(IDE) ※日本語PenPoint(Ver2.0)インストールモデル

PC-9801唯一のペンパソコンで、キーボードはありません。このパソコンはその後開発されるWindowsCE搭載機の先駆けのようなものととる人もあります。

あとがき
現在のスマホやタブレットのご先祖様的なマシン。これ以降、PC-9801でペンタブレットPCは開発されることはなく終わった。
関連記事