JR100 手軽なBASIC学習機の意味は何か

ナショナルがMSXに参入する前に発売していたのが、JRシリーズで、メインにはJR100とJR200があり、いずれもゲームパソコンと呼ばれるものの範疇です。

他に、ポケットコンピュータのJR800、限定販売で終わったJR300があり、以降はMSX路線に転じています。

JR100スペック

  1. CPU:MN1800(6802相当) 890kHz※実際はMB8861
  2. ROM:8KB(JR-BASIC)
  3. RAM:16KB(ユーザーメモリ8KB)※拡張バスを通じて32KBまで拡張可能
  4. VRAM:1KB
  5. テキスト画面:24行×32文字 モノクロ表示/5×7ドットマトリックス文字 64種/8×8ドットセミグラフィック文字 64種/ユーザ定義文字:8×8ドットマトリックス文字 32種
  6. ディスプレイ:モノクロディスプレイ/RFコンバータ(家庭用テレビ)別途
  7. カセット:FSK方式1200Hz(スペース)、2400Hz(マーク)ボーレート600ボー

1981年末に発売されたJR100は、54,800円と比較的安価でしたが、モノクロ画面のみ、外部記憶はカセットのみサポートしており、拡張性はありません。この価格帯では珍しいユーザー定義文字機能があり、8×8ドットの大きさでキャラクタ文字をユーザーが作ってプログラム中で使うことができます。但し正数計算のみサポートするBASICなので、実務用途には向かずあくまでもゲームパソコンです。外部記憶装置はカセットテープのみのサポートです。

1982年末にJR200が発売後は、広告などには手軽なBASIC入門機というコピーが入るようになり、事実上短期間で終わった感があります。JR100とJR200では互換性がありません。

カラーは白で、キーボードはBASICの命令語が割り振られた通称「消しゴムキーボード」と呼ばれるもの、デザインはヨーロッパで発売された格安マイコン「Lambda 8300」に酷似しているという向きがあります。現在のパームトップパソコン並みに小さく、手のひらに乗るほどのものです。

JRシリーズはキーボードにはBASICの命令語が割り振られているので、プログラムを書くのも楽にできるようになっています。消しゴムキーボードと呼ばれるゴム製のキーボードなので、耐久性が気になるところで、実際に数年で駄目になった、という意見を現在ネットで聞くこともあります。

スポンサーリンク

あとがき
JRシリーズのメインはやはりJR100/JR200で、上位機はJR200だが、どちらにしても入門機である。JR100は価格相応といってしまえばそれまでだが、モノクロCRTにBEEP音で簡単なゲームを実行する程度しか使えなかったと思う。
関連記事
前のページ:≪ ベーシックマスターレベル3
次のページ:PASOPIA16系 ≫