PC-6001MKIISR 中途半端なベースパソコン

PC-6000シリーズは初心者向けの入門機という位置づけで、それ以上の役割は与えられていなかった。そこでAV機能を強化して新しいイメージを作ろうとしたのがこのPC-6001MKIISRだ。

上位のPC-6601SRと比較すると、ディスク装置とテレビコントロール機能がない分、こちらの方が安くなっている。

もっとも、こちらは一体型、PC-6601SRはセパレート型という外見上の違いもある。

もう一つのキャッチコピーは、「1クラス上の実力で、パワフルに登場。」CMキャラには引き続き武田鉄矢を起用。

PC-6001MKIISRスペック

  1. メインCPU:μPD780C-1,Z80Aコンパティブル.クロック3.58MHz
  2. サブCPU:μPD8049 カセット、RS-232C,入出力,キーボードスキャン
  3. ROM:N66SR-BASICインタプリタROM 32KB,N66-BASICインタプリタROM 32KB.
    漢字ROM(教育用漢字を含む1024文字)32KB,キャラクタジェネレータROM 16KB,音声合成、その他ROM 32KB
  4. RAM:メイン、V-RAM 64KB
  5. キーボード:JIS標準配列準拠。コントロール、特殊キー、カーソルキー、5ファンクションキー
  6. 表示能力(画面構成) 文字モード 40文字×20行、40文字×25行、80文字×20行、80文字×25行、各15色
  7. 15色グラフィックモード 320×200ドット、15色
  8. 4色グラフィックモード 640×200ドット、15色中任意4色
  9. キャラクタジェネレータ:N60-BASIC、N60-拡張BASICモード各256種類。N66-BASIC、N66SR-BASICモード時456種類
  10. CRT出力:デジタルRGB出力(PC-TV151推奨)、家庭用テレビへの接続は別途RFコンバータが必要
  11. パラレル I/F:セントロニクス社仕様準拠
  12. カセットI/F:FSK方式(600、1200ボー)
  13. FDD I/F:内蔵
  14. スーパーインポーズI/F:内蔵(PC-TV151用)
  15. カートリッジスロット:あり
  16. ジョイスティック:アタリ規格のジョイスティック2個接続可
  17. サウンド機能:FM音源3音SSG音源3和音計6重和音8オクターブ、スピーカ内蔵
  18. 音声合成機能:任意語合成出力(音階機能付)2声
  19. 外寸:W368×D285×H87(㎜)
  20. 重量:3.6kg
  21. 発売年 1984/11
  22. 本体標準価格:89,800円

添付ソフトウェア

  1. 日本語ワードプロセッサ
  2. ゲーム「ミッド・ナイト・マジック」 (DAVID'S MIDNIGHT MAGIC※)
  3. ミュージックシステムソフト「MUSIWRITER (ミュージライタ)」
  4. ビデオテロッパ作成ソフト

※DAVID'S MIDNIGHT MAGICは米BRODER BUND社の登録商標です。

いずれもカセットテープ供給。

BASICモード

  1. N66SR-BASIC
  2. N66-BASIC(RAM64KB)
  3. N60-BASIC(RAM 16KB/32KB)
  4. N60-拡張BASIC(RAM 16KB/32KB)

※起動時のモード選択メニューは、N66SR-BASICとビデオテロッパの追加により7項目の入力が必要となっている。

ページ切り替えもあるが、グラフィックモード時にVRAMとして消費する容量が32キロバイトに増えたため、2画面(うち1画面はテキスト専用)となった。

スーパーインポーズはMr.PC用のディスプレイテレビ専用となり、PC-60m54は使用不可となった。

デザインは丸みを帯びてブラックメタリックに変わったこと位で、旧製品とほとんど同じである。漢字ROMは1024文字なので、ちょっと変わった地名になると変換がひらがなに変わってしまう。ワープロとしても使えるとは思わない方がよいだろう。オプションでJIS第一水準漢字ROMが搭載可能(カートリッジスロット)だが、この場合は本体ROMと置き換える形になる。

一言で言えば、上位のMr.PCからテレビコントロール機能を取り除いただけで、それより上でも下でもないということになる。

このパソコンにはBASICモードが6個もある。前機種を買った人がこのパソコンを買うだろうか。もっと上位のパソコンを指向するのが普通だからだ。そういう意味でもこのBASICモード6個というのには疑問が残る。

店頭での展示も上位のMr.PCを注力した展示が行われていて、本機はその引き立て役という側面が強かった。但し、本体価格はこちらの方が安いので、購入者は多かったというショップも中にはあったそうだ。

4つのSRと呼ばれた8ビット機のラインナップは、上位のPC-8801MKIISRに主力が移り、本機をもってPC-6000シリーズの開発は終了した。

寸評:MSXにも負けるマイナーマシン

スポンサーリンク

あとがき
本機からはコンポジットビデオ出力とRFモジュールがオプションとなり、家庭用テレビに接続するにはオプションを買い足す必要があった。この頃に登場したMSX2規格のパソコンは家庭用テレビ接続が前提だったから、競争する面で不利になったことはいうまでもない。
コメント
関連記事

コメントする