FM-11 ST/AD/EX FM-7の上級機

FM-7がFM-8のモデルチェンジ機として価格を引き下げて発売されたときに、上位機種として発売されたのがFM-11で、FDDを内蔵可能となっており、筐体は一言でいえば「でかい」というほど大型のものである。

6809搭載モデルは1982年11月、また8088搭載モデルは1984年2月に発売。いずれも本体とキーボードを切り離した「セパレート型」である。

イメージキャラにはタレントのタモリを起用。

スポンサーリンク

FM-11シリーズのスペック表

  1. CPU
    FM-11ST/AD:68B09E 2MHz
    FM-11EX:68B09E 2MHz / 8088 8MHz(同時使用不可)
    ※Z80A搭載可:4MHz、CPUカードスロットに実装可
  2. サブCPU
    68B09E 2MHz
  3. ROM
    ブート4KB
  4. メインRAM
    128KB。最大1MB。
    BASIC使用時76KB
  5. グラフィックVRAM
    192KB
  6. テキスト表示
    文字数最大2,000文字
    80字×25行、80字×20行
    ブリンク、リバース、16色表示
  7. カラーグラフィックス
    640×400ドット2画面。
    640×200ドット4画面。
    ※8色または16色表示
  8. モノクログラフィックス
    640×400ドット4画面。
    640×200ドット16画面。
  9. 漢字表示
    JIS第1水準漢字2965種、非漢字453種(オプション)
    表示構成40字×25行(専用CRT使用時)、40字×20行
    文字構成16×16ドット
    ユーザー定義文字約1,000種
    拡大表示機能
  10. FDD
    2D(320KB)のFDDを最大2台内蔵可能
    ST:オプション
    AD/EX:1台標準装備
  11. カードスロット
    CPU:2
    汎用:5
    漢字ROM用:1
    320KBフロッピーインタフェース(STモデルのみ。F-BASIC ROMカードと排他使用)
  12. パラレルI/F
    セントロニクス社規格準拠
  13. シリアルI/F
    RS232C準拠。19200bps
  14. ライトペンI/F
    内蔵
  15. カセットI/F
    内蔵。1600bps
  16. HDD
    I/F別売
  17. バブルカセットホルダ
    I/F別売
  18. CRT出力
    デジタルRGB、モノクロディスプレイ。
    家庭用テレビ出力可(別売アダプタが必要)
    テキスト画面とグラフィックス画面をモノクロCRTとカラーCRTに分けて出力可。
  19. 外寸
    (W)464x(D)360x(H)153㎜
  20. 重量
    11.8kg
  21. 添付ソフト
    FM CALC(表計算ソフト)
    CP/M-86(FM-11EXモデルのみ)
  22. 価格
    FM-11ST:268,000円
    FM-11AD:338,000円
    FM-11EX:398,000円
  23. 発売:1982/11

CPUはカードスロットに搭載する。ソケットを使って実装する方式であり、交換が簡単に行えたため、68B09Eから日立 HD63C09Eへ、8088からNEC V20への交換が流行したという。

Z80カード(純正オプション)はメモリマッピングレジスタを装備し、最大1MBのメインメモリをサポートする。

純正オプションでZ80カード(Z80A 4MHz、CP/M-80付属)が、サードパーティーからは68008カードや68000カード、独立したRAMを搭載しメインCPUと同時動作が可能なZ80Bのカードも発売された。

BASICをROMで搭載するのはSTのみ(BASICはシステム起動時RAMにロードされる)だった。他のモデルはディスクの利用を前提とするので、BASICをROMで持たない「クリーンコンピュータ」であった。

初版2008年2月12日

個人でもパソコン通信のホスト局を開設される方がいた。RS232Cポートが純正品オプションでも最大5ポート使用できたことから、5台のモデムをつないだBBSのホスト機として使った人は多かったという。8ビット機全体が終焉を迎えた1988年でもFM-11でホスト局をやっている人は多かったという逸話もある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました