当初は8ビットビジネスパソコン PC-8801

PC-8801はPC-8001の上位機として、1981年に発売されますが、当初は8ビットビジネスパソコンとしての発売でした。PC-8800シリーズでは本体とキーボードが別になっていて、ケーブルで繋いでいます。

そのため本体上にディスプレイを載せられるので、PC-8001よりもずっと省スペースにできます。一体型よりも格好良く見えます。

発売期間は1981年12月から1983年10月までで、以降はPC-8801MK2にモデルチェンジされます。このため、PC-8001MK2(1983年1月発売)とはだぶる期間が10ヶ月ほどあります。

ROMには、PC-8801用として、新たにN88-BASICが搭載されます。これにより、BASICの方言がNECのパソコンだけで3種類もできてしまったことになります(N60、N、N88)。

PC-8801スペック

  1. CPU:Z80A相当品を4MHzで稼働
  2. ROM:N-BASIC及びモニタ32KB,N-88BASIC40KB。スロット内増設可能(7バンク×8KB)
  3. RAM:メインRAM64KB/グラフィックスRAM48KB
  4. RAM増設:拡張スロット内に32KB単位で可能(バンク切り換え方式)
  5. CRT:デジタルRGB出力/家庭用テレビ利用可能(別売のRFコンバータが必要)/モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  6. 漢字ROM:JIS第一水準漢字ROMを専用スロットに搭載可能(グラフィックス画面に表示)
  7. 拡張スロット:4個あり
  8. プリンタ:セントロニクス社仕様内蔵
  9. シリアル:RS203C内蔵
  10. CMT(カセット):内蔵(300ボー/1200ボー切り換え式)
  11. フロッピー:5.25インチ2DのFDDインタフェース内蔵/8インチFDDは拡張スロットにインタフェースを内蔵可能

グラフィックス画面とテキスト画面

テキスト画面は80×25行/80×20行/40×25行/40×20行の4つのモードがあり、切り換えて使うようになっています(8色表示)。

グラフィックス画面は640×200ドット8色表示640×400ドット1色表示を持つことになりました。この表示は、光の3原色である赤・青・緑の三色を使う方法であり、デジタルRGB出力を使っています。

グラフィックス画面とテキスト画面は重ね表示できますが、常にテキスト画面の方が前面表示になります。

PC-8801が究極の8ビット機といわれた理由

640×200ドットで8色表示は現在では物足りないですが、当時も同じでしょう。色鉛筆なら最低でも12色、普通は24色セットです。そこで、登場したのがタイリングペイント/タイリングラインで、これは、ドットの目毎に配色して塗りつぶし、色を多く見せる方法です。これは、例えばオレンジ色に見せるには、黄色と赤を混ぜてやればいいわけで、ドット毎にタイル上に並べて、画面上はオレンジ色に見せることができます。配置の仕方によっては、単色に見せるのではなく、模様のように見せることができます。

タイリングペイントやタイリングラインは現在では常識ですが、当時としては非常に画期的で、その他ではシャープのX1シリーズにあった程度です。

このように、PC-8801では、640×200ドット8色表示を生かすためのBASICの命令語が多く設定されたことが究極の8ビット機といわれた一つの理由になっているようです。

640×400ドット表示は、当時はまだ高額なディスプレイが必要だったため、これはあきらめる人が多かったようです(もっとも、モノクロ表示だったが)。

PC-8001との互換性

PC-8801はN88-BASICと下位のPC-8001との互換性のためのN-BASICを搭載しています。当時多く市販されていたPC- 8001用のカセットテープのゲームもほとんどBASICでしたから、そのまま使うことができました。

CPUはZ80A相当品

CPUにはザイログ社のZ80A相当品が搭載されましたが、何故かマシン語モニタはインテルの8080仕様でした。そのため、Oh!PCなどの雑誌では、Z80A仕様のマシン語モニタを動かすためのプログラムが頻繁に紹介されましたが、作者によって使い勝手に差がありました。

拡張スロット

PC-8001と共通のもので、各社からボードが発売されましたが、スロットの仕様はすべて公開されており、自作用ボードも発売されていたし、また、雑誌などにもよく自作ボードの製作企画が連載されました。

標準的なシステム

家庭用の簡易なシステムとしては、本体+RFコンバータを介して家庭用テレビに接続+データレコーダ(カセット)というものです。ただメーカーとしては、家庭用テレビではなく専用のCRT使用を勧めていることはいうまでもありません。標準的なシステムは、本体+専用CRT+プリンタ+5.25インチFDDで、これに漢字ROMを組み込んだものです。ビジネス用のシステムとしては、本体+640×400ドット対応CRT+プリンタ+8インチFDDに漢字ROMを組み込むといったところです。

競合機種や価格など

競合機種には富士通のFM8や日立のベーシックマスターなどがあります。当然、PC-8001からの買い換え需要もあります。

価格は228,000円でしたが、一部のディスカウント店では148,000円程度で買うことができました。1983年はPC-8001MK2がでていて、PC-8801MK2が登場するまでの間は6ヶ月ほど間があったとはいえ、PC-8001MK2をやっと買えるという人ならもう少し我慢してお金を貯めればなんとか買えるわけでした。そうした方が、後で後悔しなくて済みます。

スポンサーリンク

あとがき
PC-8801はビジネスパソコンのつもりで出したNECだったが、ホビーパソコンとしても売れてしまった。自社/他社ともソフトや周辺機器も充実し、雑誌の取り上げ度もNO.1だった。その後PC-8801アーキテクチャは1990年までと、国産8ビット機では最も長く継続した。後継となった16ビット機はPC-9801で、8ビット機と16ビット機の関係がうまく作れていたのである。
コメント
関連記事

コメントする