ビクセン SXG-AL130三脚先行販売

協栄産業大阪店のWebを見ていたら、SXG-AL130三脚を先行100台限定販売、2012年2月より正式販売との情報がありました。おそらくAL130の置き換えと思われます。

GP/GP2、ポルタ、ミニポルタ向けの強化三脚

以前はビクセンGP/GPE赤道儀セットを買うと三脚としてAL130が付属していました。現在は、ポルタ/ミニポルタのセットを買うと標準で付属しています。この三脚は三脚台座の耳受けを2本のアルミ脚で挟み込む方式になっています。新しくなるSXG-AL130では耳受け部分を挟み込む2本のアルミ脚を鋳物で固定する方式となりねじれに強い構造になりました。軽量化されたことも特徴で、旧AL130と比べ0.6kg、SXG-HALと比べて2.4kg、旧HAL三脚と比べると0.6kg軽量となっています。

また、SXGという型番からも読めるように、SX/GP両用できるようになっています。但し、メーカーとしては、SXW/SXD/SXP、GPD/GPD2での利用は推奨していません。GP/GP2、ポルタ、ミニポルタといった軽量マウントに適するということでしょうか。

協栄大阪店での販売価格は19950円に対し15800円、2012年2月発行予定のカタログに掲載され、正式発売になるとのことでした。

協栄産業大阪店SXG-AL130

最近のビクセン三脚には三角板が付属していません。SXG-HAL三脚などでは三脚を開いたときの固定方法を変更しねじれに強くなったからということで付属しなくなったようですが、AL130のような固定方法では強度上ぐらつきが生じそうな気がします。三角板はビクセンマーケッティングオリジナル扱いで発売されており、AL三脚ではしっかりと固定する意味でも取り付けた方が良さそうです。勿論、HAL三脚などでもちょっとした物が置けるので取り付けた方が便利でしょう。取り付けは、三脚開き止めに取り付けビス孔があります。

ビクセンマーケッティング

スポンサーリンク

あとがき
SXGシリーズ三脚の開き止めステーは強度があまりないので、ぐらつき防止のためビクセンマーケッティング扱いの三角板をつけた方がよりしっかりした固定になる。
関連記事