PC-9801RX21/51 ※1989/10発売~286最盛期

「多彩なニーズにコストパフォーマンスで応えるデスクトップ」※RX

PC-9801RX21/51は後期RXシリーズというマシンで、CPUスペックは変更がないが、価格が6万円引き下げられて購入しやすくなった。MS-DOS全盛期であるから、286マシンにEMSを設定してHDDを接続するのが基本的な使い方だ。

RA/RS/RXとあわせて「R三兄弟」と呼んでいるが、EPSON互換機に対抗したのがこのシリーズでもある。

スポンサーリンク

PC-9801RXスペック

  1. CPU
    i286 12/10MHz
    V30 8MHz
    ※切り換えて稼働。
    ※コプロセッサ使用可。
  2. ROM
    N88-BASIC(86)及びモニタ96KB。
  3. メインRAM
    RA:1.6MB
    RX:640KB
  4. メインRAM増設
    RX:最大11.6MB(メモリ専用スロット3MB)
  5. ビデオRAM
    256KB。
  6. テキストRAM
    12KB。
  7. テキスト表示
    英数カナ80文字×25行 / 80文字×20行 / 40文字×25行文字 / 40文字×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット(キャラクタ単位に指定可)、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。キャラクタ単位に指定可)
  8. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    ※アナログRGB接続時4096色中16色
    ※デジタルRGB接続時8色表示
  9. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字2965種、JIS第2水準漢字3384種、非漢字885種、ユーザー定義文字機能188種、拡張漢字388文字
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 画面合成
    テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  12. バックグラウンドカラー
    8色表示可(専用高解像度ディスプレイ使用時)
  13. 内蔵FDD
    5.25インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  14. 外付けFDD用I/F
    2HD
  15. HDD
    内蔵可(SASI)※内蔵済みモデルあり
  16. キーボード
    (スカルプチャータイプ) JIS標準配列準拠、テンキー、コントロールキー、15ファンクションキー、キャピタルロック可、HELP、COPY、BS、INS、DEL、XFER、NFERキー。
    セパレートタイプ(本体とカールケーブルにより接続)
  17. シリアルI/F
    RS232C準拠準拠
  18. プリンタI/F
    セントロニクス社仕様
  19. マウスI/F
    バスマウス対応
  20. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ
  21. サウンド
    オプション(拡張スロット内に実装)
  22. 拡張スロット
    16ビットのCバス4個
  23. サービスコンセント
    2個
  24. 電源
    AC100V±10%、50/60Hz
  25. 使用条件
    10~30℃,20~80%(但し結露しないこと)
  26. 外寸
    本体 (W)380×(D)335×(H)150㎜。
    キーボード (W)435×(D)180×(H)34㎜
  27. 重量
    RX21:9.3kg。
    RX51:10.7kg。
    キーボード1.2kg。
  28. 主な添付品
    キーボード、電源ケーブル、アース線、保証書、グリーティングカード、お客様登録カード、ケーブルラベル、ケーブルカバー、サービス網一覧表
  29. 添付FD
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連(システムディスク、辞書ディスク(1)、辞書ディスク(2)、PCトレーニングディスク
  30. 添付マニュアル
    N88-日本語BASIC(86)Ver6.1関連3(ユーザーズマニュアル、リファレンスマニュアル、BASIC入門)、ガイドブック、日本語入力ガイド、
  31. 発売
    1989/10

HDDなしモデルには、SASI仕様のHDDを組み込み可能。内蔵メモリボードはRX用との互換性がないので、購入時はよく確認すること。

ラインナップ

  1. PC-9801RX21
    5.25インチFDD×2
    HDDなし(内蔵可)
    価格338,000円
  2. PC-9801RX51
    5.25インチFDD×2
    内蔵HDD40MB(SASI)
    価格508,000円

筐体デザインは3兄弟とも同じものを使っているので、ロゴを見ないと型番が分からなくなる。共通のものを使ったことはコストダウンに大きく貢献しており、3.5インチFDDモデルのEXよりも1万円安くなっている。

FDDの違いだけで差別化するのはおかしい

内蔵FDDの違いだけでリリースが半年以上も遅れたり、一部性能が差別されているのはおかしいものがあった。

EXとRXでは、メモリは640KB装備しているが、最大メモリ容量はEXでは9.6MB、RXでは11.6MBとなっているし、価格もRXの方が1万円安くなっている。すでに世界的には3.5インチが主流になりつつある時期だったのに、3.5インチFDD内蔵モデルを選ぶとコストダウンの恩恵を受けられないのはどんなものだろうか。

当時はまだRXでも十分だった

当時はまだ32ビットOSが決まらない状況で、32ビット機といえど高速な16ビット機として、MS-DOSで利用している状況だった。勿論32ビット機を使えば高速なMS-DOSマシンとして気持ちよく使えるから、予算があれば上位のRSシリーズを選ぶのが良いが、このRXを選んでもがっかりすることはないはずだ。ごくごく普通に使いたい人にはお勧めして間違いのないマシンだった。

寸評:誰にでもお勧め286マシン

このRXにEMSメモリとHDDを組み込んで使うのが標準的な方法だ。この組み合わせで94年ぐらいまでは大丈夫だった。MS-DOSの時代は意外なほど長く、Windows3.1が使われ出してからも現役で活躍していたのだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました