EPSON PC-286L ※1987/11/5

「コンパクトボディにPCの本格機能を満載した機動型互換機が誕生。」

EPSONが発売したPC-9801互換機には勿論ラップトップモデルもあり、PC-286Lがそれで、1987年11月5日に発表、11月下旬より出荷開始された。

PC-98LTとは異なり、PC-9801完全互換である。

スポンサーリンク

EPSON PC-286Lスペック

  1. CPU:V30 10MHz
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:640KB。3.6MBまで増設可(内部拡張スロットに増設)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行 ※切り換えて使用。
    文字及びグラフィック記号(248種)
    リバース、ブリンク、シークレット、8色表示カラー(黒、青、赤、マゼンタ、緑、シアン、黄、白。アナログディスプレイ接続時。本体液晶使用時は8階調表示)。※キャラクタ単位に指定可。
  7. グラフィックス表示
    640×400ドット2画面
    640×200ドット4画面
    8階調表示
    ※アナログディスプレイ接続時は4096色中16色表示可
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面
    640×200ドット16画面
  9. 画面合成:テキスト/グラフィックス画面の合成可(優先順位付け可)
  10. 漢字表示標準搭載
    文字構成:16×16ドットゴシック体
    文字種類:JIS第1水準漢字、JIS第2水準漢字、非漢字、拡張漢字、ユーザー定義文字機能
    画面構成:40文字×25行、40文字×20行
    ※グラフィックス/テキスト画面に表示可
  11. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDDを2台内蔵。
  12. HDD:内蔵可(SASI)※H20はSASI HDD10MBを内蔵済み
  13. シリアルI/F:RS232C準拠
  14. プリンタI/F:セントロニクス社仕様準拠
  15. マウスI/F:バスマウス仕様
  16. CRT接続:アナログRGB接続可
  17. サウンド:BEEP音
  18. 拡張スロット:Lバス2個(Cバスを独自に小型化した汎用バス)
  19. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDD内蔵。STD-S/STD-Nは2台。H10Nは1台
  20. HDD:SASI内蔵可(H10NはSASI10MB内蔵)
  21. バッテリ:約1時間利用可(ACアダプタも付属)
  22. 寸法:345(W) x 335(D) x 79(H)㎜
  23. 重量:STD-N 6.3kg/H10-N 9.4kg/STD-S 6.1kg

ラインナップ:1987/11/5発表

  1. PC-286L STD-S:318,000円 2階調表示のSTN液晶
  2. PC-286L STD-N:348,000円 NTN液晶
  3. PC-286L H10N:468,000円 NTN液晶

HDD標準内蔵モデルは「H」、HDDは内蔵可能モデルは「STD」の型番がついており、この大きさでHDDを内蔵可能としたのは当時としては感心する。液晶はカラーはまだモノクロで、-Sモデルは2階調表示のSTN液晶、-NモデルはNTN液晶(白色表示)で、カラー表示を前提としたアプリではやや見難いものだった。まだバッテリも1時間程度しか稼働できないので、ACアダプタは必需品だった。

EPSONがPC-9801互換ラップトップを出してきたことで、NECはあわててPC-9801LVを発売することになった、PC-9801との互換性がないのに「PC-98LT」が売れると思ったのだろうか、EPSONはその生産力では追いつかないほど、PC-286Lを販売したのである。NECは反省するべきだと例の「よいパソコン悪いパソコン(大庭俊介)」でいわれた。

本機はCPUは80286ではなく、NECが独自開発した8086互換のV30を採用しており、型番が286なのにCPUがV30というのはおかしいのではないのか、という向きもあった。

型番が286でも実際にはV30を使用していた。PC-9801完全互換のラップトップ機ということで人気が出て、EPSONはその生産力では追いつかないほど売れたともいわれており、本家NECを慌てさせたともいわれている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました