1982年以降における8ビット機の標準的な性能

1982年から1985年頃までは8ビット機が全盛期、とも言えるが、特に本体価格10万円台の標準的な性能とはどういうところだっただろうか。

買ったパソコンが期待通りか、それとも見かけ倒しか決める一つのラインと言え、これを満たしていないパソコンは、確かにがっかりすることも多々あった。

等jはゲームのために使うことが多かったから、主にグラフィックスとサウンド機能が本体性能を決める、といってもよかった。いくらインタフェースが充実していても、画面のドットが荒かったり、サウンドが寂しいビープ音のみでは、後で必ずがっかりさせられることになり、買い換えるしか方法がないからであった。

スポンサーリンク

1982年以降における8ビット機のハードウェアのスペック

1.CPU:メインにはZ80Aまたは互換CPU。日立や富士通は6809を採用した。なお、キーボードなどにはサブCPUが採用されていた。

2.メインRAM:64KB。実際はROM-BASICのため使える容量は32KBになる。増設はできる機種とできない機種とがある。

3.ROM:BASICを格納する為のもので、32KB。電源を入れるとROMからRAMに転送される(64KBのRAMならBASICが32KB使うためユーザーが使えるRAMは残りの32KBとなる)。

4.グラフィックス用RAM:48KB。

5.グラフィックス機能:640×200ドット画面で8色表示。不足分はBASIC言語のタイリング機能で補った。

6.テキスト表示:40桁×20行?80桁×25行。8色表示。

7.漢字表示:グラフィックス画面にJIS第一水準漢字が表示させる。オプション扱いにしていたメーカーが多かったが1983年頃から標準搭載されるようになる。フォントはゴシック体。

8.標準搭載インタフェース

8-1.CRT出力:デジタルRGB出力。8色表示が実現した。

8-2.RF出力:家庭用テレビに繋ぐためのもの、通常はオプションだが、10万円以下の機種では標準搭載された。

8-2.モノクロ出力:グリーンディスプレイなどモノクロ出力。なおここにはライトペンが繋げる。

8-3.プリンタ:セントロニクス社仕様。

8-4.RS-232C:パソコン通信等。但し、コストが2,3万円アップするため、オプション扱いとしていたメーカーの方が多かった(その分グラフィックスやサウンド機能を充実させた)。

8-5.CMT:カセットインタフェース。プログラムやデータをオーディオカセットに記録させる。速度は300ボーと1200ボーが一般的だったが2400ボーというもっとも早いものもあった。また読み書き時エラー検出機能があるとないでは使い勝手に差があった。

10.フロッピードライブ:5.25インチ2Dインタフェースを装備。

11.サウンド:SSGサウンド3重和音。主にゲーム用。

これらのうち、シャープのX1初代機では、グラフィックスRAMが何故かオプションだった。また、漢字ROMはオプションで中をあけて専用スロットに装備させるものが多かった。また、FM-7などではテキスト表示がなかった。

本体デザイン:大半の機種は本体とキーボードが一体の構造。一方、PC-8801などでは本体とキーボードは分離されており、ケーブルで繋ぐようになる。後者は本体の上にCRTを載せられるので、省スペースにできる。

その当時も、本来はFDDとCRT(ディスプレイ)を備えるのが標準的なシステムだったが、1983年前半頃まではFDDは上級者向けの高額機器、とされていた時代で、容量も1D(160KB)のものが主体だった。そのため、時間がかかるとはいえ、オーディオ用カセットテープにプログラムやデータを記録させるという今では考えられないシステムだった。また、家庭用テレビに繋いで使うこともあり、どうしても色のにじみがひどかった。

複数CPUを搭載したマルチCPUマシンの意味

1.マルチCPU:メインCPUの他にグラフィックス用に別途CPUをおいたもの。これによりグラフィックスの高速化を図った。グラフィックス用CPUはメインCPUと同じものを使っていた。現在のデュアルCPUシステムとは基本的に違うものである。FM-7等は最初の頃これを声高に宣伝していたが、段々これを宣伝することはやめている。因みに当時よく使われていたZ80CPUは秋葉原あたりでは1個300円程度で購入できた(つまりCPUの値段の方が安い)。通常、キーボードや各種インタフェースなど入出力部分、つまり受付に相当する部分にはどの機種でも別途CPUをおくのが普通で、ことさらマルチCPUを強調する必然性はない。

2.Z80CPUカードを搭載可能:6809CPU機種では、専用スロットにZ80CPUカードを取り付けることができるものがあった。そのため、PC-8801などのソフトが動かせる、と誤解する人もあったが、これはCP/MというOSを動かす為のものであり、フロッピードライブの購入が別途必要である。勿論それだけの働きはする。

1985年以降はフロッピー、同時発色数の増加、音源機能

1.フロッピードライブ:PC-8801MKIIやFM-77等本体とキーボードが分離されているものでは、本体前面に2台取り付けられるようになる。組み込み専用ドライブは外付けの機種よりもずっと安い。メディアのサイズは5.25インチと3.5インチがあった。容量も 2D(320KB)が主体になる。このように、FDDは上級者向けではなくなり、低価格の入門機にも要求され、フロッピーがなければパソコンではないといえる時代に入っていく。

2.FM音源サウンド:1985年以降はFM音源3重和音、SSG音源3重和音が標準的になる。ゲームもリアルに楽しめるし、初歩的なコンピュータミュージックも実現できる。

3.グラフィックス性能:640×200ドットではあるが同時発色数が増加し、512色中から8色選べるようになる。また320×200ドットで4096色表示という機種も出てきた(主にAV対応を意識したらしい)。いずれも、アナログRGB出力に変更することで実現。

いくらインタフェースが充実していても、ゲームに利用することが多かった時代は、グラフィックスとサウンド機能が満足していなければがっかりさせられることになった。640×200ドットで8色表示、PSGサウンド搭載は必須条件と言えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました