JR300 CPUをZ80に変更した最終機

JR300はJRシリーズ最後のパソコンでしたが、ごく限られた台数しか販売されず、以降はMSXに置き換わっています。

これまでのJRシリーズとは異なり、メインCPUをZ80に採用しており、デザインはシルバーとブルーをベースとしながらもキーボードと本体を分離したセパレート型になりました。実際にはJR200も同居させており、立ち上げ時に選択するようになっています。

JR300のスペック

メインCPU

  1. JR300モード:Z-80A (4MHz)
  2. JR200モード:MN1800A (6802コンパチブル)
  3. サブCPU:MN1544/MN1542 (キーボード等用)

ROM

  1. IPL ROM:8KB(JR300モード)
  2. JR-200 BASIC:16KB (JR200モード)
  3. I/O ROM:16KB (JR200モード)/(40KB) (JR300モード)

RAM

  1. 64KB (JR300モード)
  2. 16KB (JR200モード)

ビデオRAM

  1. 4KB (JR200モード)
  2. コモンRAM:2KB
  3. グラフィックRAM :48KB(JR300モード)

表示テキスト画面

  1. 80×25, 40×25(JR300モード)/32×24 (JR200モード)


グラフィック画面(JR300モード)

  1. 640×200(8色×1画面)/320×200(1色×3画面)/640×400(1色×1画面)。8色表示
  2. スーパーインポーズ:パソコンテレビTH15-M300との接続により, テレビ画面の重ね合わせ可能 [JR300モード]

etc;

  1. 出力:RGB同期分離方式 [JR300モード,JR200モード]
  2. キーボード:本体分離構成,スカルプチャータイプ 98キー。テレビコントロールキー有。12ファンクションキー(6キーとのSHIFTキーの併用)。独立10キー。ジョイスティックインターフェイス有
  3. ミュージック機能:8オクターブ 3重音,エンベロープ制御,音量制御有。外部入力とのミキシング可能。外部スピーカ出力。テレビへの音声出力機能有
  4. カセットインターフェイス:1200/2400Hz FSK方式600/2400ボー
  5. プリンタインターフェイス:セントロニクス準拠
  6. フロッピーディスクインターフェイス:JR-F01 直結可/インターフェイス内蔵可(オプション)
  7. RS-232C インターフェイス:全二重75~9600ボー(ソフトウェアで設定)
  8. パソコンテレビコントロールパワーのオン/オフ制御:チャンネル設定,ボリューム設定機能。スーパーインポーズ オン/オフ制御。モード切換制御(TV,Video,RGB)
  9. 別売品I/O拡張ボード:拡張RAM,漢字ROM,BASIC ROM,フロッピーディスクユニット,RFコンバーター etc
  10. 時計機能:バッテリーバックアップ付時計チップ内蔵/周辺機器等のタイマー制御可能
  11. 電源:AC100V 50/60Hz
  12. 寸法・重量:キーボード部 幅390×奥行198×高さ38mm。重さ約1.6kg/本体部 幅390×奥行350×高さ80mm。重さ約4.8kg
  13. 付属品:ユーザーズマニュアル,ベーシックマニュアル,ニューメディアケーブル,キーボードケーブル,録音ケーブル,デモンストレーションプログラムテープ
  14. パーソナルコンピュータJR-300本体価格:159,000円

シャープのX1を意識したような内容で、JR300モードではテレビ画面とのスーパーインポーズができるようになっています。勿論これは専用ディスプレイテレビTH15-M300を接続した場合です。ハードスペックを見ると当時の8ビット機の標準的な仕様を備えていることが分かります。デザインはシルバーと青、本体とキーボードが分離されたセパレート型で、その後ナショナルブランドで発売される豪華デザインのMSXマシンの原型ともいえました。

JR200/JR300用純正周辺機器です。

  1. JH-600:音声認識装置"パナボイス" 135,000円
  2. JR-F01:5inch FDD ユニット(2D) 129,800円
  3. JR-F02:5inch 増設用 FDD ユニット(2D) 119,800円
  4. JR-F03:3.5inch(?)FDD ユニット(2DD) (未発売)
  5. JR-F04:3.5inch(?)増設用 FDD ユニット(2DD) (未発売)
  6. JR-F11:フロッピーディスクアダプタ(JR-F01用) 19,800円
  7. JR-DA01:システムディスク(JR-BASIC 5.3) 9,800円
  8. JR-DA11:空ディスク10枚(2D) 26,000円
  9. JR-U07:ジョイスティック(ATARI準拠) 4,980円
  10. JR-C02:プリンタケーブル 4,950円
  11. JR-C04:コンポジットケーブル 500円
  12. JR-C05:RGBケーブル 1,900円
  13. JR-C09:FDDケーブル 3,500円
  14. JR-P01:グラフィックプリンタ(GP-80M相当) 74,800円
  15. TX-12T1:12型CRTディスプレイ(ディジタル8色) 64,800円
  16. TH14-NM2G:14型CRTディスプレイ(ディジタル8色) 69,800円
  17. TH15-M300:15型CRTディスプレイ&テレビ 139,000円
  18. RQ-8300:カセットレコーダ(2400baud) 18,000円
  19. RQ-8200:カセットレコーダ(600baud) 15,800円

JR300は1984年のビジネスショーで展示されたものの、ごく限られた数量しか販売されなかった「幻」の機種といっても言い過ぎではないといえます。

JR300はそういうわけで、専用のソフトは出回らなかったはずで、個人でこのマシンを買った人ははたしていたのか不明ですが、JR200モードで使用すれば劣化した「消しゴムキーボード」の代替品にはなったと思います。もっとも、JR200のソフトはナショナルからゲームを中心にカセットで数本出た程度でした。この後ナショナルは独自規格のパソコンはやめ、1983年に発表されたMSXマシンに移行しています。

JR200が事実上終了した1984年に筆者の出身高校がJR200のシステム10台(本体、カセット、カラーディスプレイ、FDD、プリンタ)を購入していますが、保守部品の保有期間は生産終了後7年なので単純に考えれば1991年までは使えたことになりますが、その後どうなったのか、関係ないこととはいえ気になります。

あとがき
JR300はごく少数しか販売されず、幻のマシン、に終わった感が強く、JRシリーズは実質JR200で終わったと見ていい。ソフトはナショナルからゲームがテープで数本出た程度で、短命なシリーズだった。以降MSX規格に移行したが、MSX2/MSX2+/MSXturboRとかなり遅くまでMSX規格のマシンを製造販売していた唯一のメーカーである。
関連記事