Oh!PC連載の人気企画「スーパーシステム88(SS88)シリーズ」

NECのPC-8801シリーズが全盛期だった頃、ソフトバンクから発行されていた人気企画にスーパーシステム88シリーズ、いわいるSS88という連載記事があった。スーパー88シリーズと呼ばれることも多かった。これは、2回にわたりDisk-Oh!PCに収録されて発売されたので、覚えている方も多いだろう。

NECからは純正のディスクBASICが発売されていたが、これを上回るものを作る、という内容だった。1984年5月から連載が始まり、1986年5月で終了した。著者は小林篤氏で、PC-8801MKII機能拡張シリーズの小林秀一氏とは別人。

スポンサーリンク

スーパー88シリーズはV1モード専用

PC-8801にはマシン語モニタが標準で使えたが、Z80をCPUとして搭載していたのに何故かニーモニックはインテル仕様という不思議な構造になっていた。SS88ではZ80本来の表記であるザイログ仕様で記述できることから大好評を博した。

日本語BASICのプログラム

1985年には日本語で表記できる日本語BASICのシステムが発表されたが、その間1ヶ月休載となった。相当プログラム開発では泥沼にはまった(難航を極めた)ためと最終回で結んでいた。本格的な日本語辞書、というのは企画倒れに終わったが、ごく簡単な日本語辞書機能は搭載された。

PC-8801MK2SR登場後は意味がなくなりつつあった企画

PC-8801/PC-8801MKⅡのV1モードで動かすDISK-BASICとして開発されたこのSS88は、PC-8801MKⅡSR登場後はV1モードは過去のソフト資産を生かすために残っていたわけで、以降はCGやFM音源を生かせるV2モードに主力が移った。このため、PC-8801MKIISR以降の機種を購入したユーザーには意味はない企画だった。

それでも、買い換えないユーザーからはV1モードを見捨てないでやってくれていると評価されていた。

バグの多さが目立ったSS88

SS88は、バグが多かったことで有名となり、読者から苦情が毎回のように来ていたし、時には訂正を訂正するという有様だった。これについて、作者は毎月の連載となると日程的に1週間で48KBプログラムを書かねばならなかったこと、連載が続くにつれシステムが複雑になり作者でも不明なバグに出くわすことも度々で、日本語BASICになると1ヶ月間泥沼にはまるという状況だった、と最終回で書いていた。発想から構想、構想からプログラム、そして原稿書きをたった一人でやるのはかなり過酷な作業であることを理解していただければうれしいのですが…と最終回で結んでいたのが印象に残っている。相当の苦労があったことを伺わせる。

PC-8801のオリジナルOSを作る企画は、その後、IDOS88へと引き継がれている。

SS88、PC-8001MKII機能拡張、PC工作入門という連載企画は、いずれも大学生の書いた記事である。プログラムを作ってソフトハウスに売る、という商売の延長にあった。NECのパソコンを徹底的に使いこなしてやろうというユーザーも少なくなかったことの証明といえる。ハードもソフトも自分で作るという人はFMシリーズ(富士通)、ハードもソフトも市販のものを使いたいという人はPC(NEC)という分類(「よいパソコン悪いパソコン」大庭俊介)というのは必ずしも的を得ていないことが分かる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました