FM-77L4/L2 NECに対抗するつもりが引きずられてしまったという感じ?

FM-77の後継機としてL4/L2が発売されましたが、L4では400ライン表示を標準装備、L2ではFM音源を標準装備としたものです。

400ラインセットは99,800円でしたが、L4は旧FM-77の僅か1万円で発売されているので、旧型機を買った人は「お気の毒」としか言いようはありません。但し、400ライン表示はモノクロ表示ですし、専用CRTも必要ですから、FM-77シリーズは漢字ROM+FDD内蔵型FM-7として使うのが正しい方法なのは分かるでしょう。

FM-77L4/L2スペック

  1. CPU:MBL68B09(8MHz)
  2. サブCPU:MBL68B09E(2MHz)
  3. ROM:F-BASIC V3.02
  4. メインRAM:L4は128KB、L2は64KB(最大254KB)
  5. ビデオRAM:48KB
  6. テキストRAM:なし
  7. テキスト画面:なし(グラフィック画面に表示)
  8. グラフィック画面
    640×400 2色 1画面(L4のみ)
    640×200 8色 1画面
    640×200 モノクロ 3画面
    カラーパレット機能
    テキスト文字は80×20/25、40×20/25表示
  9. 漢字表示:JIS第一水準漢字ROM標準装備。グラフィックス画面に40字×12行表示できる。
  10. サウンド:SSG音源3重和音8オクターブ / L2はFM音源3音オクターブ標準装備、ジョイスティック1個付属、2個まで接続可
  11. 内蔵FDD:3.5インチ 320KB 2台
  12. 拡張スロット:2スロット(不足の場合はI/O拡張ユニットで増設可)
  13. Z80スロット:1スロット(FM-NEW7用のものとの互換性はない)
  14. 添付ソフト:F-BASIC V3.0 L2.0/FMLogo V2.0

FM-77L4 1985年2月20日 238,000円

FM-77L2 1985年5月 193,000円

FDDはどちらも3.5インチFDDが標準装備されていますが、FDにアクセスしていないときでもランプがついたままになるので、アクセスしていないときは完全に消すようにしてほしいという意見もありました。付属品のFMLogoは、作図に適したプログラム言語です。

FM音源や400ライン表示は、当時人気のあったPC-8801MK2SRの後追いでつけたようにも思われ、NECに対抗するつもりが、引きずられてしまったという感じだという人もありました。

このほかのオプションとしてはスーパーインポーズ機能(39,800円)があり、後のFM77AVで本格的なものとなりました。

価格的にはオプションを買いそろえると高くなる上、メモリ増設もできない本体キーボード一体型デザインのFM-NEW7を買うよりはこちらの方が漢字ROM、FDDが標準搭載でお買い得、デザインも本体キーボード分離型でスペースユーティリティも優れています。FM-NEW7に限らず、本体キーボード一体型はディスプレイを接続すると意外なほど場所を取るのです。

サウンド機能はPSG音源標準装備です。L2はFM音源標準装備。L4ではFM音源オプションで、拡張スロットに実装するFM音源カードが18,000円で用意されています。これにはジョイスティック1個ついており、もう1個オプションで取り付けられます。

オールラウンド指向の8ビット機は、富士通ではこのFM-77L4/L2で最後になり、以降はFM77AVになり、今でいうところのマルチメディア指向となります。これは、ビジネス機は16ビット機への移行が進み、8ビット機はホビー指向が強まったことと関係しています。なお、富士通はFM-16βをビジネス機としていましたが、その後、FMRシリーズに変更しています。

あとがき
L4では400ライン表示が僅か1万円アップで標準装備されたことからして、どうもユーザー思いではないところが垣間見える。L2ではFM音源標準装備など、ホビー色の強いマシンで、FM-NEW7を選ぶよりもこちらの方を選ぶ方がお買い得になる。富士通のオールラウンド8ビット機はこれで終わり、以降はマルチメディア指向のFM77AVへと変わっている。
関連記事