FM77AV40SX TOWNSに後はお任せ

FM77AV40EXにビデオデジタイズ機能を標準装備としたマシンで、それ以外の機能は同じです。デザインは墓石に見えるグレーと黒、緑色の線の組み合わせ方から、「墓石パソコン」という愛称がつけられたことがあります。

CMタレントには40EX時代から起用された南野陽子が続投しています。

FM-77AV40SXスペック

  1. CPU:MBL68B09E(2MHz)
  2. サブCPU:MBL68B09E(2MHz)
  3. ROM:F-BASIC V3.02
  4. RAM:FM77AV40は192KB(最大448KB)。FM77AV20は128KB(最大192KB)
  5. ビデオRAM:FM77AV40は192KB。FM77AV20は96KB
  6. テキスト画面なし(グラフィック画面に表示)

グラフィック画面※FM77AV40EX

  1. 640×400 8色 2画面
  2. 640×200 8色 4画面
  3. 320×200 262144色 1画面
  4. 320×200 4096色 2画面
  5. テキスト文字は80×20/25/40/50、40×20/25表示

漢字表示

  1. JIS第1水準、JIS第2水準、非漢字、辞書ROM。※グラフィックス画面に40字×20行表示できる。

etc.

  1. サウンド:FM音源/PSG 各3重音8オクターブ
  2. 内蔵FDD:3.5インチ 320KB 2台
  3. RS232C:標準装備
  4. 拡張スロット:2スロット(不足の場合はI/O拡張ユニットで増設可)
  5. ビデオデジタイズ機能標準装備
  6. 添付ソフト:入門ディスク、F-BASIC V3.4 L21

ラインナップ

  1. FM77AV40SX 178,000円 1988年11月15日発売

テレビ画面やビデオ画面とのスーパーインポーズも可能ですが、専用ディスプレイテレビのみサポートとなっています。

ビデオデジタイズ機能が標準装備されたことで、320×200ドット時262,144色 1画面の静止画像取り込みがすぐにできることになります。とはいえ、これを生かすには別売ソフトを使わないと無理で、いろいろ買い揃えるとかなり高いものになり、何でも標準装備としたシャープのX1 turboZⅢとこの点で違いがあります。やはり価格面では前機種と同じで、X1 turboZⅢの方が勝っていました。

すでに主流は16ビット機に移ってきており、メーカー各社は8ビット機市場から撤退する中、最終機種を出してきたわけですが、40SXもその範疇でした。

8ビット機のFMシリーズは本機を持って終了となり、すでに16ビット機としてはFMRシリーズがありましたが、これは企業向けであり個人市場向けとは考えてなかったようです。個人用としてはFMR50をベースに独自開発した1989年2月に出るFM TOWNSとなり、FM77AVSXのデザイン/カラーリングが引き継がれました。

なお、従来オールラウンド指向の8ビット機を出していた時代は、FM-77と、-(ハイフン)が製品名に入っていましたが、AV指向機に移行した1985/11以降は、FM77AVというように、-(ハイフン)は入らなくなりました。

スポンサーリンク

あとがき
FM77AV40EXにビデオデジタイズ機能を標準装備したのが本機で、8ビットのFMシリーズはこれで終点となった。以降は、個人向けに32ビット機であるFMTOWNSを展開していくこととなった。
関連記事