i486時代のマザーボードの規格(VLバスとISAバス)

486用ソケット

日本で、PC/AT互換機が個人でも使われだしてきたのは1992年頃からです。当時国民機といわれていたPC-9801シリーズは価格が高かったため(486SX16MHz機でも458,000円した)、それ以前でもPC/AT互換機を個人輸入して使っている人も存在していました(漢字ROMを使わないで日本語表示させるDOS/V規格が登場したのは1991年であり、PC/AT互換機ならI486DX33MHz機でも20万円台で買えた)。

上はi486用のCPUソケットで1993年頃はi486DXがよく使われていましたが、1994年以降はi486DX2やi486DX4へ徐々に移行しています。

1994年はPentiumマシンも現れていましたが、まだ価格が高かったことやWindows3.1が全盛期だったこともあって、i486プロセッサがよく使われていました。


486 CPU Upside-down / pasukaru76

i486DX2やi486DX4はi486DXのオーバードライブプロセッサという位置づけですから、ソケットに互換性があります。また、インテル以外のメーカーからも互換CPUが発売されるようになったので、それらと挿し換えて使うことも流行しました。Windows3.1やOS/2であればi486系で十分でしたが、WindowsNTを動かすのにはi486系では重かったです(WindowsNT3.5ではやや軽くなったが)。

マザーボードに搭載されていたバス

当時のマザーボードに搭載されていたインタフェースはキーボードコネクタだけというシンプルなものです。あとは拡張バスにカードを取り付けて使うのが一般的でした。

ISAバスとXTバス

一番上にあるのは8ビットバス、下の3個は16ビットのISAバスです。形状を見ると8ビットバスを拡張した規格であるということが分かると思います。

ISAバス

当時はまだ16ビットのISAバスを利用したカードが多く、サウンドカード等はここへ取り付けて使っていました。

VLバス

黒いコネクタはISAバスで、その隣にあるうす茶色のコネクタがVLバス用に拡張したものです。ここにはISAバスカードを取り付けることもできますが、そうするとおかしな動作をすることがあり(その逆もあった)、VLバスカードを取り付けるのが基本でした。

VLバス

VLバスは、まだPCI規格が定まっていない時期に策定されたもので、CPU直結のバスであり、i486系CPUに依存したものです。ここへは主に、ビデオカードやインタフェースを搭載したマルチカードを取り付けていました。但し、元々ビデオカード用のバスですから、インタフェースカード用としては完全に不向きだったと思います。

因みに、このマザーボードはGIGA-BYTE社のものですが、SB32-AWE(クリエイティブメディア)はVLバスコネクタのCPUソケット直下に取り付けるとうまく動作していました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました