FM77AV40/20 オプションを揃えるだけでもう一台パソコンが買える

富士通の8ビット機がFM77AVシリーズだけとなり、FM-NEW7が消えていった後、FM77AVシリーズはマイナーチェンジされ、40/20になり値段も安くなって発売されています。

FM77AV40では同時発色数が増え、262,144色表示が可能になりましたが、FM77AV20では変わらず4096色表示です。

FM-77AV40/20スペック

  1. CPU:MBL68B09E(2MHz)
  2. サブCPU:MBL68B09E(2MHz)
  3. ROM:F-BASIC V3.02
  4. RAM:FM77AV40:192KB(最大448KB)/FM77AV20:128KB(最大192KB)
  5. ビデオRAM:FM77AV40:144KB/FM77AV20:96KB
  6. テキスト画面:なし(グラフィック画面に表示)

グラフィック画面

  1. ※FM77AV40640×400 8色 1画面/640×200 8色 2画面/320×200 262144色 1画面/320×200 4096色 1画面※テキスト文字は80×20/25/40/50、40×20/25表示
  2. ※FM77AV20640×200 8色 2画面320×200 4096色 1画面※テキスト文字は80×20/25、40×20/25表示

漢字表示

  1. FM77AV40:JIS第1水準、JIS第2水準、非漢字、辞書ROM ※グラフィックス画面に40字×20行表示できる。
  2. FM77AV20:JIS第1水準、非漢字 ※グラフィックス画面に40字×12行表示できる。

etc.

  1. サウンド:FM音源/PSG 各3音・8オクターヴ
  2. 内蔵FDD:3.5インチ 320KB 2台(AV40)/3.5インチ 320KB 1台(AV20-1)/3.5インチ 320KB 2台(AV20-2)
  3. 拡張スロット2スロット(不足の場合はI/O拡張ユニットで増設可)
  4. 添付ソフト:入門ディスク/F-BASIC V3.4 L10(AV40)/F-BASIC V3.3 L10(AV20)

価格(全1986年10月発売)

  1. FM77AV40:228,000円
  2. FM77AV20-1:138,000円
  3. FM77AV20-2:168,000円

デザインは旧型機とほぼ同じでブラックになっています。AV40ではFDD2台が標準装備となり、AV20はFDD1台と2台とがありますが後からFDDを増設するよりも、僅か3万円の差ですから、FDD2台のAV20-2が標準といえます。RS-232Cはユーザーの要望が強くようやく標準装備になっています。AV40で売りとなった320×200 262,144色はAV20ではできないことになっており、予算の関係上AV20を購入する人にとってみれば不親切な設計です。

テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズも可能ですが、専用ディスプレイテレビのみサポートとなっています。

ビデオカード(24,800円)を取り付ければ、テレビやビデオの画面をキャブチャしてフロッピーに保存することができます。但し静止画像のみとなります。これを生かすには320×200 262,144色表示のAV40を選んだ方がよいということでしょうか。漢字ROMや辞書ROMはあくまでも付録と思った方が良いです。

当時、シャープのX1ターボZが発売されており、何かと比較されましたが、ビデオデジタイズ機能は標準装備、すぐに楽しめるようにグラフィックスとサウンドのソフトが標準装備されていたのに対し、FM77AVではベーシックなハードを提供し、後は決して安くないオプションを買いそろえるようになっていました。FM77AV40では本体と専用ディスプレイだけで35万円を軽くオーバーするし、さらにマウスだ、別売ソフトだとなるとあっという間に40万円を超えてしまいました。こうなると16ビット機と比べるとどうしても割高に思えてしまうし、価格的にはX1ターボZの方が勝っている、という状況でした。

あとがき
AV20はあとからAV40のグラフィックス性能にできないのは不親切な設計。本体価格は安くなったが、相変わらずのオプションだらけで、オプションを買い揃えるだけでもう一台パソコンが買える。
関連記事