PC-98型番機

実験機的な色彩が強いシリーズで、PC-9801と互換性のないマシンもありますが、PC-9801を内蔵することで互換性を維持している機種もあります。

PC-98型番機

PC-98GS 91/11 マルチメディアの実験機 ※1991/11発売

「98から始まるマルチメディア。」 「文字も、画像も、サウンドも。人が求めるメディアコミュニケーション、PC-98GS登場。」後にPC-9821Aシリーズの原型になる。
PC-98型番機

PC-98DO+ 水陸両用をねらったが ※1990/10発売

「ハートふたつのやさしいパソコン。」「"98のビジネスソフトも使いたい。でも88のホビーソフトも魅力的。"こんなワガママ新しいDO+なら、心地よくひきうけてくれます。」機能的には問題なかったが、すでに時期を逸していたために、商業的には失敗に終わった。
PC-98型番機

PC-98HA 小さければいいってものでは… ※1990/10発売

「情報社会を漫遊しよう。みんなの、新ツール・HANDY98。」これを買うならモデルチェンジされて値崩れし始めたPC-9801N「98NOTE」を買った方が良いだろう。
PC-98型番機

PC-98DO 笑えるマシン? ※1989/6発売

「98DO(ドゥ)は、98と88のソフトが1台で楽しめる、生まれながらのマルチタレントです。」実際はどこをとっても中途半端な機能な上、機能不足なマシンで、98/88双方のユーザーから敬遠された。
PC-98型番機

PC-98RL 最後のCバスハイレゾモデル※1989/2or1990/9発売

次世代98と目されるPC-H98シリーズの登場で、微妙な立場となってしまい、Cバス使用のハイレゾマシンはこれで最後となった。
PC-98型番機

PC-98LTmodel11/model21 PC-9801完全互換とせよ※1987/11or1988/11発売

PC-98LTがマイナーチェンジされ、キャリングハンドルがついて、メインRAMが640KBに増量された。
PC-98型番機

PC-98XL2 32ビットCPUだけが売りもの ※1987/10発売

「限りない可能性を秘めた32ビット機」NECは高価なコンピューターが好きなようだ。
PC-98型番機

PC-98LTmodel1/model2 互換性のないユーザー不在マシン ※1986/11発売

「ビジネスの行動範囲を広げるラップトップ16ビット」PC-9801とのソフトウェア互換性がないこのマシンは勧められない。
PC-98型番機

PC-98XL 価格ほどの価値がないマシン ※1986/11発売

「プロフェッショナルの高度な要求に応える16ビット最高峰。」ハイレゾモードとノーマルモードのグラフィックスを同居させるという、かなり苦肉の策だった。
PC-98型番機

PC-98XA 初のハイレゾリューション搭載機 ※1985/5発売

「スーパー・パソコンPC-98XA登場。」※1985年5月発売 「スーパーパソコン98XAがパソコンのイメージを変えた。」※1986年5月マイナーチェンジ
タイトルとURLをコピーしました