第287話「恋と推理の剣道大会」

平次が出場する剣道大会の観戦に来たコナンと蘭、和葉。準優勝と優勝の決戦は休憩を挟んで午後二時から。コナンと蘭は会場外のトイレで審判員だった抜谷士道の遺体を発見する。

そこに平次のライバル・沖田総司が現れ、新一そっくりの姿に蘭とコナンは驚く。そこへは沖田を追った平次もやってくる。高木刑事と佐藤刑事が入り捜査が始まる。一方、和葉は会場で待機し、紅葉も会場に入っていた。

スポンサーリンク

原作回、登場人物、場所など

FILE.990「今日こそ決着を」第93巻FILE.9
FILE.991「手ェ出さんとき」第93巻FILE.10
FILE.992「ここで会うたが・・・」第93巻FILE.11
FILE.993「ちょー待て」第94巻FILE.1

登場人物

  1. 江戸川コナン
    主人公。剣道大会に出場する平次を応援するため蘭と東都体育館にやって来た。
  2. 毛利蘭
    剣道大会に出場する平次を応援するためコナンと東都体育館にやって来た。
  3. 服部平次
    東都体育館で剣道大会に出場し、準決勝出場まで行っていた。優勝したら、和葉に告白しようとしていた。
  4. 遠山和葉
    平次を応援するためにコナン、蘭と一緒に東都体育館にやってきた。制服姿。
  5. 佐藤美和子
    警視庁捜査一課刑事。警部補。東都体育館で起きた殺人事件の捜査に入る。
  6. 高木渉
    警視庁捜査一課刑事。巡査部長。東都体育館で起きた殺人事件の捜査に入る。
  7. 大岡紅葉
    紅葉お嬢様。平次を「未来の旦那様」と呼んでおり、優勝したときは祝賀パーティーを開こうとしていた。
  8. 伊織無我
    大岡家執事。平次の優勝は少々危ういことを伝える。
  9. 沖田総司
    紅葉と同じ高校/同じクラスに在籍。工藤新一とそっくりなのにコナンと蘭は驚く。元は「YAIBA」の主人公で、ゲスト出演。
  10. 抜谷士道(43)
    大会審判員。胃腸薬を飲んだ直後に、京都泉心高校の道着と防具を着た人物にカッターナイフのようなもので首を切られて殺害される。
  11. 安岡克成(78)
    事件目撃者だが盲目。若い頃は剣道をやっていて、会場の外で漏れてくる音を聞きに来ているという。容疑者の姿は見ていないが、誰かが会話している声を聞いていた。
  12. 法村稔司(40)
    大会審判員。剣道の有段者で、抜谷に判定が甘いと意見したら、文句があるなら自分に勝ってから言えと言われてカチンときたと話す。
  13. 横手恒之(28)
    フリーター。定森に横手が連れの女に自慢してるところを見た、その時抜谷ともめてた、それで連れの女は呆れて横手を残して帰ったのを見たと証言された。
  14. 定森朱音(31)
    元自衛官。抜谷の持っていたスマホに一緒に写っている写真があった。横手に定森が定森に奥さんと別れてくれないと死ぬだの殺すだの言っていたと証言された。
  15. 生越倉彦
    準決勝での平次の対戦相手で神奈川代表。不戦勝となった。
  16. 鬼丸猛
    準決勝での沖田の対戦相手で東京代表。不戦勝となった。「YAIBA」の登場人物。

場所

  1. 東都体育館
    平次と沖田が出場した剣道大会の会場。事件発生現場でもある。

内容のポイント

事件現場の近くのトイレからは、大会審判員の法村稔司、フリーターの横手恒之、元自衛官の定森朱音が現れる。3人とも抜谷と面識があり、殺害する動機もあった。佐藤刑事の提案で、次の試合開始時間までに事件を解決することになった。

容疑者は法村稔司で、2年前に自殺した息子の竹刀をバラし、その1枚の竹を薄く尖らせて犯行に使ったのだった。優勝だったのに抜谷が贔屓して負けにしてそれを苦に自殺したと思い込んでいたのである。

沖田に贔屓ではなく抜谷はガッツポーズだと勘違いしていたといわれ逆上した法村は竹刀で沖田と平次に斬りかかっていく。沖田と平次が反撃する前に蘭の蹴りが決まって撃退。

蘭はそのまま沖田と平次の腕をつかんで会場へと引っ張っていくが、時すでに遅し、2試合とも対戦相手の生越と鬼丸の不戦勝となっていた。

和葉は怒って

平次のアホアホアホアホアホアホー!!

となるのであった。

アニメ版

第916話「恋と推理の剣道大会(前編)」

第917話「恋と推理の剣道大会(後編)」

DVD収録

PART28Vol.5

ーーー

(Visited 4 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました