FM-16β 良いパソ悪パソでべた褒めされながら不遇に終わったマシン

富士通の16ビットパソコンとして発売されていたのがこのFM-16βで、FM-11の後継機として1984年12月に発表されました。

個人から企業まで幅広いニーズを与えられたものの、製品ラインから落ちるのも割と早く、1987年にはFMRシリーズに置き換えられています。

FM16βは、発売時期をキャッチしたNECがPC-9801M(実質VMまでの繋ぎ)を1ヶ月先に発売したことから、よいパソコン悪いパソコン(大庭俊介)でべた褒めされた他はあまり話題には上らなかったと記憶しています。

FM-16βスペック

CPU

  1. FM16β FD,HD:80186(8MHz)
  2. FM16β FDI,HDI:80186(8MHz)/(80286カードオプション)
  3. FM16β FDII,HDII:80286(8MHz)

コプロセッサ

  1. FM16β FDI,HDI:8087(オプション)
  2. FM16β FDII,HDII:80287(オプション)

メモリ

  1. FM16β FD,HD:512KB、最大1MB
  2. FM16β FDI,HDI:1MB
  3. FM16β FDII,HDII:1MB、最大3MB

etc

  1. サブCPU:68B09E
  2. グラフィックRAM:192KB
  3. グラフィック表示:640×400ドット,2画面,16色中8色指定
  4. テキスト表示:40字×25行
  5. 漢字ROM:JIS非漢字453種,JIS第1水準漢字2965種,JIS第2水準漢字3384種(標準装備)

システムソフト

  1. FM16β FD,HD:日本語CP/M-86、MS-DOS V3.1(発表時はなし,後にサポート)
  2. FM16β FDI,HDI,FDII,HDII:日本語CP/M-86、MS-DOS V3.1、286XENIX

搭載FDD/HDD及び価格

  1. FM16β FD(5インチ2HD FDD2基)1984年12月 価格?
  2. FM16β HD(5インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1984年12月 価格?
  3. FM16β FDI(5インチ2HD FDD2基)1986年2月 330,000万円
  4. FM16β HDI(5インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1986年2月 605,000円
  5. FM16β FDII(5インチ2HD FDD2基)1986年2月 380,000万円
  6. FM16β HDII(5インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1986年2月 655,000円

※各モデルとも、キーボード別売り。JIS、親指シフト各25,000円。

他社に先駆けて80186(クロック周波数8MHz)を搭載。後に、80286(ク ロック周波数 8MHz)が追加された。グラフィックVRAMとして192KBを搭載、640x400ドット、ドット単位に8/16色、カラー2/モノクロ16画面のマ ルチページをもつ。グラフィック用カスタムLSIの採用によりソフトウェア処理に対して約30倍の描画速度を実現。さらにテキスト用 (ANK)VRAM4KB、漢字用VRAM4KBを別にもちJIS第一、第二水準ROM標準実装により漢字をサポート。2種類のキーボード(親指の位置に 変換キーを搭載したJISキーボードと親指シフトキーボード)を提供。

OSは日本語を強化したCP/M-86、日本語MS-DOSおよび286XENIX(発表時はCP/M-86のみ利用可)、その後のFMRシリーズへと展開された。

FM-16β
CPUは80186(8MHz)、512KBメインRAM(最大1MB)、5"FDD(1MB/640KB)x2のFDタイプと5"FDDx1+10MBHDDx1のHDタイプが有る。
他のFMシリーズと同じように-(ハイフン)が入っている。:筐体には両タイプともFM-16βと書いて有る。CP/M-86V1.1L4.0を標準搭載。MS-DOSV2.1オプション。
FM16β
FD、HDタイプは変わらず、新たに5"FDDx2で256KBメインRAM(最大768KB)JIS第二水準ROMオプションのSDタイプが追加される。同時に発表されたFM16πと共にFM16βと-(ハイフン)無しになる。筐体にはそれぞれFM16βFD、FM16βHD、FM16βSDと書いて有る(FD、HDの品番は同じ)。
FM16βI/II
CPUは80186(8MHz)のFDI、HDI(SDタイプはなくなる)と80286(8MHz)のFDII、HDII。
OSは別売りとなる。
Iには8087が、IIには80287がオプションとして搭載可能。
メインRAMがすべての機種で1MB標準搭載となる(Iは1MB、FDIIは3MB、HDIIは4MBが搭載可能)。筐体にはそれぞれFM16βFDI、FM16βHDI、FM16βFDII、FM16βHDIIと書いてある。品番はMB品番から新たにFM16B品番になる。

※wikipediaより

80286搭載のFM16βFDⅡは、当時16ビット機として人気のあったNECのPC-9801VM2(V30搭載)よりも3万円ほど安く、一説によれば原価を割って売っているとか1台売れると5万円損しているとかよいパソコン悪いパソコンに書かれたこともありました。採算的には厳しいところまで価格を抑えたことは本当だったかもしれません。しかしどうもユーザ-思いとはいえない部分があり、後継機になるFMRシリーズでは互換性が失われることとなります。

まだPC-9801VMが出てなかった1985年前半に出版されたよいパソコン悪いパソコンでは、かなりべた褒めされ、個人でもPC-9801F/Mなどではなく絶対にこちらを買うべきだ、将来が見込める等と書かれており、これを読んで購入した個人も少なくなかったようで、その後PC-9801VMが発売されると同時に事実上PC-9801が日本の標準機になったことはご存じでしょう。この本を読んで購入した個人ユーザーから著者が恨まれたとかいろいろな逸話もありました。

なお、FM16βの携帯版であるFM16πもありましたが、ソフトウェアレベルでの互換性はありませんでした。ちょうどPC-9801とPC-98LTの関係に似ています。

スポンサーリンク

あとがき
性能的にはPC-9801VMに勝っていても、サードパーティの育成に本腰を入れなかったこと、またユーザー思いでない姿勢も見られ(最初OSにはCP/M86を採用し、後からMS-DOSに変更。等)、結局FMRシリーズに置き換えられて短命に終わっている。ガイド本も鵜呑みにすると買って後悔することもある例である。
関連記事