NEC PC-9801備忘録

PC-98型番機

PC-98GS 91/11 マルチメディアの実験機 ※1991/11発売

「98から始まるマルチメディア。」 「文字も、画像も、サウンドも。人が求めるメディアコミュニケーション、PC-98GS登場。」後にPC-9821Aシリーズの原型になる。
PC-9801デスクトップ機

PC-9801CS 98では何故か人気がなかったCRT一体型 ※1991/10発売

「人に、オフィスに優しいディスプレイ一体型モデル」386SX等はやめて、早く468へ移行するべき時期になっていた。
PC-H98シリーズ

PC-H98 model80/U80 486SX 16MHz搭載NESAマシン ※1991/12発売

PC-H98にも、Windows3.0インストールモデルが登場した。Windowsは、ご存じの通り、ハイレゾでこそ本領を発揮するのだが、当時は知る人は少なかったと思う。 CPUも最適な486SXを使っており、コプロセッサの搭載も可能。...
PC-H98シリーズ

PC-H98S model 8/U8 ノーマルモード専用NESAバス搭載マシン ※1991/5発売

「コストパフォーマンスのノーマルモード専用H98」NESAとハイレゾに揺れるマシン。
PC-9801デスクトップ機

PC-9801DA PC-H98に遠慮してCPUは足踏み状態 ※1991/2発売

「ビジネスをさらに進化させる、価値ある32ビットデスクトップ98」CPUのクロックアップはなく、最先端を行く98、というイメージが崩れてしまった。
PC-9801デスクトップ機

PC-9801DS DAと同じ1MBのメモリ標準装備とせよ ※1991/2発売

「知的オフィスにエントリー、経済性に応える32ビットデスクトップ98」このマシンを選択する人はWindows3を意識しているから、1MBメモリを標準装備するべきだった。
PC-9801デスクトップ機

PC-9801UR/UF 98NOTEのメモリが使えるコンパクト機1991/2

「都市空間を考えた省スペーステスクトップ」最後のデスクトップV30搭載機
PC-9801デスクトップ機

PC-9801DX 最後の16ビット286マシン ※1990/11発売

「幅広い業務のニーズに応えるデスクトップ98のスタンダードモデル」286マシンはこれで終了し、X型番機も32ビットに移行した。
PC-98型番機

PC-98DO+ 水陸両用をねらったが ※1990/10発売

「ハートふたつのやさしいパソコン。」「"98のビジネスソフトも使いたい。でも88のホビーソフトも魅力的。"こんなワガママ新しいDO+なら、心地よくひきうけてくれます。」機能的には問題なかったが、すでに時期を逸していたために、商業的には失敗に終わった。
PC-98型番機

PC-98HA 小さければいいってものでは… ※1990/10発売

「情報社会を漫遊しよう。みんなの、新ツール・HANDY98。」これを買うならモデルチェンジされて値崩れし始めたPC-9801N「98NOTE」を買った方が良いだろう。
タイトルとURLをコピーしました