第294話「キッドVS高明 狙われた唇」

コナン、小五郎、蘭、そして大阪から上京した平次と和葉は世界最大級のコンクパールのビッグ・ジュエル「妖精の唇(フェアリー・リップ)」の見物のために東京の鈴木大博物館へ行く。「妖精の唇」には怪盗キッドの予告が届いていた。警視庁へ私用で訪れた来た長野県警の諸伏警部も加えて、コナンと蘭、小五郎と中森警部と共に警護する。

スポンサーリンク

原作回、登場人物、場所など

  1. FILE.1018「氷中」第96巻FILE.4
  2. FILE.1019「入替」第96巻FILE.5
  3. FILE.1020「翻弄」第96巻FILE.6
  4. FILE.1021「遺品」第96巻FILE.7

登場人物

  1. 江戸川コナン
    主人公。蘭、小五郎、平次、和葉と一緒に東京の鈴木大博物館に展示の妖精の唇を見に行くが、怪盗キッドが和葉に化けていることを気づき、小五郎と蘭にはそのことを話す。
  2. 工藤新一
    修学旅行編で蘭とのシーンで登場。
  3. 毛利蘭
    鈴木大博物館に展示の妖精の唇を見に行く。和葉には(平次と)ラブの予感かもと言う。
  4. 毛利小五郎
    (次郎吉が)ど派手にキッドに喧嘩をふっかけやがったなと言いながら、すげー警備で問題の宝石はろくに見れないぞと言っている。
  5. 服部平次
    「妖精の唇」の見物のために和葉を伴い東京の鈴木大博物館へやって来た。和葉に変装したキッドと二人きりになったところで変装に気づけず告ろうとした。
  6. 遠山和葉
    服部平次と一緒に「妖精の唇」の見物にやって来た。キッドに気絶させられトイレに監禁される。
  7. 怪盗キッド
    機動隊員に変装して「妖精の唇」を狙う。さらには和葉にも変装する。奪った「妖精の唇」は元の持ち主である山本萌奈に返している。
  8. 大和敢助
    長野県警の刑事。階級は警部。
  9. 上原由衣
    長野県警刑事。大和敢助、諸伏高明とは幼馴染み。
  10. 諸伏高明
    長野県警刑事部捜査一課の刑事。階級は警部。自分宛と思われる封筒を受け取りに警視庁まで訪れたが、「妖精の唇」は氷に中に封じ込めるように提案する。
  11. 鈴木次郎吉
    鈴木財閥総帥で、中森警部に「妖精の唇」の警護を依頼する。
  12. 鳥越苗路
    宝石ブローカー。山本萌奈から宝石「妖精の唇」の鑑定の約束をしていたが、騙しとって自分のものだと称した。
  13. 山本萌奈
    会社員。宝石「妖精の唇」は本当は自分の祖母のものだと主張して言い争いになり、排除されてしまう。
  14. 佐藤美和子
    警視庁捜査一課の警部補。伊達がやんちゃし過ぎたせいで、自分達の年だけ警察学校の規律が厳しくなったという。
  15. 高木渉
    警視庁捜査一課刑事で巡査部長。佐藤の後輩。伊達のロッカーから出てきた穴の開いたスマホを諸伏に返す。
  16. 諸伏景光(幼少)
    後編で登場。公安警察官で、諸伏高明の弟であることが明らかになる。殉職。
  17. 安室透
    最後に幼少期の諸伏景光と一緒にイメージで登場。警察学校時代「ゼロ」と呼ばれていたことが明らかに。伊達、松田、諸星陣平、萩原研二と警察学校時代同期。4人は殉職してしまったが、安室は唯一生き残っている格好になっている。
  18. 伊達航
    1年前に交通事故で殉職。警察学校時代のイメージで登場。
  19. 松田陣平
    警察学校時代のイメージで登場。殉職。
  20. 諸伏景光
    警察学校時代のイメージで登場。殉職。
  21. 萩原研二
    警察学校時代のイメージで登場。殉職。
  22. 森銀三
    警視庁捜査二課知能犯係の刑事で警部。怪盗キッド専任。宝石ブローカーの鳥越苗路を逮捕する。

場所

  1. 新幹線の車中(700系)
    服部平次と遠山和葉が東京へと向かっている。
  2. 毛利探偵事務所
    コナン、蘭、小五郎がいる。蘭は和葉からTELを受け、小五郎は(次郎吉が)ど派手にキッドに喧嘩をふっかけやがったなと言ってる。
  3. 警視庁
    中森警部と次郎吉がいて、そこへ諸伏もやってきた。
  4. 鈴木大博物館
    怪盗キッドが狙っている宝石を氷の中に閉じ込めた。
  5. 長野県警本部
    大和敢助、上原由衣、諸伏高明が在籍する県警。
  6. 教会
    山本萌奈が宝石を取り返せなかったことを祖母に懺悔しているところへキッドが返しに来る。

内容のポイント

「妖精の唇」は、たまたま私用で警視庁に来ていた長野県警・諸伏警部の提案により、全方向から涼やかに見られるように氷の中に封じ込めてあった。ここには中森警部と長野県警本部捜査一課の諸伏高明警部もいる。

和葉に変装したキッドは氷の中にたくさんの宝石を増殖させるマジックをみせるが、諸伏警部はフローラルアイスパフォーマンスと見破り、その場にいた平次と変装和葉は怪しまれてしまう。入口のセンサーに反応せず、その場は逃れる。

キッドは展示室で「妖精の唇」を手にしたところでコナン、小五郎、蘭、服部、警官隊の前に和葉に変装した姿をさらしてしまうが、例によってマジックでその場から消えた。

「妖精の唇」は宝石ブローカーの鳥越苗路が山本萌奈の祖母からだまし取ったもので、諸星高明警部も気がついていて、鳥越苗路は中森警部にゆっくり話を聞かせてもらおうかとなった。

山本萌奈は教会で「妖精の唇」を取り返せなかったことを祖母に謝っていた。そこにキッドが現れ、「私が狙った宝石ではなかったようなので…」と山本萌奈に「妖精の唇」を返していた。

今回は怪盗キッドが服部平次と遠山和葉と始めて相まみえる回でもあった。

伊達、松田、諸星陣平、萩原研二と警察学校時代安室とは同期だったことも明らかになった。

アニメ版

  1. 第983話「キッドVS高明 狙われた唇(前編)」2020年10月3日
  2. 第984話「キッドVS高明 狙われた唇(後編)」2020年10月10日

DVD収録

DVD Part30 Vol.7

(Visited 1 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました