Windows10への予約について(DSP版はパーツとのバンドル販売のみ)

2015071701.jpg

Windows8 PC(Windows7でも)では(システムの方で自動確認してWindows10稼働可能と判断された場合)、タスクバー上にWindowsロゴがすでに現れており、これをクリックするとWindows10予約窓が現れます。また、PC立ち上げ時に、タスクバーWindowsアイコンを通して、画像のようなマイクロソフトの方からWindows10へアップグレードするように勧めるメッセージが現れることがあります。

Windows10は、2015/7/29よりWindows7/8インストール済みPCを対象に無償アップデートが可能となりますが、無償アップグレード期間は1年間となり、正規品のみが対象となります(海賊版は対象外)。

Windows10へのアップグレード予約をするのは簡単

2015072602.jpg

Windows10へのアップグレードを勧めるメッセージに応じたり、タスクバー上にあるWindowsアイコンをクリックすると、「Windows10を無償で入手する手順」のウィンドウが現れ、左右の矢印を押しながら切り替えていくと、とPR画面5枚を見ることができます。どのウィンドウにも「無償アップグレードの予約ボタン」があります。

2015072608.jpg

コントロールパネルの「Windows Update」にもWindows10への予約メニューがあります。

2015072609.jpg

「無償アップグレードの予約」ボタンを押すと、アップデート可能になったとき、通知されることとなっています。一応7/29ということになっていますが、 一度にアップデートされると、ダウンロードでインターネット回線が大混雑するという懸念から、場合によっては、数時間から数日程度ずれる可能性もあるようです。

Windows8からWindows8.1へのアップグレードでもそうでしたが、ファイルサイズが大きいですから、光ファイバーならともかく、ADSLの場合、ファイルのダウンロードだけで3時間程度見た方がよいかと思います。

Windows10へのアップグレードは自動アップグレードが前提ですが、非推奨ながら手動アップグレードも可能となっています。

「Windows 10」は"非推奨"ながら手動アップグレードも可能へ

※再アクティベーションが必要になる場合は、これまでと変わらず、大幅なハードウェア構成の変更(マザーボード変更など)を行った場合です。

無償アップグレード期間は1年なので、急いでアップグレードする必要は無く、使用しているソフトや周辺機器の対応、デバイスドライバの提供状況を見て時期を判断することをお勧めします。だいたい発売後3ヶ月から半年程度経過すると対応が進んでくるのはこれまでの例から見て常識です。

DSP版Windows10はパーツとのバンドル販売のみに戻る

DSP版Windows10は2015/8/1に発売開始で、販売店では深夜24:00に開店してイベントを行うところがあるようです。なお注意事項として、単体販売はなく、Windows7以前の頃と同じくパーツとのバンドル販売(抱き合わせという人も多いが)のみとなります。また、パッケージ版の発売はないとのことです。

DSP版は、まだ32ビット版と64ビット版が並行発売されますが、特別な事情が無い限り、64ビット版を選択するすることを強くお勧めします。また、特に仕事で使う場合は、絶対にProfessional版を購入することをお勧めします。

あとがき
Windows7/Windows8.1のDSP版も、現在の在庫が払拭された後は、パーツとのバンドル販売へ切り替わるとのことなので、単体購入希望者はお早めにされることをお勧めする。
コメント
関連記事