FM16B ※1984/12発売~68000の期待に敵前逃亡

富士通のFM-11の後継機として登場したFM-16βは、CPUには80186を採用し、1984年12月にFDタイプとHDタイプの2種のタイプが発表されている。FM-11シリーズとはBASICレベルでの互換性がある。

1986年2月に、80286(8MHz)の搭載モデルが追加されているが、このモデルではハイフン(-)が入らず、FM16βとなっている。

FM-16βのラップトップ版としてはFM16Π(パイ)があるが、これはFM-16βとの互換性はない。

FM-16βは、発売時期をキャッチしたNECがPC-9801M(実質VMまでの繋ぎ)を1ヶ月先に発売したことから、「よいパソコン悪いパソコン」(大庭俊介+PUG編著)でべた褒めされた他はあまり話題には上らなかったと記憶している。
スポンサーリンク

FM-16βスペック

  1. CPU
    FM-16β FD,HD:80186(8MHz)
    FM16β FDI,HDI:80186(8MHz)/(80286カードオプション)
    FM16β FDII,HDII:80286(8MHz)
  2. コプロセッサ
    FM-16β FDI,HDI:8087(オプション)
    FM16β FDII,HDII:80287(オプション)
  3. サブCPU
    68B09E
  4. ROM
    ブートローダー:16KB
    サブモニタ:32KB
    キャラクタジェネレータ:8KB
  5. メインRAM
    FD,HD:512KB、最大1MB
    FDI,HDI:1MB
    FDII,HDII:1MB、最大3MB
  6. VRAM
    192KB
  7. テキストRAM
    8KB
  8. 漢字VRAM
    8KB
  9. テキスト表示
    文字数最大2,000文字
    80字×25行、80字×20行、40字×25行、40字×20行、
    ブリンク、リバース、16色表示。文字単位に指定可
  10. カラーグラフィックス表示
    640×400ドット2画面、16色中8色指定可(ドット単位)。
  11. モノクログラフィックス表示
    640×400ドット4画面
  12. 画面合成
    テキスト画面とグラフィックス画面の合成可
  13. 漢字表示表示
    画面構成40字×25行、40字×20行。16色表示(文字単位)
    JIS非漢字453種,JIS第1水準漢字2965種,JIS第2水準漢字3384種(標準装備)
  14. CRT出力
    デジタルRGB
    モノクロディスプレイ
  15. FDD
    5.25インチ2HD内蔵
    FD、FDI、FDII:2台内蔵
    HD、HDI、HDII:1台内蔵
  16. 8インチFDD
    外付け可(本体I/F内蔵)
  17. HDD
    FD、FDI、FDII:外付け可(I/Fボード別売)
    HD、HDI、HDII:10MB内蔵済み(外付け増設可)
  18. シリアルI/F
    RS-232C準拠
  19. パラレルI/F
    プリンタ用、セントロニクス規格準拠
  20. ライトペン
    接続可
  21. 拡張スロット
    FD、FDI、FDII:4スロット
    HD、HDI、HDII:3スロット
  22. キーボード
    別売。JISキーボード(102キー)と親指シフトキーボード(104キー)が用意されている。
    本体とカールケーブルで接続。
  23. カレンダ時計
    年月日、時分秒、閏年サポート
  24. サービスコンセント
    1個
  25. 使用条件
    5℃~35℃、湿度20%~80%。但し結露しないこと
  26. 本体(W)420x(D)381x(H)145㎜
    キーボード(W)460x(D)199×332(H)㎜
  27. 重量
    FD、FDI、FDII:11.8kg
    HD、HDI、HDII:13.3kg
  28. 標準添付ソフトCP/M86 1.4(FD/HD)、F-BASIC2.0

