PC-286US ※1988/12発売~名実伴った80286マシン

「コンパクトボディで高速・大容量化に対応。 3.5インチFDDを標準装備した、マイクロトレンドマシン完成。」

EPSONが発売したPC-9801互換機には3.5インチFDD内蔵モデルがあり、型番がPC-286なのにV30というマシンでした。

今回のモデルチェンジではこの矛盾が解消され、名実伴った80286マシンとなりました。

スポンサーリンク

EPSON PC-286USスペック

  1. CPU:i80286 12MHz(ノーウエイト)。6/10MHz切り替え可。
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:640KB。6.6MBまで増設可 ※内部拡張スロット(4MB)及び外部拡張スロット(4MB)に増設
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用(8色表示)。
  7. アナログRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット2画面4096色中16色表示/640×200ドット4画面4096色中16色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  8. デジタルRGBディスプレイ接続時グラフィックス表示:640×400ドット4画面8色表示/640×200ドット8画面8色表示 ※モノクロ時画面数はこの倍
  9. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  10. FDD:3.5インチ2HD/2DD2台内蔵(増設I/F内蔵)
  11. HDD:20MBまたは40MB内蔵可(SASI) ※H20はSASI HDD20MBを内蔵済み
  12. シリアルI/F:RS232C
  13. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  14. 外付けFDD用I/F(2HD)
  15. マウスI/F
  16. CRT接続アナログRGB、デジタルRGB、モノクロディスプレイ(ライトペン接続可)
  17. サウンド:FM音源3重和音/SSG音源3重和音計6重和音8オクターブ、BEEP音
  18. 拡張スロット:外部拡張スロット16ビットのCバス2個。内部拡張スロット2個
  19. キーロック:キーボードとリセットボタンをロック可。
  20. 寸法:390(W)×356(D)×88(H)㎜/キーボードは435(W)×180(D)×36(H)㎜
  21. 重量:STDは7.8kg/H20は9.1kg/H40は9.4kg。キーボードは1.4kg

ラインナップ:1988/12発表

  1. PC-286US STD:268,000円
  2. PC-286US H20:393,000円

HDD標準内蔵モデルは「H」、HDDは内蔵可能モデルは「STD」の型番がついており、FM音源が標準装備されていることから、個人を対象にしていることも分かります。この大きさでHDDを内蔵可能としたのは当時としては感心ものです。

HDD内蔵可能モデルは旧型機と比べ、2万円上がっていますが、内蔵済みモデルは据え置きとなっており、HDDの価格が年々下がっていることも分かります。

旧型機はV30搭載機であり、型番がPC-286なのにおかしいのではないか、と見る人も少なくなかったが、これでこの矛盾も改称されたことになる。デザインは旧型機と同じである。当時発売されていたPC-9801UXよりも価格が安く、お買い得感がある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました