PC-H98 model 70 初のNESAバス搭載マシン

先進のアーキテクチャNESA採用。PCをリードするHyper98。

ハイレゾ/ノーマル両用モデルで、RLからの流れを汲むマシンですが、次世代バスといわれるNESAを搭載したマシンです。グラフィック同時発色数は4096色中16色表示ですが、256色ボードを足すことで、1677万足から256色選べるようになります。

PC-H98 model 70スペック

  1. CPU:(H)386(33MHz/20MHz相当)(N)386(33MHz。V30 8MHz相当あり) ※切り換えて稼働。
  2. ROM:(H)BIOS64KB(N)N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM:最大43.5MB利用可。※標準搭載メモリ量は製品ラインナップ参照
  4. ビデオRAM:(H)512KB。(N)256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。※切り換えて使用(8色表示)。
  7. グラフィックス表示:(H)1120*750ドット1画面。4096色中16色。(N)640*400ドット2画面。4096色中16色。
    (N)640*200ドット4画面。4096色中16色。 ※オプション使用時1600万色から256色表示(H/N)
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM、JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載(テキスト/グラフィックス画面に表示)
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. FDD外付け用I/F:2HD
  12. マウスI/F
  13. CRT接続:アナログRGB
  14. サウンド:BEEP音のみ(オプションでFM音源/SSG音源搭載可。拡張スロット内に実装)。
  15. 拡張スロット:NESAバス兼16ビットのCバス4個
  16. 内蔵FDD:5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  17. HDD:内蔵可(model100はHDD100MB内蔵)

PC-H98 model 70ラインナップ:1990年1月発売

  1. PC-H98 model 70-002:995,000円 メモリ1.5MB HDD内蔵なし(内蔵可/SCSI)
  2. PC-H98 model 70-100:1,680,000円 メモリ5.5MB HDD100MB内蔵済み(SCSI)
  3. PC-H98-E02:1977万色中256色表示を可能とするボード。本体内に実装。

NESAバスは、32ビットバスで、16ビットのCバスと共用します(自動認識)。すでにRA(DA/FAも)モデルを使っている人なら知っていると思いますが、専用のメモリスロット2メモリ増設するのに比べると、拡張スロットにメモリ増設するのとではスピードが低下します。これは、32ビットと16ビットのバスの違いによるものなので、メモリスロット用のボードを買うことが自衛策となります。こういった問題から、32ビット汎用バスが開発されました。

NESAバスは、同時期開発されたPC/AT互換機用のEISAバスとよく比較されますが、EISAバスはIBMのPS/2で採用されたMCAバスの使用料が高すぎたので、互換機メーカーが別途作った規格となります。もっとも、PC-9801互換機を造っているのはエプソンだけでしたから、NESAでは特に互換性の問題はありませんでした。

このマシンはとても個人で購入できるような価格ではありませんでしたが、メーカーとしては企業に売り込みたかったようです。もっとも、企業でもあまり採用された事例はなかったようでした。

あとがき
次世代98、ともてはやされたが、いかんせん高価格すぎ、個人で買うのは自己満足に浸る(?)ようなものだった。企業でもPC-9801RA/RS/RXの方がよく売れていた。
関連記事