FM-11 FM-7の上級機

FM-7がFM8のモデルチェンジ機として価格を引き下げて発売されたときに、上位機種として発売されたのがFM1-1で、FDDを内蔵可能となっており、筐体は一言でいえば「でかい」というほど大型のものです。

6809搭載モデルは1982年11月、また8088搭載モデルは1984年2月に発売されています。いずれも本体とキーボードを切り離した「セパレート型」です。

FM-11シリーズのスペック表

CPU

  1. ST/AD:68B09E 2MHz
  2. EX:68B09E 2MHz/8088 8MHz(同時使用不可)
  3. BS:8088 8MHz
  4. AD2/AD2+:68B09E 2MHz

サブCPU:68B09E 2MHz

メインメモリ(標準)128KB※AD2+は256KB標準装備/最大1MB

グラフィックVRAM:192KB

漢字ROM

  1. ST/AD/EXはJIS第1水準オプション
  2. BS/AD2/AD2+はJIS第1水準標準装備、JIS第2水準はオプション
  3. ※JIS第1水準漢字ROMは2965種,JIS非漢字453種

表示能力

  1. 640*400:2画面,8/16色
  2. 640*200:4画面,8/16色

※テキスト画面とグラフィックス画面をモノクロCRTとカラーCRTに分けて出力可。サイクルスチール転送

FDD

  1. 1D(320KB)のFDDを2台内蔵可能
  2. ST:オプション
  3. AD/EX/AD2:1台標準装備
  4. BS/AD2+:2台標準装備

カードスロット

  1. CPU:2
  2. 汎用:5
  3. 漢字ROM用:1
  4. 320KBフロッピーインタフェース用(STのF-BASIC ROMカードは排他使用):1

オプション

  1. ライトペン(I/F内蔵)
  2. オーディオカセットレコーダ(I/F内蔵)
  3. ハードディスク(I/F別売)
  4. バブルカセットホルダ(I/F別売)

システムソフト

  1. ST:F-BASIC4.0(ROM)
  2. AD/AD2/AD2+:F-BASIC4.0
  3. EX:F-BASIC4.0/CP/M-86
  4. BS:CP/M-86

初期にはF-BASICを利用するために6809が必要であったが (EX)、後にF-BASIC86が開発され、6809を装備しないモデル(BS)が発売された。またモデルチェンジの際、6809モデル(AD2/AD2+)にOS-9 Level2が標準添付となり、OS-9ファンの支持を受ける。

6809モデルはその拡張性と頑丈さと使用するOS-9のリアルタイム性から、FA用途での使用も多く、計測機器制御やラインのコントローラーとして長期にわたり使用された。また、RS232Cポートが純正品オプションでも最大5ポート使用できたことから、5台のモデムをつないだBBSのホスト機としていくつかの主要BBSで使用された。

8088モデルは後にFM-16βに発展、その後のFMRシリーズ・FM TOWNSにもそのI/O構成等に名残が見られる。6809モデルはFM-7/77シリーズと併売されたが、8ビット時代の終焉とともにその役割を終える。

CPUがソケットを用いて実装されていたため、68B09Eから日立 HD63C09Eへ、8088からNEC V20への交換が流行した。

6809カード、Z80カード(純正オプション)はメモリマッピングレジスタを装備し、最大1MBのメインメモリをサポートする。

純正オプションでZ80カード(Z80A 4MHz、CP/M-80付属)が、サードパーティーからは68008カードや68000カード、独立したRAMを搭載しメインCPUと同時動作が可能なZ80Bのカードも発売された。また、6809モデルには8088カード(CP/M-86付属)をオプションで追加可能(ただし、6809カードはオプションとして販売されなかった)。

BASICをROMで搭載するのはSTのみ(BASICはシステム起動時RAMにロードされる)。他のモデルはディスクの利用を前提とする。

※wikipediaより

FM-11ST/FM-11AD/FM-11EX:1982年11月発売

FM-11BS/FM-11AD2:1984年2月発売

FM-11AD2+:1985年2月発売

16ビットCPUが急激に普及してくるといつの間にか8ビットビジネスパソコンはいつの間にか消えていくこととなります。やはり8ビット機でマルチタスクというのはあまりにも荷が重かったせいもあるでしょう。8088を採用したBSモデルはFM-16βへモデルチェンジされますが、当初CP/M-86を採用した後MS-DOSに変更するなどという具合で、あまりユーザー思いとはいえない姿勢がみられた時期があります。

あとがき
FM-11シリーズで独自のパソコン通信、草の根ネットのホストとして利用した人もいたらしい。
関連記事