FM TOWNS初代機 CD-ROM搭載マシン

富士通が1989年2月28日に発表したのがFM-TOWNSで、企業向けにはFMRシリーズがすでにラインナップされていましたが、こちらはAV機能に重点に置いており、FMR/TOWNSと称されることも多かったです。当時はまだFMRには386DX搭載機はラインナップされてなく、富士通製のPCでは初めて386DXを搭載しており、TOWNS OS(MS-DOSベース)ではDOSエクステンションによるプロテクトメモリ利用を可能としています。

キーボードは別売で、本体とゲームパッドによる操作を基本としており、32ビット機とはいえ、かなりゲーム色の強いマシンでです。

縦置き型なので、CD-ROMドライブも正面向きだったことから、コインランドリーの洗濯機みたいだというX68000等のユーザーもいました(よいパソコン悪いパソコンの読者の愛機より)

FM-TOWNS(初代機)スペック

CPU:386DX 16MHzで稼働

コプロセッサ:オプション(数値演算カード用スロットに実装)

メインメモリ:機種によって異なる(1~2MB)増設可(拡張RAMモジュール用スロットに実装)

スプライトメモリ:128KB

VRAM:512KB

漢字ROM:512KB(JIS第1,第2水準256KB,辞書ROM)

時計機能:年月日、時分秒(電池によるバックアップ)

表示能力

640×480ドット:1677万色中256色 1画面
640×480ドット:4096色中16色 2画面
320×240ドット:32768色 2画面
360×240ドット:32768色 2画面
640×400ドット:16色 2画面

スプライト機能:定義数1024個、色数32,786色、サイズ16×16ドット/パターン

特殊機能:ハードウェアスクロール(円筒/球面)、プライオリティ機能

サウンド機能

サウンド機能:FM音源(ステレオ6チャンネル),CD-DA(音楽CD)8ビットPCM音源(ステレオ19.2KHz,8チャンネル)

オーディオ端子:LINE IN/OUT(L/R)、外部マイク端子、ステレオヘッドフォン端子

入出力機器

CD-ROMドライブ:垂直型、等速(シークタイム非公開)、シングルセッション対応

TOWNSパッド:FMT-PD101を標準添付、アタリ規格に準拠

TOWNSマウス:FMT-MO101を標準添付、FM77AVのものとほぼ同一。

キーボード:別売

FD:1~2台内蔵(2HD/2DD)

ICメモリカード:JEIDA 3.0準拠(別売)

入出力I/F

増設FDD:1台のみサポート

RS-232C(シリアル):D-SUB25ピン

セントロニクス(プリンタ):セントロニクス準拠(24ピン)

15ピンアナログRGB出力(D-SUB15)

I/O拡張ユニット接続端子:1個

増設スロット

ICメモリカード:(JEIDA 3.0準拠)用スロット1個内蔵

モデムカード専用スロット:1個

SCSIカード専用スロット:1個

ビデオカード専用スロット:1個:

汎用バススロット:オプション(I/O拡張ユニットが必要)

※初代機はCD-ROMが動いている状態でも蓋が開くなどの問題がありましたが、その後のモデルチェンジで改善されています。

キーボードは別売で、これはFMRシリーズでも同様ですが、JIS配列/親指シフトのものから選択できます。テンキーのあるあるもの、ないものが用意されていました。

価格

FM TOWNS モデル1:338,000円 メインメモリ1MB※最大6MB FDD1台

FM TOWNS モデル2:398,000円 メインメモリ2MB※最大6MB FDD2台

初回限定モデル

FM TOWNS モデル1S:338,000円 メインメモリ2MB※最大6MB FDD2台

FM TOWNS モデル2S:398,000円 メインメモリ2MB※最大6MB FDD2台

デザインは縦置き型で、グッドデザイン賞ということですが、カラーリングはFM77AV40SXを引き継いでおり、実質的にFM77AVの流れを汲む後継機種という位置づけでした。

386DX搭載で、価格が30万円台というのが評価に値します。コスト削減のため16MHz固定というのが少々残念ですが、それでも普通に使うには十分といえました。

スポンサーリンク

あとがき
これまで互換性のないマシンを平気で出していた富士通が「向こう5年間ハードウェアの基本部分の設計変更はしない」と言ったり、サードパーティの育成も十分に考えていたらしかった。それでも、過去の経緯から不安視する人もあり、特によいパソコン悪いパソコンではそのようにとらえていた。この時期富士通は自社ロゴマークを変更するなど、富士通マインドの発揮ではないかともいわれていた。
関連記事