JR800 高価なポケットコンピュータ

ナショナルのパソコンJRシリーズは、ハンドヘルド型と呼ばれる携帯型も出していました。

JR800がそれですが、外見はほとんどポケットコンピュータ、ポケコンと同じもので、B5版サイズ、やはり消しゴムキーボードが使われています。

JR800スペック

  1. CPU:63A01V 4MHz (CMOS 6801 拡張命令セット)
  2. ROM:CMOS 20KB (32KB まで増設可)
  3. メインRAM:CMOS 16KB (32KBまで増設可)
  4. 表示用RAM:1552B
  5. 表示素子:LCD
  6. テキスト表示:32×8
  7. グラフィック表示:192×64
  8. キーボード:JIS 準拠配列 79キー,テンキー付。PFキー 10キー
  9. ミュージック機能:5オクターブ単音
  10. カセットインターフェイス:1200/2400Hz FSK方式。平均1800ボー
  11. シリアルインターフェイス:専用3 芯ケーブル使用。300~76800 ボー/専用グラフィックプリンタ接続可(JR-P20)
  12. システムバスインターフェイス:40ピンコネクタ/専用 I/O ユニット接続可(JR-U20)
  13. メモリパックインターフェイス:28ピンコネクタ
  14. 時計機能:バッテリーバックアップ付時計チップ内蔵
  1. 電源:DC6V max 0.4W (単3乾電池×4)/AC100V 50/60Hz
  2. 寸法・重量:幅260×奥行143×高さ34mm/重さ約710g
  3. 付属品:BASICマニュアル,シリアルインタフェースケーブル,収納ケース,PFキーカード,録音ケーブル,デモンストレーションプログラムテープ
  4. ハンドヘルドコンピュータJR800本体価格:128,000円

外見上はシャープのポケットコンピュータと近くなっていますが、I/Fとしては、カセット、プリンタ(JR-P02接続可)、I/Oユニットコネクタなどが用意されていました。以下、ナショナル純正の周辺機器一覧です。

  1. JH-600 音声認識装置"パナボイス":135,000円
  2. JR-U20 I/O ユニット:価格不明
  3. JR-M01 RAMパック(CMOS 8KB):価格不明
  4. JR-M03 RAM/ROMパック(CMOS 8KB/12KB):価格不明
  5. JR-P20 グラフィックプリンタ(熱転写):34,800円
  6. JR-K10 熱転写用紙:1,500円
  7. RQ-8300 カセットレコーダ(2400baud):18,000円
  8. RQ-8200 カセットレコーダ(600baud):15,800円

パナボイスは、BASICの命令語を肉声で入力できるようにした装置で、JR800と同じ大きさのもので、ヘッドフォン/マイクまでが装備されていました。現在の音声認識装置のはしり、というところでしょうか。

このような高価なパソコン(実際はポケコン)をどれだけの人が購入していたのかは分かりません。この機種と併せて、発売がアナウンスされていたJR200用のFDD、プリンタ、ジョイスティックが発売されています。

あとがき
ビジネスにも使える、とカタログや広告には謳われたが、使われている写真を見る限りは、やはり個人が対象のように思われた。とはいえやはり高価である。
関連記事