MULTI8 メーカーも見捨てたマシンといわれたことが...

MULTI8(まるちえいと)は、1983年から三菱電機が製造、販売していたパーソナルコンピュータで、型番名はMP-8081。キーボードと本体が一体化したデザインとなっています。

スペックは表示機能においてはNEC製PC-8800シリーズと同等。音声出力はPSG3重和音機能を保有。上位機種として、MULTI 16シリーズがラインされていたものの、互換性はありません。

MULTI8スペック

  1. CPUZ80-A互換(4MHz)
  2. ROMM-BASIC:32KB
  3. キャラクタジェネレータ:2KB
  4. メインRAM:64KB
  5. ビデオRAM:48KB
  6. テキストRAM:4KB(アトリビュート:2KB)
  7. テキスト画面:36/40/72/80桁×20行/25行
  8. グラフィック画面:640*200ドット1画面/8色表示/640×200モノクロ3画面/カラーパレット機能
  9. 漢字表示:JIS第一水準漢字ROMがオプションで用意されている。
  10. サウンド:PSG音源3重和音(オーディオ出力あり)
  11. 拡張スロット:2スロット
  12. CMT(600ボー/1200ボー)
  13. プリンター(セントロニクス社準拠)
  14. シリアルインタフェース(RS-232C準拠を内蔵)
  15. ミニフロッピーディスク(5.25インチFDD)I/F内臓
  16. 周辺機器(例):ROBOTY(ステレオ)/MOVE MASTER(ロボットアーム)

MULTI8本体価格:123,000円

1983年9月に発売。当時、将棋の女流棋士であった林葉直子がCMキャラクター。

M-BASIC80を採用しており、100%の互換ではないが、データレコーダで記録したPC-8001のN-BASICプログラムデータを読み込むことが可能で、N-BASICからの移植性に配慮した設計となっている。

同時期に発売されていたNECのPC-8001mkIIと価格層としては同じでありながら、その機能は上位機のPC-8801とほぼ同スペック。

※wikipediaより

PC-8001で作ったBASICプログラムが読み込める、といっても実行できるわけではないので、ソフトが充実している、とはいえなかったこと、またこれといって特徴がありませんでした。MULTI 8用の市販ソフトもほとんどなく、メーカーの熱意が全く見られませんでした。

1985年にはまずどこのショップでも売っていなかったので、MULTI 8を見たい買いたいと思ってもお目にかかれることはなかったようです。結局三菱もMSX2規格のマシンに移行していきました。三菱のMSX2機は一時期松下電器とトップを争うマシンと評価されたこともありますが、MSX2末期は激安路線で潰し合いといわれたこともありました。MSX2規格自体も1987年までにほとんどのメーカーは撤退してなくなったわけですが...。

スポンサーリンク

あとがき
MULTI 8用のソフト/ハードはサードパーティの製品がほとんどなく、三菱の熱意というものが全く見られなかった。三菱のMULTIシリーズは結局熱意の低さもあり、個人向けは結局MSX2機へと移行していった。メーカーも見捨てたマシンとよいパソコン悪いパソコン(大庭俊介)では酷評されている。
関連記事