搭載FDD/HDD及び価格

  1. FM-16β FD:(5.25インチ2HD FDD2基)1984年12月発売。価格425,000円
  2. FM-16β HD:(5.25インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1984年12月発売。価格750,000円
  3. FM16β FDI:(5.25インチ2HD FDD2基)1986年2月発売。価格330,000円
  4. FM16β HDI:(5.25インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1986年2月発売。価格605,000円
  5. FM16β FDII:(5.25インチ2HD FDD2基)1986年2月発売。380,000円
  6. FM16β HDII:(5.25インチ2HD FDD1基/10MバイトHDD)1986年2月発売。価格655,000円

※各モデルとも、キーボード別売り。JIS、親指シフトが用意されている。価格各25,000円。

システムソフト他

  1. FM-16β FD,HD:日本語CP/M-86、MS-DOS V3.1(発表時はなし,後にサポート)
  2. FM16β FDI,HDI,FDII,HDII:日本語CP/M-86、MS-DOS V3.1、286XENIX

他社に先駆けて80186(クロック周波数8MHz)を搭載。後に、80286搭載機(クロック周波数 8MHz)が追加された。グラフィックVRAMとして192KBを搭載、640×400ドット、ドット単位に8/16色、カラー2/モノクロ16画面のマルチページをもつ。グラフィック用カスタムLSIの採用によりソフトウェア処理に対して約30倍の描画速度を実現。さらにテキスト用(ANK)VRAM4KB、漢字用VRAM4KBを別にもちJIS第一、第二水準ROM標準実装により漢字をサポート。

キーボードは別売で、2種類(親指の位置に変換キーを搭載したJISキーボードと親指シフトキーボード)をが用意されている。

OSは日本語を強化したCP/M-86、日本語MS-DOSおよび286XENIX(発表時はCP/M-86のみ利用可)が用意された。

型番は1984年12月発売された時は、FM-16βというように、ハイフン(-)が入っており、筐体にもFM-16βと書かれていたが、1986年2月発売機はハイフンが入らず、FM16βとなり、筐体にもそのように書かれている。ちょうど8ビット機のFM-77とFM77AVの関係に似ている。

よいパソコン悪いパソコンでべた褒めされたが…

当初、8ビット機のFMシリーズではモトローラの6809を採用したことから、16ビット機にもモトローラの68000を採用するのではないかと期待されたが、FM-11の流れでインテルの80186が採用された。このため、一部の富士通ファンの間では68000の期待に敵前逃亡といわれたこともあった。

80286搭載のFM16βFDⅡは、当時16ビット機として人気のあったNECのPC-9801VM2(V30搭載)よりも3万円ほど安く、一説によれば原価を割って売っているとか1台売れると5万円損しているとかよいパソコン悪いパソコンに書かれていたこともあった。採算的には厳しいところまで価格を抑えたことは本当だったかもしれない(原価割れしたら赤字経営になる)。

FM-16βではCP/M86を標準添付した。IBM PC/ATではMS-DOSを採用したことでMS-DOSが主力になり、PC-9801でもメインOSにMS-DOSを採用したのに、FM-16βではCP/M86をメインに据えたのは明らかに判断ミスだった。結局ハイフンの入らないFM16βからはOSを別売とし、MS-DOSを主力に変更したが、時すでに遅しだった。

PC-9801VMではゲームソフトもかなり充実していたし、一太郎というキラーソフトもあった。一方のFM16βはホビーユースでも使いたいというユーザーははっきり言ってやめておいた方がよいマシンだった。

FM16βは結局脱落し、FMRシリーズに後を譲る形となった。

寸評:68000の期待に敵前逃亡

「よいパソコン悪いパソコン」の本ではまだPC-9801VMが出てなかった頃、個人でも富士通が気合いを込めて開発したFM-16βの方を購入するべきで、将来も見込める、と書かれていたことがあったが、結局その後どうなったか。やはり「よいパソコン悪いパソコン」の本にも書かれていた「発売後1年を経過しないマシンに手を出してはいけない」という原則の正しさが証明された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました