PC-9801FS/FX 今さら386SXではない

「ビジネスの発展にフレキシブルに対応する、中核モデル」※FS

「拡張性と経済性を追求した、32ビットデスクトップマシン」※FX

FA/FS/FXはFAが486SX、FS/FXが386SXというラインナップになる。F型番は以前にも使われていたのが再使用されたが、以前のF型番機と混同の元になりそうな感もある。

D型番機の時はCPUとどれも据え置きで足踏み状態だったが、F型番機ではCPUがアップしている。すべてが32ビットCPUとなり、Windows3.0にも対応できる。

FS/FXは1992/5発売。なお、FS/FXともCPUはクロックが異なるだけなので、ここでまとめて取り上げる。

続きを読む "PC-9801FS/FX 今さら386SXではない"

PC-9801DS DAと同じ1MBのメモリ標準装備とせよ

「知的オフィスにエントリー、経済性に応える32ビットデスクトップ98」

DXのところでも書いたように、歴史的なV30にも終わりが来たことを伺わせるのがこのマシンで、同時に内蔵FDDの違いだけで型番が変わったりリリースが遅れるといったこともなくなった。DSはRS/ESのモデルチェンジ機で、3.5インチFDD内蔵モデルには/Uの型番がついて区別されている。

CPUスペックは386SXの16MHz据え置きで、足踏み状態だ。

この他では、FM音源/SSG音源が標準装備されたこと、ソフトウェアディップスイッチのへの変更がある。DXの後を追って発売された。

続きを読む "PC-9801DS DAと同じ1MBのメモリ標準装備とせよ"

PC-9801DX 最後の16ビット286マシン

「幅広い業務のニーズに応えるデスクトップ98のスタンダードモデル」

DXはRX/EXのモデルチェンジ機で、3.5インチFDD内蔵モデルには/Uの型番がついて区別されることとなった。内蔵FDDの違いだけで型番が変わったりリリースが遅れるといった不思議なこともなくなった。V30の搭載はなくなり、代わって286CPUがV30をエミュレーションする様に変更された。どうやら歴史的なV30にも終わりが来たことを伺わせるのがこのマシンだ。

この他では、FM音源/SSG音源が標準装備されたこと、ソフトウェアディップスイッチへの変更などがある。CPUはクロックアップはなく足踏み状態だ。

続きを読む "PC-9801DX 最後の16ビット286マシン"

PC-9801RS21/51 「3.5インチFDDマシンの方が安い」の原則が崩れた

「オフィスワークを力強くサポートするエントリーモデル」※RS

互換機メーカーエプソンPC-386/PC-286に対抗して発売されたのがPC-9801RA/RS/RX3兄弟で、PC-9801標準機となっている。RSモデルはCPUには386SXを採用し、16MHzで稼働させるマシンである。

PC-9801は型番の後ろに1がつくモデルは最終モデルであり、RSは最初から最終機で出たということになり、後継機種は別の型番になる。

NECは386DX、386SX、286と一通りCPUを揃えなければならないという強迫観念があったのだろうか、というふうに感じてしまうラインナップだ。

続きを読む "PC-9801RS21/51 「3.5インチFDDマシンの方が安い」の原則が崩れた"

PC-9801RX21/51 286最盛期

「多彩なニーズにコストパフォーマンスで応えるデスクトップ」※RX

PC-9801RX21/51は後期RXシリーズというマシンで、CPUスペックは変更がないが、価格が6万円引き下げられて購入しやすくなった。MS-DOS全盛期であるから、286マシンにEMSを設定してHDDを接続するのが基本的な使い方だ。

RA/RS/RXとあわせて「R三兄弟」と呼んでいるが、EPSON互換機に対抗したのがこのシリーズでもある。

続きを読む "PC-9801RX21/51 286最盛期"

PC-9801EX EPSON互換機「PC-386M」に負けた286マシン

「多彩に使いこなせる3.5インチデスクトップ98。」※EX

PC-9801EXはPC-9801UXの後継機。E型番はおそらくエントリーという意味だろうが、過去に使っていた型番を再度使用するというのは紛らわしいネーミングだろう。

RXシリーズに準じて、286 12MHzとV30 8MHzを搭載している。

続きを読む "PC-9801EX EPSON互換機「PC-386M」に負けた286マシン"

PC-9801RX2/RX4 CPUのクロックを12MHzに引き上げる

「高速・大容量化で、高度なビジネスニーズに応える新・標準機。」※RX

RX2/RX4はVXシリーズの後継機種で、CPUのクロックを12MHzに引き上げている。一方で、V30は8MHz固定となり、扱いの軽さが目立つようになっている。また、FDDオプションモデルはなく、すべて内蔵済みとなっている。

このときに採用された筐体は、Dシリーズまで継続して使われることとなり、コストダウンにも大きく貢献している。

続きを読む "PC-9801RX2/RX4 CPUのクロックを12MHzに引き上げる"

Archives