FM-77 PC-8801mk2に対抗したが...

FM-7の後継機種は、上級機としてのFM-77と、入門機としてのFM-NEW7とに分かれ、機能はほぼコンパチになっています。もっとも、FM-77は本体とキーボードが切り離され、ケーブル接続されるタイプ、FM-NEW7は一体型という外見上の違いがあります。

FM-77は3.5インチFDDが内蔵されているし、漢字ROMも標準装備なので、システムを組む場合FM-77の方が安くなります。

FM-77スペック

  1. CPU:MBL68B09(8MHz)
  2. サブCPU:MBL68B09E(2MHz)
  3. ROM:F-BASIC V3.02
  4. メインRAM:64KB(最大254KB)
  5. ビデオRAM:48KB
  6. テキストRAM:なし
  7. テキスト画面:なし(グラフィック画面に表示)テキスト文字は80×20/25、40×20/25表示
  8. グラフィック画面:640×200 8色 1画面
  9. 640×200 モノクロ 3画面
  10. カラーパレット機能
  11. 漢字表示:JIS第一水準漢字ROM標準装備。グラフィックス画面に40字×12行表示できる。
  12. サウンド:SSG音源3重和音8オクターブ
  13. 内蔵FDD:3.5インチ 320KB 1台(D1)/3.5インチ 320KB 2台(D2)
  14. 拡張スロット:2スロット(不足の場合はI/O拡張ユニットで増設可)
  15. Z80スロット:1スロット(FM-NEW7用のものとの互換性はない)
  16. 添付ソフト:F-BASIC V3.0 L2.0/FMLogo V2.0
  17. FM-77D2:1984年5月10日228,000円
  18. FM-77D1:1984年5月10日198,000円

当初、640*400ドット表示はオプションの400ラインセット(99,800円)が必要でしたが、後継機のFM-77L4では標準装備され、僅か1万円のアップで発売されています。但し、400ラインをするには対応CRTが必要ですから、FM-77シリーズは漢字ROM+FDD内蔵型FM-7として使うのが正しい方法です。

グラフィックス、サウンドなど機能面はFM-NEW7と同等ですが、漢字ROMが標準装備だったり、FDDが標準装備なので、こちらの方がお買い得といえます。FDDは、1台ではバックアップを作るとき苦労させられることになるので、2台実装済のD2を買うか、予算が限られているなら、D1を買って、余裕ができたらもう1台取り付けるというのが普通だったでしょう。

CP/Mを動かすためのZ80カードは、FM-7/NEW-7のものは流用できず、FM-77用のものを使用します。Z80カードは、FM7/NEW-7では5インチFDが付属しますが、FM-77では3.5インチFDが付属します。

付属品のFMLogoは、作図に適したプログラム言語です。

FM-77は、グッドデザイン賞ということですが、取り立てて優れたデザインという印象はありません。これは個人の好みの問題もあるでしょう。

FM-77シリーズは最初から周辺機器が揃っており(漢字ROM、FDD)、お買い得感があります。FM-NEW7は漢字ROMもFDDもオプションで、買い揃えればFM-77よりも高くなるので、FM-77の引き立て役のようなものにも見えました。

スポンサーリンク

あとがき
後継機種では、僅か1万円のアップで400ラインが標準装備されたので、本機を買った人は「お気の毒」としか言いようがなく、当時はどうもユーザー思いでないところが見られる。また、いざ純正のオプションを購入に行くと入荷の目処がたたないこともよくあるなど、メーカーとしての努力が必要な例もあった。
関連記事