FMV TOWNSII Fresh・GS/GT/GE/GM シリーズの終焉

Windows95のお祭り騒ぎが続いたのが1995年、国内メーカーの独自規格のマシンは大半が終了し、PC/AT互換機路線へと完全移行しています。

その過渡期に登場したのがFMV TOWNSで、FMV上でTOWNSをエミュレーションする方式になりましたが、同時に独自性が失われることにもなりました。

FM TOWNSII Fresh・GS/GT/GE/GM スペック

CPU:Pentium ※詳細は発売日参照

キャッシュメモリ:CPU内16KB / セカンドキャッシュ256KB

メインメモリ:16MB(2枚単位で装着済み) /.128MB(2枚単位で増設) ※4スロット中2スロット使用済み、最大にする場合2枚を取り外す必要あり

漢字ROM:512KB(JIS第1,第2水準256KB,辞書ROM)

時計機能:年月日、時分秒(電池によるバックアップ)

※TOWNSモード

基本ソフト:TOWNS OS

VRAM:512KB+128KB

スプライトメモリ:128KB

表示能力

※モデルH20

640×480ドット 1677万色中256色 1画面
640×480ドット 4096色中 16色 2画面
360×240ドット
32768色表示 2画面 320×240ドット
32768色表示 2画面 640×480ドット 1677万色 フルカラー 1画面

※モデルH/H2

640×480ドット 1677万色中256色 1画面
640×480ドット 4096色中 16色 2画面
360×240ドット 32768色表示 2画面
320×240ドット 32768色表示 2画面

映像入出力:ビデオ映像(NTSC)/音声入出力機能 (ビデオデジタイス、ビデオコンバート、スーパーインポーズ機能)

ビデオデジタイズ:静止画/動画対応

スプライト機能:定義数1024個、色数32,786色、サイズ16×16ドット/パターン

特殊機能:ハードウェアスクロール(円筒/球面)、プライオリティ機能

サウンド機能

サウンド機能:FM音源(ステレオ6チャンネル),CD-DA(音楽CD)8ビットPCM音源(ステレオ19.2KHz,8チャンネル)

オーディオ端子:LINE IN/OUT(L/R)、外部マイク端子、ステレオヘッドフォン端子

MIDI音源:MIDI INx1/OUTx1(FMT-402互換)※GS/GTモデルはハードウェアの欠陥によりMIDI OUT使用不可

※FMVモード

基本ソフト:Windows95

表示能力

VRAM:2MB(H/H2はATI社製Mach64-264CTをオンボードで搭載

1280×1024ドット 256色
1024×768ドット 256色/65536色
800×600ドット 256色/65536色/1677万色
640×480ドット 256色/65536色/1677万色

ビデオデジタイズ機能:静止画動画対応(MPEGチューナーカードによる)

MPEG再生機能:GSはオプション、GEはソフトウェアでエミュレーション、GT/GMはMPEG1伸長機能VIDEO CD2.0対応

TVチューナー:GS/GEはオプション、GT/GMは標準装着済み(NTSC/ステレオテレビチューナーNTSC/コンポジット+ステレオオーディオ入力x2)

サウンド機能

サウンド機能/MIDI音源:SoundBlasterAWE32を搭載済み

※共通仕様

入出力機器

CD-ROMドライブ:4~6倍速、ATAPI仕様

マイク GS/GTモデルはTOWNSマイク(FMT-MC101) / GE/GMモデルはスタンダードマイクを標準添付

PS/2マウス:GS/GTモデルはFMV-MO103 / GE/GMモデルは(FMV-MO104)を標準添付

キーボード:GS/GTモデルはOADG106キーボード(FMV-312) / GE/GMモデルはOADG109キーボード(FMV-KB321)を標準添付

パット:TOWNSパット(FMVTW-PAD)を標準添付 ※アタリ規格

FDD:1台内蔵(2HD/2DD) ※3モード対応

HDD:850MB~1.2GB

スピーカー外付け標準添付(FMSP-101:3W+3W)

入出力I/F

RS-232C(シリアル):D-SUB25ピン

セントロニクス(プリンタ):セントロニクス準拠(24ピン)

15ピンアナログRGB出力(D-SUB15)

増設スロット

ISAバス:1個:※SoundBlasterAWE32装着済み

ISA+PCIバス:1個 ※GT/GMはMPEGチューナーカード装着済み

PCIバス:1個 ※TOWNSカード装着済み

※全モデルに15インチCRTディスプレイ(FMV-DP84Y2)付属

1995年冬発売モデル(横置き型)

※Pentium 90MHzで稼働

FMV TOWNS GS1/2:298,000円 メインメモリ16MB※最大128MB FDD1台 HDD850MB 4倍速CD-ROMドライブ内蔵 Windows95

FMV TOWN GT1/2 328,000円 メインメモリ16MB※最大128MB FDD1台 HDD850MB 4倍速CD-ROMドライブ内蔵 Windows95

※1は一太郎モデル、2はOASYSモデル

1996年夏発売モデル(横置き型)

※Pentium 120MHzで稼働

FMV TOWNS GE:318,000円 メインメモリ16MB※最大128MB FDD1台 HDD1.2GB 6倍速CD-ROMドライブ内蔵 Windows95OSR1

FMV TOWN GM 358,000円 メインメモリ16MB※最大128MB FDD1台 HDD1.2GB 6倍速CD-ROMドライブ内蔵 Windows95OSR1

※型番末尾の1/1Aは一太郎モデル、2/2AはOASYSモデル

※1996年冬にFMV TOWNS GSは318,000円、FMV TOWN GTは358,000円に価格変更。仕様に変更なし。

FMVシリーズのチップセットは当初ALi製Alladin IIを使用したことから、Pentium 133MHz搭載でも486 100MHz搭載機にさえ劣る程度の性能しか出ない機種であったことから、WindowsマシンとしてもTOWNS互換機としても額面通りの性能が出ないことで大きな不評を買うこととなりました。

FreshモデルはFM TOWNSのソフトウェア付属/CRT付属というモデルでした。最終モデルであるFMV TOWNS H20モデルをもってTOWNSアーキテクチャーは完結しました。

あとがき
デファクトスタンダードになれないパソコンの場合、発売から大体5年でピークに達し、概ね10年で終了、という道を辿っており、FM TOWNSの場合は、販売期間を入れると1989年に発売、最終機種は1997年夏に発売、ということになるので、やはり概ね10年で終了したことになる。その後富士通はPC/AT互換機であるFMVシリーズを展開している。
関連記事