PC-286B ラップトップより大きめのブックPC

「これが、ブックの本モノ。 ブックサイズで初めて待望の2FDD内蔵マシン登場!」

PC-286Bはモノクロ液晶搭載機です。本家NECでは、286ラップトップはすでにPC-9801LXを最後に発売していませんでしたが、互換機メーカーエプソンではまだ新製品を発売していました。ラップトップよりは大きめのブック形と呼ばれているものです。

EPSON PC-286Bスペック

  1. CPU:80386 12MHzノーウエイト ※6MHz切り替え可
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:640KB。8.6MBまで増設可(専用スロットに増設)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面 / 640×200ドット4画面表示。8階調表示(4階調切り替え可)。
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. サウンド:BEEP音
  13. 拡張スロット:モデムスロット、RAMボードスロット内蔵
  14. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD兼用FDD内蔵。STDモデルは2台、HD20モデルは1台。
  15. HDD:HD20モデルのみ20MB HDD内蔵
  16. 寸法:315W) x 298D) x 63(H) ㎜
  17. 重量:4.3kg
  18. 液晶:FTN型モノクロ液晶搭載
  19. 電源:ACアダプタ

ラインナップ:1990/6発売

  1. PC-286B-STD:258,000円 ※FDD2台内蔵
  2. PC-286B-H20:378,000円 ※FDD1台 / HDD1台内蔵(SASI)

H20モデルはFDD1台のスペースに20MBHDDを内蔵。

本家NECでは、ラップトップモデルはすでにラインナップから消滅していました。その代わりに企業向けのイメージでトランスポータブル機(PC-9801T型番機)を出していましたが、価格を考えれば、こんな高価なマシンを買うより、デスクトップ機にCRTを接続した方が安くすむので、こちらも絶滅危惧種といっていい状況でした。

そういう状況でしたが、NECの製品開発もすでに改良するところがなくなっており、EPSONのラインナップもそれを反映している状況であるといっても良い状況でした。

スポンサーリンク

あとがき
ビジネス用途でもカラー表示を前提としているものが当たり前なので、こういったモノクロ液晶機がどの程度売れていたのかは疑問がある。やはり、286デスクトップ機にCRTを接続して使う方が現実的といえる。
コメント
関連記事

コメントする