MSX2規格

MSX2とはMSX規格の一つで、1985年に発表され、MSX1規格と比べてグラフィック機能が大幅に強化されました。

次世代規格のMSX2+は小改造にとどまり、また後年に低価格路線を推し進めたことでユーザー数が大幅に増加したため、一連のMSX規格のうち事実上の標準みなされることが多いです。

MSX2規格主な仕様

  1. CPU:MSX1準拠(Z80A相当品)
  2. メインメモリー:64KB~
  3. VRAM:64KBまたは128KB
  4. サウンド:MSX1準拠のゼネラル・インスツルメンツ社 PSG(AY-3-8910) ※PSGはジョイスティック端子の汎用I/O機能、PPIは1ビットサウンドポートの役割を兼ねる。
  5. PPI:MSX1準拠の8255相当品
  6. VDP:ヤマハV9938

画面モード ※〔〕内はVRAM64KBの機種の場合

  1. SCREEN0:テキスト40×24または80×26文字(1文字6×8ピクセル) 文字・背景とも(512色中)16色パレット中1色 スプライト使用不可
  2. SCREEN1~3:MSX1準拠に加え、固定16色ではなく512色中16色を選択可能
  3. SCREEN4:グラフィック256×192ピクセル 512色中16色(横8ドット内2色まで) ライン単位色指定のスプライト使用可能(以下の画面モードも同じ)スプライト機能以外はSCREEN2と同一。
  4. SCREEN5:グラフィック256×212ピクセル×4画面〔2画面〕 512色中16色
  5. SCREEN6:グラフィック512×212ピクセル×4画面〔2画面〕 512色中4色
  6. SCREEN7:グラフィック512×212ピクセル×2画面〔使用不可〕 512色中16色
  7. SCREEN8:グラフィック256×212ピクセル×2画面〔使用不可〕 固定256色
  8. SCREEN9:韓国版MSX2にのみ搭載(ハングル表示用のモードで、日本国内版を含め他国版には搭載されていない)

主な仕様を見ると、当時の8ビット機とあまり変わらないところまで機能がアップしており、グラフィックスではスプライト機能が搭載されるなど、ゲーム機としての性格が強く出ていますが、個人ユーザーの立場から見ると、8ビット機全体の低価格化やファミコンの魅力的なゲーム機能にはかないませんでした。とはいえ、MSX規格に準拠した業務用(店頭端末用・工場などでの制御用・キャプテンシステム・ビデオタイトラー)の特殊な製品も発売されていました。

MSX1、MSX2規格機は、世界的には400万台出荷されたと公表されています。

1986年に入ると、8ビット機全体が次第に目に見えて低価格化していくなど、8ビット機自体の終焉の近いことを感じる人も多かったと思います。代わって16ビット機が急速にシェアを伸ばし始めます。8ビット機全体が低価格化していくことでPC-8801シリーズ等も低価格にFDD込みで買えるようになり、低価格が売りのMSX機のアドバンテージは次第に薄れていくこととなりました。そんな中でも、MSX2機はAV機能を全面的に打ち出すなど、生き残りをかけていましたが、1987年には松下とSONYがMSX2機の低価格機を出すなど、潰し合いに近い状況になっています。

参入したメーカーと発売した主な機種(wikipediaより)

※富士通は早々にFM-Xの生産はやめ、MSXから撤退しています。

太字はVRAM64KB、斜体は本体・キーボード分離型のセパレートタイプ)

キヤノン

V-25,V-30F

三洋電機

WAVY25F,WAVY25FD,WAVY25FK,WAVY25FS,WAVY23,WAVY-77:WAVY-77はMSX-JE(MSX-Write)内蔵・プリンター搭載のワープロ型機種。

ソニー

HB-F5,HB-F500,HB-F700,HB-F900,HB-T7,HB-T600,HB-F1,HB-F1mk2,HB-F1XD,HB-F1XDmk2:HB-F1シリーズは漢字ROM非搭載、スピコン(CPU速度を遅くする機能)・連射ターボ(スペースキーを連射化する機能)・ポーズキー(CPU動作を停止)付き。
HB-F900はRAM256KB、FDDが2基で本体色は白と黒、別売の専用デジタイザ(HBI-F900、色は黒のみ)を接続可能。
HB-T7とHB-T600は通信モデムと漢字ROMを搭載。HB-T600はFDD1基とRAM128KBも搭載、株式ターミナルと銘打って株式パッドと専用の株式管理ソフトが同梱された。標準キーボードはオプションで、HB-F900等と同一のものを使用。

東芝

HX-23、HX-23F、HX-33、HX-34:RGBコネクタは独自仕様。いずれも漢字ROM搭載。HX-33やHX-34にはオプションでRS-232C搭載可能、HX-23Fは標準搭載。

日本ビクター

HC-80,HC-90,HC-95:HC-90,HC-95(HC-90のFDD2基版)は3.58MHzのZ80Aの他に、日立のZ80上位CPUHD64180を搭載し、6.144MHzの高速動作にする「ターボモード」が存在する。PSGの音程はそのままだが、ほとんどのゲームソフトはスプライトがちらついたり画面が崩れたりと正常に動作しない。スーパーインボーズ機 能と、VHDカードなどが挿せる独自のJVCスロットを外部に2基、独自の内部拡張スロットを4基備える。標準仕様のスロットは1基。MSX2+登場以降 も業務用途に販売が続けられ、時期により前面パネルやキーボードコネクタ、標準搭載するメインRAM容量が異なり、前期は64KB、後期は256KBであ る。RGBコネクタは独自仕様のD-Sub25pin。

日立製作所

MB-H3,MB-H70:MB-H3は改造でVRAM128KBに増設できる。タブレット部分はセパレート可能。
MB-H70は三菱ML-G30とキーボードが同一で、それ以外の箇所も酷似しておりOEMの可能性がある。漢字ROMとRAM128KB搭載。

三菱電機

メルブレイン ML-G10,ML-G30,ML-TS2,ML-TS2H:ML-G30はセパレート機で漢字ROMとFDDとメインRAM128KB搭載。FDD搭載数とRS-232Cの有無で2モデル存在する。標準スロット1基のほか内部スロット3基搭載。
ML-TSシリーズは松下電器産業A1・ソニーF1等と同期販売のモデム内蔵機で第2水準漢字ROMも搭載されている。ML-TS2Hは電話器が付属。

松下電器産業(現パナソニック)

ナショナルブランド

FS-4500,FS-4600F,FS-4700,FS-5000F2,FS-5500F1/F2:FS-4500,4600F,4700はワードプロセッサー内蔵モデルで感熱式プリンターが内蔵されている。4600FはMSX-JE内蔵でメインRAM128KB搭載。5000F2はメインRAM128KB搭載、ワープロソフト付属。

パナソニックブランド

FS-A1,FS-A1mk2,FS-A1F,FS-A1FM:A1/A1mk2は漢字ROM非搭載。A1FMにはFDD1基とモデムが搭載されており価格が比較的高かった。この時点では、A1シリーズにワードプロセッサー内蔵モデルはなかった。
なお、FS-A1は松下が「パナソニック」ブランドを国内向けに使用した最初の製品である。

日本楽器(現ヤマハ)

YIS604/128,YIS805/256,CX-7/128,CX-7M/128:全機種RAM128KB以上搭載、いずれもヤマハ独自のFM音源を搭載可能。YIS805/256はRS-232C搭載。CX-7M/128は、SFG-05 FM音源/MIDIユニット搭載。

大山工業(ダイセン)

MX30A,MX30B:業務用途向けで機器組み込みを前提とした機体。メインRAM128KB搭載。FDDは2DD/2HD両用。なお、2HDはMSX規格外である。

NTT

Captain Multi Station:キャプテンシステムの端末。

大宇電子(韓国、日本国内での発売は無し)

CPC-300、CPC-400、CPC-400S:スーパーインポーズ、デジタイザーなどの映像編集機能搭載

テレマティカ(アルゼンチン、日本国内での発売は無し)

タレント TPC-310

※新日本電気/日本電気ホームエレクトロニクス(現日本電気、NECグループ各社)が1986年にNECでMSXとPC-6001の互換機が計画していた事が後日NECの開発者へのインタビューアスキー書籍編集部編『みんながコレで燃えた!NEC8ビットパソコン PC-8001・PC-6001 永久保存版』(2005年、アスキー)にて明かされた。

MSX規格自体はまだ続いていましたが、1987年には松下とSONYを除くメーカー各社はMSX市場から撤退して事実上なくなっています。MSXから撤退したメーカーは、AX規格機に走った例も多くありますが、逆にパソコン自体から撤退した例もあります。1987年はまもなく8ビット機全体が終焉を迎え、16ビット機へと移行する時期だったのです。

MSX1でもそうですが、MSX2においても、各社毎にワープロなど、独自仕様をつけていたことが分かるでしょう。このことも、こちらのMSX、あちらのMSXという互換性のない状況を作り、結果的に失敗する一因となったとみる向きがあります(例:よいパソコン悪いパソコンの著者/大庭俊介)。

あとがき
MSX2規格では、グラフィックスの機能が独自規格の8ビット機とほぼ同等になったこともありマルチメディア指向のマシンが随分たくさん登場している。但し、8ビット機全体が衰退傾向になりつつあったこともありMSX規格は事実上これが最後となった。
関連記事