PC-386BOOK LC ※1991/11発売

「美しい魔力を秘めてエプソンPC386BOOK LC新登場。」

型番はPC-386BLCのカラー液晶搭載ブック型PC。1991年11月発売。

スポンサーリンク

EPSON PC-386BLCスペック

  1. CPU:80386 16MHzノーウエイト ※6 / 10MHz切り替え可
  2. ROM:BIOS-ROM/BASIC-ROM:96KB
  3. メインRAM:2.6MB。8.6MBまで増設可(内部拡張スロットに増設)
  4. ビデオRAM:256KB。
  5. テキストRAM:12KB。
  6. テキスト表示:80×25行/80×20行/40×25行/40×20行。切り換えて使用。
  7. グラフィックス表示:640×400ドット2画面 / 640×200ドット4画面表示。4096色中16色表示可。
  8. 漢字表示:JIS第1水準漢字ROM/JIS第2水準漢字ROM、拡張漢字ROM標準搭載
  9. シリアルI/F:RS232C
  10. プリンタI/F:セントロニクス社仕様
  11. マウスI/F
  12. サウンド:BEEP音
  13. 拡張スロット:RAMスロット1個、Lスロット1個
  14. 内蔵FDD:3.5インチ2HD/2DD自動切り替えFDD内蔵。
  15. HDD:オプション
  16. 寸法:324(W) x 317(D) x 62(H) ㎜
  17. 重量:4.3kg
  18. 液晶:サーチライト付きMIM型カラー液晶搭載
  19. 電源:ACアダプタ

ラインナップ:1991/11発売

  1. PC-386BLC:658,000円

当時のカラー液晶の能力からすれば、色認識のためのビジネス用途である。この価格では個人はもとより、企業でさえも二の足を踏むだろう。1990年発売のブックPCよりも小型化されてきており、次第にノートPCへと移行が進んでいった。

ブック型PCは使った後すぐ片付けられるのが便利ではあるが、小型軽量化はどんどん進歩しており、急速にノート型へと置き換わっている。本家NECはすでにラップトップはやめており、これはEPSON互換機にも反映しているようだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました