FM-8 PC-8001対抗機

8ビット機全盛期は、NECが圧倒的なシェアを誇っていたとは言え、他社も多数参入しており、NEC・富士通・シャープはパソコン御三家と呼ばれたこともあったほどです。

ここで取り上げるFM8は、富士通が発売したマシンであり、PC-8001対抗機と書きましたが、実際はPC-8801をターゲットにしていたと見てよいでしょう。

多くのメーカーは、ザイログ社のZ80をCPUに採用していましたが、富士通はモトローラの6809系を採用していました。また、グラフィックス用に別途CPUをおくことで高速化を図り、マルチCPUマシンとも呼ばれました(もっとも、他社ではグラフィックスはメインCPUに描かせたが、キーボードやカセットなど、いわば受け付け係に相当する部分にはサブCPUをおいた。要はCPUの値段の方が安いわけ)。

当時は、FDDの値段が非常に高額だったため、もっぱらプログラムやデータの読み書きにはカセットテープを使っていたことは他社製品と同じです。

FM-8ハードスペック

  1. CPU:MBL68A09(4.9152MHz)
  2. サブCPU:MBL6809(4MHz)
  3. ROM:32KB(F-BASIC V1.04/1.05)
  4. RAM:64KB
  5. テキスト表示:グラフィックス画面と共用で80×20/25、40×20/25から選択
  6. グラフィック表示:640*200ドット1画面/8色表示
  7. 漢字表示:JIS第一水準漢字ROM(本体基盤に実装可)グラフィックス画面に40字×12行表示できる。
  8. サウンド:BEEP音のみ
  9. 本体内蔵オプション:Z80カード、8088カード(メインCPUと切替使用)
  10. バブルカセットホルダ:空き部分には鉄製の箱が取り付けられており、俗に小物入れと呼ばれた。
  11. 外部拡張オプション:8インチ/5インチFDD/拡張ボックス 他
  12. 動作するOS:OS-9,FLEX,CP/M-80(Z80カード搭載時),CP/M-88(8088カード搭載時),F-BASIC(DISK-BASIC),他

拡張スロットはなく、別途拡張ボックスを用意する必要がありました。バブルカセットやRS232Cが標準装備だったことから、ホビー用途ではなく、ビジネス用途として想定されていたようです。なお、アナログポートが装備されていましたが、ここに接続できるジョイスティックが他社から発売されています。

FM-8は一体型で、1981年5月発売、218,000円でしたが、翌1982年12月にはまだ一般的でなかったRS-232Cやほとんど不必要といえるバブルカセット、アナログ入力ポートを削除し、コストダウンを図ったFM-7が発売されます。これを見たマニアの中には、PC-8801をそのまま安くした機種を思い浮かべた者もいたようですが、残念ながらPC-8001MK2の発売になったことはご存じの通りです。

スポンサーリンク

あとがき
個人ユーザーには当時としては価格が高すぎ、個人向けに設計を変更したFM-7が1年後に登場する。ビジネス用途にはFM-11シリーズへと展開されていった。
関連記事