PC-386BOOK L ※1991/2発売

「Lスロット2スロット搭載、ハードディスクパック内蔵可能。 仕事がひろがる32ビットブックパソコン。」

型番はPC-386BL、モノクロ液晶搭載のブック型PC。

スポンサーリンク

EPSON PC-386BLスペック

  1. CPU:80386 16MHzノーウエイト ※10 / 6MHz切り替え可
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:640KB。8.6MBまで増設可(専用スロットに増設)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面 / 640×200ドット4画面表示。8階調表示(4階調切り替え可)。
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. サウンド:BEEP音
  13. 拡張スロット:Lスロット、RAMボードスロット内蔵
  14. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD兼用FDD内蔵。
  15. HDD:内蔵可能
  16. 寸法:324W) x 317D) x 62(H) ㎜
  17. 重量:4.2kg
  18. 液晶:FTN型モノクロ液晶搭載
  19. 電源:ACアダプタ
  20. MS-DOS 2.11標準添付

ラインナップ:1991/2発売

  1. PC-286BL-STD:378,000円 ※FDD2台内蔵

本家NECでは、トランスポータブル機(PC-9801T型番機)を出していたが、価格を考えれば、こんな高価なマシンを買うより、デスクトップ機にCRTを接続した方が安くすむので、売れていたのか疑問がある。

そういったことも反映し、ブック型PCも発売ベースが落ちつつあった時期だ。

EPSON互換機もNECの製品開発に反映しているのか、次第にノート型の方に主力が移りつつある時期。モノクロ液晶でこれだけのお金を出すならデスクトップ機にCRTを接続して使いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました