FM77AV 8ビットFMシリーズの統一

FM-77シリーズのAV指向機がこのFM77AVで、単なるFM-77のモデルチェンジ機、ではなく、富士通の8ビット機全体のモデルチェンジです。その証拠にFDDドライブ1台あたりの価格は3万円であり、FDD1台モデルの価格から引くと99,800円であり、FM-NEW7と同一価格です。なお型番にはFM77AVであり、FM-77のように-(ハイフン)が入らなくなりました。

FM77AVでは640*200ドット8色表示の他、320*200ドット4096色表示という当時としては画期的なグラフィックス機能を持っていました。FM77AVはかなりアミューズメント色の強いマシンといえます。

富士通の8ビット機で特徴的だったZ80スロットは廃止され、Z80カードは使えなくなり、CP/Mを動かすことはできません。

FM77AVスペック

  1. CPU:MBL68B09E(2MHz)
  2. サブCPU:MBL68B09E(2MHz)
  3. ROM:F-BASIC V3.02
  4. メインRAM:128KB(最大192KB)
  5. ビデオRAM:96KB
  6. テキストRAM:なし
  7. テキスト画面:なし(グラフィック画面に表示)
  8. グラフィック画面:640×200 8色 2画面/320×200 4096色 1画面/カラーパレット機能/テキスト文字は80×20/25、40×20/25表示
  9. 漢字表示JIS第一水準漢字ROM標準装備。グラフィックス画面に40字×12行表示できる。
  10. サウンド:FM音源3重和音,PSG3重和音・8オクターブ
  11. 内蔵FDD:3.5インチ 320KB 1台(AV-1)/3.5インチ 320KB 2台(AV-2)
  12. 拡張スロット:2スロット(不足の場合はI/O拡張ユニットで増設可)
  13. 添付ソフト:F-BASIC V3.3 L10

FM-77AV-1:1985年11月11日発売 128,000円

FM-77AV-2:1985年11月11日発売 158,000円

デザインはこれまでのFM77シリーズとは変わってイメージチェンジが図られており、カラーリングもAV指向ということから、ブラックに変わっています。FDD1台では使いづらいので、後からFDDを増設するよりも、僅か3万円の差ですから、FDD2台のAV-2が標準といえます。

日本語表示はJIS第一水準漢字ROMが標準装備ですが、オプションの日本語カード(29,800円)を取り付ければ、JIS第2水準漢字、辞書ROMと64KB RAMが利用できます。但し、8ビット機ですから、ビジネスにも利用できる、なんて考えない方がよく、あくまでも付録と割り切ることです。RS-232Cは変わらずオプションとなっています。

テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズも可能ですが、専用ディスプレイテレビのみサポートとなっています。

320*200ドット4096色表示を生かすためのビデオデジタイズカード(24,800円)を取り付ければ、テレビやビデオの静止画面をキャブチャしてフロッピーに保存することができます。もっとも、テレビやビデオの画面をとってフロッピーにしまってみても、それで終わり、ではすぐに飽きが来るのも目に見えていますが・・・。

このFM77AVの登場により、他の8ビットのFMシリーズは在庫販売のみとなり、消えていきました。NECの8ビット機もPC-8800シリーズだけが残り、他のシリーズが消えていったのとよく似ています。

秋葉原の富士通のショールームには生産終了した8ビット機も展示/稼働しており、いろいろな面でユーザーはそれほど困ることもなかったようで、これは他社も見習うべきことでした。

あとがき
富士通の8ビット機はFM-NEW7にも言えたが、何をやるにもオプションが必要、というコンセプトで、下手したらもう一台パソコンが買える金額にもなる。何から何まで詰め込んだシャープのX1シリーズとよく比較されたし、価格の面でもX1シリーズの方が勝っていた。
関連記事