JR100 手軽なBASIC学習機の意味は何か

「手軽なBASIC学習機」

ナショナルがMSXに参入する前に発売していたのが、JRシリーズで、メインにはJR100とJR200があった。

最終的にMSX路線に転ずるまでの間、ポケットコンピュータになるJR800、Z80CPUとJR200のハイブリッド機JR800もリリースされた。開発は松下通信工業電卓事業部。

最初に発売されたJR100は、価格が当時59,800円と安価で、モノクロ画面、基本的にモノクロディスプレイに接続するが、RFモジュール内蔵なので、家庭用テレビにも接続できる。但し家庭用テレビでは色がにじむもので、モノクロ画面のにじみとはどんなものだったろうか。やはりモノクロディスプレイに接続して使いたい。

スポンサーリンク

JR100スペック

  1. CPU
    MN1800(6802相当) 890kHz※実際はMB8861
  2. ROM
    8KB(JR-BASIC)
  3. RAM
    16KB(ユーザーメモリ8KB)※拡張バスを通じて32KBまで拡張可能
  4. VRAM
    1KB
  5. 画面構成
    24行×32文字:モノクロ表示
    5×7ドットマトリックス文字:64種
    8×8ドットセミグラフィック文字:64種
    ユーザ定義文字:8×8ドットマトリックス文字32種
  6. ディスプレイ
    モノクロディスプレイ
    RFコンバータ(家庭用テレビ)
  7. キーボード
    ソフトウェアスキャン。45キー。SHIFT, CTRL併用による5段シフト。テンキーなし
  8. カセット
    FSK方式1200Hz(スペース)、2400Hz(マーク)ボーレート600ボー
  9. 電源
    ACアダプタ
    AC100V±10%。50/60Hz
    2W
  10. 寸法
    (W)296×(D)154×(H)45㎜
  11. 重量
    約700g
  12. 添付品
    ACアダプタ、カセットケーブル、モノクロディスプレイケーブル、ユーザーズマニュアル、デモンストレーションプログラムテープ、保証書

モノクロ画面のみで、この価格帯では珍しいユーザー定義文字機能があり、8×8ドットの大きさでキャラクタ文字をユーザーが作ってプログラム中で使うことができる。正数計算のみサポートするBASICであり、あくまでもゲームパソコンである。

JR200発売後は存在感が薄れたマシン

システム構成では、拡張ユニットA(バスアンプ内蔵)を接続してプリンタ、ジョイスティックを接続できる。拡張ユニットB(16KBRAM内蔵)を接続すれば、ジョイスティック、プリンタ、ミュージックアダプタ、RS232C、アナログ変換、音声合成、音声認識、FDアダプタ、増設I/Oユニットの接続可、となっている。

1982年末にJR200が発売後は、広告などには「手軽なBASIC入門機」というコピーが入るようになり、事実上短期間で終わった感がある。JR100とJR200では互換性がないので、ソフト流用は不可。

カラーは白で、キーボードはBASICの命令語が割り振られた通称「消しゴムキーボード」と呼ばれるもの。デザインはヨーロッパで発売された格安マイコン「Lambda 8300」に酷似しているという人もいる。

JRシリーズはキーボードにはBASICの命令語が割り振られているので、プログラムを書くのが楽になっている。消しゴムキーボードと呼ばれるゴム製のキーボードなので、耐久性が気になるところではある。

寸評:存在自体が不思議なマシン

JRシリーズのメインはJR100/JR200で、上位機はJR200だが、どちらにしても入門機である。JR100は価格相応といってしまえばそれまでだが、モノクロCRTにBEEP音では簡単なゲームを実行する程度しか使えなかったと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました