MZ80B シャープの一体型8ビット機

シャープのパソコンはパソコンテレビ「X1」が有名ですが、それとは別に、「MZ」シリーズがありました。MZの方は情報システム部、X1の方はテレビ事業部と、担当部署が異なり覇権争いといわれたことがあります。

1981年に発売されたMZ80Bは、1978年発売のMZ-80が半完成のキットだったのに対し、こちらは完成品で、前機種よりもコンパクト化されています。なお、MZ80Bまでは部品事業部の製品であり、MZ1200Aから情報システム部が担当しています。以下、wikipediaよりまとめました。

部品事業部によるMZ

MZ-80K:MZ-40Kを祖とするマイコンキットから派生したグループで、MZシリーズの中では低価格普及機である(低価格とはいえ、MZ-80K/CにI /Oボックス、プリンター、FDD、PCGなどを揃えると100万円を越えた)。データレコーダは 1200bps。 データはPWMで同じ内容を2回記録する(1回目の読み込み時にエラーを検知すると2回目の読み込みを行う)。

  1. MZ-80K系列:シリーズローエンドを担い、後にMZ-1200,700に繋がるシリーズ。 (CPUはZ-80(LH0080) 2MHz)
  2. MZ-80K - 1978年発売。20KB RAM搭載。オールインワン筐体・キーボード未組立のセミキット。標準価格198,000円。
  3. MZ-80C - 1979年発売。48KB RAM搭載・フルキーボード。モニターのグリーン化。部品も80Kに比べて高価なものがつけられていた。標準価格268,000円。
  4. MZ-80K2 - 1980年発売。80Kの完成品販売版。32KB RAM搭載。標準価格198,000円。
  5. MZ-80K2E - 1981年発売。32KB RAM搭載。80K2の廉価版。CPUにICソケットを使用せず、直接基板に半田付けされているなど、コストダウンが随所に見られる。標準価格148,000円。

MZ-80B系列:シリーズローエンドを担い、後にMZ-1200,700に繋がるシリーズ。 (CPUはZ-80(LH0080)2MHz

  1. MZ-80B - 1981年発売。64KBオールRAM構成。 Bはビジネスの意味と言われているが、開発者達は BIGのBとして開発に打ち込んだ究極のMZであった。標準価格278,000円。

※開発言語(BASIC/PASCAL)

  1. BASIC SP-5001:MZ-80K 初代のBASIC
  2. BASIC SP-5002
  3. BASIC SP-5010:SP-500x 系の処理速度を高速化した初代のBASIC
  4. BASIC SP-5020
  5. BASIC SP-5030:MZ-80K/K2/C/K2E 系での最終版BASIC
  6. DISK BASIC SP-6010:ディスク版BASICで倍精度演算を搭載していた
  7. インタプリタ Pascal SP-4010:コンパイラを通さないインクリメントコンパイルにより即時記述・即時実行が可能だった。

MZシリーズの概要

MZシリーズの始まりは、1978年5月に発売されたマイコン博士MZ-40Kという4ビットマイコンのトレーニングキットである。MZ-40Kの名前の由来はたまたま風呂ブザー用に用意してあった登録コードを流用したものであった 。MZの由来は通常信じられているMicrocomputer Z80の頭文字を取ったというものではないが、すべての8ビット機のCPUにはZ80シリーズが使用されている。マイコン博士MZ-40Kの 購入者は愛用者ハガキを返送すると「シャープマイコン博士MZ-40Kマイコン情報」と書かれた小冊子が送られてきた。最後のページに新製品紹介コーナー (近日発売)があり「Z-80CPU使用。BASIC言語の本格的ホビーコンピュータ (おなじみの角が丸いロゴ)Z80(型名MZ-80K)、製品概要本機Z80(ジー・エイティー)は12K、BASIC言語を使用する本格的なコンピュータです」 読み方まで書かれていた。

製品を発案した事業部は部品を販売する部署であり、計算機などを扱う部署との摩擦を防ぐ意味合いもあって、MZ-40Kに続いて技術者用のトレーニングキットという名目でMZ-80Kを半完成キットの形で発売した。80K/K2/K2Eのキーボードは角型のスイッチを碁盤の目状に配列したものであったが、MZ-80C(完成品として発売)は通常のキーボードとなった。MZ-80Tというワンボードトレーニングマイコンも用意されていた。

シリーズのシンボルマークとして勇気、未来、探求、憧れの象徴として、ギリシャ神話の物語から、アルゴ号を モチーフに作られたデザインが描かれている。その意匠デザインの由来については、「MZ-80 SERIES BASIC解説」の冒頭に言及があり、Oh!MZ誌上でも、その一節は取り上げられた。このロゴマークは、当時家電メーカーとしてのイメージが強かった シャープでは社名のみではインパクトが弱く、多くの売れ筋製品の名前などの要素や、対象になるユーザーの嗜好などを考慮し、新しいベンチャーとしてのイ メージを託す形で新設された。

最初の機種から、MZ-700、MZ-2200より前までは、本体・ディスプレイ・キーボード・データレコーダーを一体としたオールインワンの筐体を採用していた。また、それに加え、1980年代頃から主流となったPC/AT等のPCと同様に、BIOS以外の、BASICなどの言語や、OSをROMとして持たせない設計(クリーンコンピュータ)に特徴があった。そのため、ハドソンソフトやキャリーラボをはじめとしてシャープ以外のさまざまなソフトハウスから言語、オペレーティングシステム等が発売された。

内蔵デバイスであるデータレコーダの 信頼性は高いものであった上に他社より高速であったので、それだけでもそれなりに有用だったが、そのためか、逆に他社の競合製品に比較し、標準価格の設定 が高価であったこともあり、フロッピーディスクの標準搭載への対応が遅かった。また、初期の回路設計において、負論理のバッファを通すところを直結してい るためか、ディスクサイドの指定や、実記録されるデータが、標準的なディスクに対し反転しているという特徴がある。また、初期の1Sドライブが片面35ト ラックであったため、互換性を維持するため、mz-80BFではヘッドにストッパーが装着され、公式なトラック数は、35トラックとなっている。ただし、 コントローラや、ドライブ自体はそれ以降のトラックも取り扱えるため、本来のドライブ側の仕様である80トラックを利用できる様にする改造や、仕様外のそ れ以降を利用するソフトウェアも個人、雑誌レベルでは存在している。ただし、オーバートラック自体は、2Dのフロッピーとしての規格外であるため、サード パーティーの互換品等ではヘッドが外周に引っかかってしまうなどの問題を発生させる可能性がある。Hu-BASICでは、ソフトウェア的に反転させること により、ファイルレベルでのX1との互換性が実現されている。

特にMZ-80B系ではデータレコーダの性能が非常によかった(電磁制御、2000ボー)ことが特徴として挙げられるが、ピンチローラーの材質のため、年月の経過によってテープ送りのピンチローラーが溶けて、カセットテープからのデータの読み込みができなくなる現象がある。

附属マニュアルには、関西弁を話すキャラクタが使われ、個性的な解説がなされている。

製品系列

系列としてはMZ-80K系(40×25文字のテキスト画面を持つ。グラフィックキャラクタを使用した80×50ドットのセミグラフィックが可 能)、MZ-80B系(320×200のモノクログラフィックを最大2画面分、テキストと別プレーンで持つ)、MZ-2000系(640×200の解像度 に加えカラー表示対応)、PC-3100系、MZ-5500系(MZ-3500系を16bit化)などがある。

また、1982年からは、シャープテレビ事業部から、まったく別系統の製品として、型番がCZの新シリーズが通称「パソコンテレビX1」としてリリースされた。テレビ画面とのスーパーインポーズ機能が特徴的なこの系列は好評で、MZシリーズからも対抗するようにグラフィックやサウンド機能を強化したMZ-1500/2500を発売したものの、こちらは成功したとはいえなかった。このXシリーズは後に1986年に発表されたX68000シリーズに引き継がれた。

なお、MZの名称は同社のMebiusとZaurusの頭文字に、分割して引き継がれていると宮永好道がコラムで語っている。

※wikipediaより

MZ80K(198,000円)までは、自分で組み立てる必要があり、一般の人に敷居が低いとは言い難く、まだマニア向けでしたが、MZ80Bではカセットデッキ/グリーンモニタ一体型の完成品だったので、買ってきてすぐ使えましたが、278,000円と高く、まだマニア向けという印象です。デザインはMZ80Kより良くなったといえます。

パソコン御三家(NEC、富士通、シャープ)といわれたメーカーは何れもトレーニングキット(ワンボードマイコン)から始まっていることがよく分かりますが、シャープの場合、最初からBASICをROMで持たない「クリーンコンピュータ」思想でした。但し、FDDシステムならともかく、カセットデッキは読み書きに時間がかかるし、すぐ壊れるので、実用性では難があったのではないかと思います。

なお、冒頭で書いたように、MZ80までが部品事業部、以降は情報システム部の担当になりました。

スポンサーリンク

あとがき
シャープのMZシリーズは、情報システム部が開発している。後に発売されるXシリーズは、テレビ事業部が開発しており、同じシャープでも異なる事業部が開発していたのである。共通している設計コンセプトは、BASICをROMで持たないクリーンコンピュータ設計。
関連記事
次のページ:MZ1200/MZ2000系 ≫