80最後の悪あがき 自社製品に負けて消えたPC-8001mk2SR

「クラスで一番、オール5パソコン。」

本体性能面で他社機種に大きく水をあけられる結果になったPC-8001MK2は、1985年1月にPC-8001MK2SRとしてモデルチェンジされました。モデルチェンジの目玉はグラフィックスとFM音源の搭載です。

グラフィックスは640*200ドット時1画面8色表示、320*200ドット時は8色表示で2画面優先順位付け、そしてサウンドはFM音源となっています。

一部のマニアの間では生まれるのが2年遅かった、とかPC-8001最後の悪あがきなどといわれることがありますが、今さら何のためのラインナップだったのか、疑問符がつくのがこのマシンでした。

PC-8001MK2SRのスペック

  1. メインCPU:μPD780C-1(Z-80Aコンパチ、4MHz)
  2. サブCPU:μPD780C-1(ディスクコントロール、4MHz)
  3. ROM:N-BASIC、N80-BASIC、N80SR-BASIC
  4. メインRAM:64KB、スロット内増設可能:32KB単位でバンク切り替え
  5. VRAM:48KB
  6. 漢字ROM:オプションでJIS第一水準漢字ROM搭載可能(専用スロットに実装)
  7. ビデオ出力:RGBセパレート出力方式(TTL、カラー)/コンポジットビデオ出力方式(輝度変調、モノクロ)/家庭用TV(TVアダプタ経由)に接続可/2画面独立表示可(テキスト画面、合成画面)
  8. キーボードJIS標準配列:本体一体型。テンキー、コントロールキー、5ファンクションキー、キャピタルロック可、HELPキー、COPYキー。PC-8801MK2SRのキーボードを接続可
  9. 拡張用スロット:1スロット(PC-8012、PC-8013、PC-8801、PC-8801mk2 上位コンパチブル)
  10. カセットテープインターフェイス:600ボー
  11. 汎用I/O入力:4ビット、出力1ビット、入出力2ビット
  12. プリンタインターフェイス:パラレルインターフェイス(セントロニクス社仕様に準拠)
  13. シリアルインターフェイス:RS-232C規格に準拠。割込み/ポーリング制御可
  14. ミニフロッピーディスクインターフェイス内蔵
  15. カレンダ時計:月、日、時、分、秒。NiCd電池でバックアップ

オーディオ出力

  1. FM音源3和音(各音ごとに49種の音色指定可)
  2. SSG音源3和音(GI社PSGコンパチブル)
  3. スピーカー内蔵、LINE OUT端子付

テキスト表示

  1. 80文字*25行、80文字*20行/40文字*25行、40文字*20行 ※いずれかを選択可
  2. リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)
  3. カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時)

カラーグラフィック表示

  1. 640*200ドット1画面
  2. 320*200ドット時2画面合成可能、優先順位付け可能
  3. カラー8色(デジタルRGBディスプレイ使用時) ※ドット単位に指定可
  4. 画面合成可(カラーグラフィック、テキスト合成)

PC-8001MK2SR本体価格:10,3000円

上位機種のPC-8801MK2SRとの外見上の違いは本体一体型、ディスクドライブは外付け、というところです。カラーリングは旧型機と変わってブラウンとベージュの明るいものになっています。しかしデザインは本体キーボード一体型故にどうにも古くさく、.昔どこかで見たパソコンのイメージがあります。デザインがいまいちでも中身で勝負の根性ものなら分かりますが、その中身も悪かったら問題です。キーボードはリターンキーが小さかったり、カーソル移動キーがシフトキーと一緒に押さないと使えなかったり、このあたりは何も良くなっていません。

旧型のPC-8001MK2では低速で貧弱だったグラフィックスはかなり改善されており、8ビット機としては最上位にランクできます。グラフィックス画面とテキスト画面は優先順位設定可、320×200ドット時2画面8色表示時優先順位可、等PC-8801にはないモードがあり、ゲームを作りやすい部分もありました。このモードを生かしたゲームソフトもごく少数ですが開発されたようです(実際にはパソコンショップの店頭で売っているのを見たことがない)。タイリングペイントも可能となりました(DIDK-BASICで利用可能。FDDを持っていない場合は付属のカセットテープから読み込んで使うこともできる)。

本来漢字ROMは標準装備とするべきですが、本機では残念ながらオプションで値段も高いです(3万円)。

もう一つのキャッチコピーは「SOUND & GRAPHICS」で、これって1983年発売の東芝「パソピア7」そのもの。カタログの作り方も「君(きみ)」の単語が多く使われ、まるでそっくりだったのが印象にあります。パソピア7同様に、PC-8001MK2SRも中高生が販売対象とみていたのが分かります。

今更80をどうするのか

モデルチェンジで機能が強化され、カタログではお買い得なはずでしたが、やはりお勧めできないマシンで、その理由はPC-8801MK2SRの方を見れば分かります。PC-8001MK2SRにFDDを接続するだけでPC-8801MK2SRよりも高い値段になってしまうのです。性能はPC-8801MK2SRの方が格段上なのだから本体価格の安さで買えば後悔することになります。

そもそも時代の流れからいってもすでにNECの8ビット機はすでにPC-8800シリーズの方に移っており、そういう時期にあえてこのPC-8001MK2SRを投入した意味が分からないのです(やはり技術屋の遊びか)。

ソフトウェアの充実度もNECのパソコンの中では最悪になっており、パソコンショップに行ってもソフトは全くおかれていなかったのです。ゲームソフトさえもなかったのでした。

1985年末秋葉原では格安で投げ売り処分となっていた状況でした。投げ売り処分となるのはなるだけの理由がある訳で、このパソコンは絶対に買ってはいけないというのが結論です。

他社製品ではなく自社製品に完敗して消えていったのがPC-8001mk2SRでしたが、実際には前モデルであるPC-8001MK2でとっくに終わっていたと見るのが妥当でしょう。

最終的にPC-8000シリーズは10ヶ月後(1985/11)に発売されたPC-8801mk2FRに引導を渡され、姿を消しました。実際にはそれより先に生産が打ち切られており(1985/8頃?)、後は正式にカタログ落ちするのを待つだけでした。

あとがき
とっくにPC-8001の役目は終わっているこの時期、何故こんな中途半端な機種を出したのか全く意味不明。性能がPC-8801MK2SRと被ってしまっている上、FDDを購入するとPC-8801MK2SRが258,000円なのに対し、PC-8001MK2SR+FDDで291,000円(FDDを利用するには接続ケーブルとシステムディスクも必要)という具合で、これでは売れなくて当たり前である。結果的に、他社製品ではなく、自社製品に完敗して消えていくという運命をたどったマシンだった。
関連記事