天体望遠鏡公式サポートサイト

現在は、インターネットから説明書やドライバ類をダウンロードできるようになっています。説明書はPDFファイル形式で、ドライバ関係は.exe/.zip形式が多くなっています。

日本人は日本のメーカー製品を使う方が良いのではないかと思いますが、海外製品についても触れておきます。また、初心者のうちは中古流通品には手を出さない人が多いでしょうが、ある程度経つと手を出すこともありましょう。

海外メーカーの製品は、日本の企業が海外メーカーと正式に代理店契約を結んで流通させていますが、国内代理店扱いではない個人輸入品・並行輸入品もあり、amazonや楽天市場でも多く見られます。

中古流通品の修理対応

タカハシ製品は、保証書がなくても製造ロット番号から製造日が分かるので期間内であれば無償修理になるとのことですが、これはすべてのメーカーの模範となることです。

CAT USED TELESCOPES

中古望遠鏡取扱店のページにある「買い取りについて」「FAQ」を見ると各メーカー・代理店の姿勢がよく分かると思うので参考にしてみて下さい。

※取扱説明書のダウンロード

Vixen 天体望遠鏡:STARBOOK関連ファームウェア、マニュアル(PDF)があります。動画マニュアルやカタログ請求も可能です。

タカハシ製品:取扱説明書はすべてダウンロードできます。但し初心者には難解なのではないかと感じられます。

CELESTRON ダウンロード:コントローラーのファームウェア、マニュアル類がダウンロードできます。

Meadeダウンロード:コントローラーのファームウェア、マニュアル類がダウンロードできます。

今のMeade代理店は知りませんが、以前ミックインターナショナル時代に子会社ニュートンが営業していた頃(西新宿)、ETXやLX200GPSの日本語説明書を読んだことがありますが、非常に難解なのではないのかと感じたことがあります。そういう点からも海外製品を使うのならやはり英文説明書が読めるようになっておいた方が良いです。

1.海外製品について

1-1.Starlight-Xpress:CELESTRONのFastarシステムでもっと も良いと思われるのがStarlight-XpressのCCDカメラです。円筒型なので副鏡部分にうまく収まりはみ出さない(コードを除く)上に軽量で す。勿論直焦点にも使えます。日本ではリライオン社が代理店になっています。日本語版の画像処理ソフトはありませんが、英語版で定評のあるMaxIm LE/MaxIm DL Proが利用可能です。

Starlight-Xpress本社ウェブサイト/リライオン社ウェブサイト

1-2.QSI:以前趣味人が代理店業務を行っていましたが、現在は三基光学館に円満移管しています。日本語版の画像処理ソフトはありませんが、英語版で定評のあるMaxIm LE/MaxIm DL Proが利用可能です。

QSI社(アメリカ)/三基光学館

1-3.SBIG:国際光器が代理店業務を行っており、英語版で定評のあるMaxIm LE/MaxIm DL Proが利用できる他、アストロアーツのステライメージが利用できます。

SBIG/国際光器

2.海外製品の修理についてはどうなるか

日本代理店経由で購入したものは代理店に送れば良いですが、個人輸入品や並行輸入品などの代理店経由で購入していない製品が修理の必要が出た場合はどうするか、ということです。最近は並行輸入業者が多くなっていることや代理店経由 で買うと倍以上の内外格差があることは多くの人が知っていると思います。

法律上(独占禁止法)は個人輸入品や並行輸入品であることだけを理由に修理拒否することはできません。但し、代理店経由品と並行輸入品との間で修理条件に差違を設けることは即違法、というわけではありません。

並行輸入品の修理受託の拒否(公正取引委員会の見解)

実際には修理拒否する代理店(敢えて名前は伏せる)がありますが、法律を理解していないだけでなく、iPad等の製品は海外で購入した製品でも国内サポートがあることを考えると、望遠鏡業界は所詮狭い世界なのかな、と感じます。

直接メーカーに送り返して対応する方法もありますが、この場合は海外メーカーの保証規定によります。

先のある中古望遠鏡販売店が海外製品の買い取りについて見解を書いているのでご覧ください。

輸入製品を新品購入の際、将来的にご自身が使い潰すつもりでしたら問題なしですが、買取や個人売買に出す予定のある場合(多くの方はそのようになるかと思いますが。)は、新品の購入時に「将来的に買換える場合、他の人の手に渡った場合にも、メンテナンス等は受け付けてもらえるのか?」を確認してください。メンテナンスは行ってもらえるということを書面等で明確にしてからご購入された方が良いです。メンテナンスは出来ないと言われた場合、故障などの場合に修理がしてもらえず、どうにもならなくなる場合が多いですので、これだけは十分にご注意の上、ご購入ください。海外製品は電気系統が特に弱そうですので。尚、「将来的にユーザーが変わっても、アフターサービスはお受けします。また、個人輸入品や並行輸入品のものでも、メンテナンスはお受けします。個人輸入品のものについても商品についてのご質問は何でもお聞きください。」と断言してくれる販売店は、確実に信用があり安心できるものと思います。(ただ、そのような販売店が世の中にあるかどうかは不明でございますが.....)

http://cat.arsnv.co.jp/index.php?main_page=buy_infoより

個人輸入品や並行輸入品であっても修理対応すれば修理代金も入るし、引き受けない代理店の商売っ気のなさには何かなあ・・・、という気もしますがどんなものでしょうか。まして中古流通品といえど、元をたどれば代理店経由で正規に売ったものな訳ですし。

スポンサーリンク

あとがき
製品サポートの優等生は高橋製作所で、これは他のメーカーにも見習ってほしいところ。取扱説明書のダウンロードはビクセンと高橋製作所は自社サイトにPDFで用意されている。海外製品は日本語説明書は難解なものが多く、改善が望まれるが、そういう意味でも、英文マニュアルが読めるようになっておいた方がよい。
関連記事